アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
とあるゲヱムの写真記録
ブログ紹介
ドラクエ10は面白いね!
でも画像保存が100件は少ないので、外部に保存することにしました。
zoom RSS

せんせいおしえて!

2018/12/10 20:16
さて、メインでVer4.4ストーリーとサブクエストをクリアしました。途中のサブクエスト報酬でイカす顔アクセを頂いたので、サポ要員として酒場に登録する時にはそれを付けた状態にしようかな?と思ったら、マイコーデの顔アクセって後から追加変更できないんですね(当然)!

タンスやら屋根裏やらドールをひっくり返して過去のマイコーデ用衣装を探しましたが、いくつか捨ててしまったものがあったので全面変更はできませんでした。細かいところではプディン耳の色も変えてみたままだったり、別のドレアに使いまわして色を変えているものもあったりと、出来た分に関してもまぁ無駄に時間がかかりましたよwww

メインのアオイとくるみはそんな感じで酒場登録することにしてみました。なので顔にバーコードついてるよ!

ちなみにくるみのストーリーはそのサブクエ完了時点で停止中。実に不純www



はてさて。


んーとですね、「バトルトリニティ」やってみたんです。結論から言うとあれはパッケージを変えただけのコロシアムである、という理解に辿り着いたので、たぶんもうやりません。


萎えポイントその1
【チュートリアルが教えてくれない】

まずはへんな爺竜がうだうだ何かたわごとを吐くのに付き合い、そして実際にお試しでプレイして教えよう的な流れになります。防衛の戦士、攻撃の武闘家と魔法使い、そしてスピードの盗賊という説明だったのでなら盗賊だなと。他人を攻撃するのがどうにも嫌なので武と魔は選択に入らないし、チュートリアルで防衛してもアレだなと思ったのです。

まずは陣地を占領しろというので、大きなクリスタルの範囲内っぽい場所に移動。するとゲージがピロピロと伸びて占領するわけです。おーなるほどこうなるのねといったところで爺竜が「次はジュエルをゲットするのじゃ」的なことを言います。ふむふむ、とクリスタルの範囲内から出ますが宝石っぽいものはどこにも見えず、向こうの岩陰に大きなクリスタルが見えました。

あっちにあるんかな?と移動してみたものの、そのクリスタルは範囲内に入っても占領することができません。おやどうも違うらしい。その先にもクリスタルが見えるけれどあっちにあるのかな?と移動してみたけれどジュエルとやらは見つからない。そもそもどんな色形なのかすら教えてもらってないので、何をゲットすればいいのかな?と思っていたら爺竜が「ゲットしたら納品じゃ」みたいなことを言う。いやいやゲットできてませんがな!

納品したいからまずジュエルをゲットせねば、とマップ北端まで行くもののジュエルとやらは見当たらず。そういえば昔ジュエルリングとかいう指輪型のキャンディがあったなと余計なことを考えながらマップ北西に向かうも何もない。爺竜が「ゴーレムのお助けが云々」などと言うけれど、ジュエルすら見つかっていないので全く見る余裕がない。とりあえず来た道を戻っている途中で「40ポイントでどうのこうの」と爺竜が言ったあたりで遥か遠くに何か縦長の物体が光って消えるのを目撃。ははぁあれがジュエルなのかなと、もうちょっと進んだあたりでいくつか拾ってみると残り時間が赤くなっている。ヤバい!なんか元のクリスタルのとこでなんかするんだっけか!?と適当にボタンを押したらなにやら数字がピロピロ増えて、チュートリアル終了!!えっもう終わり?


あのねーこんなのチュートリアルじゃないっすよ。アイテム出るとこまで誘導するとか目の前にわざわざ出すとか色々方法はあるでしょうがwwwそもそも「ジュエル」がどんな見た目でどんな種類があってどんな効果があるってくらい、後からでも爺竜が教えなさいよ。

そりゃ作ってる側は全部承知の上だからいいでしょう。でもこっちは全然知らんのだから、キッチリ説明するのが当たり前なんじゃないの?説明セリフだって時間で流してるだけだから、操作や進行状況と全く違うことを言われても、こっちは混乱して焦るだけで全然頭に入ってこないっちゅうの。結局ゴーレム玉って何?どこで使うの?効果は?



駅にいるスラベスから行く変な初心者講習会みたいなのも、全然役に立たないですよね。変な内輪ネタみたいなクイズで、ある程度知ってれば「この選択肢はないだろwww」みたいな中から正解を選べって言われても【初心者はそのネタ選択肢が何なのかすら知らない】んだっつーの。「バザーは便利だよ」って知識だけじゃなくて、「この看板の場所がバザーだよ」っていう情報が初心者には必要なんだってことすら理解できていないから、見た目だけ繕ってクイズシステムを流用したあんな存在意義のよくわからないゴミみたいなコンテンツが出来上がる。
初心者が欲しいのは「実践した体験に基づく理解」であって、へんてこな四択クイズによる知識だけ与えてそれで良しというのは、それはスウィート・ウォーターを建造しただけで満足する地球連邦政府のようなものです。

ここの開発はそういう自己満足みたいな、勝手に知識の前提条件をこしらえた上で話すことが多すぎて、本当に無能揃いだなと思います。例えば学園の回復アイテム、「無印<コーヒー<いちご」の理由は何?具体的な理由もなければ連想できる意味もないわけで、そんなのどうやって理解しろっていうんだ的な事柄が多すぎる。「S<M<L」とかだったらまだ判る。いちご牛乳とコーヒー牛乳とか、価値観としては本来並列に存在しているモノに無理矢理勝手な序列を付けて押しつける、こういう素人のRPGツクール臭い作り方が本当に甘くて実にお汁粉頭。


閑話休題。


で、まぁそんな感じでチュートリアルと言う名の一方的な情報の垂れ流しを受け止め損なってかなりイラッとしたところで練習試合。



萎えポイントその2
【盗賊の足が速くない】

てっきり盗賊はドルボード並みのスピードで移動できるもんだとばかり思っていて、チュートリアルの時点での速度で「あれ?遅い?」という感じでした。なので他はもっと遅いのかと思ったら全然そんなことはなくて、攻撃がしょぼい分走って逃げられると思ってたらガンガン追いかけてきて広い範囲攻撃で死ぬ。マホステみたいなスキルがあるので使ってみようと思ったら……

1.事前に使っておくパターン
→敵に会った時点でもう効果が切れている→死

2.出会ったら使うパターンA
→使うのが遅くてやられる→死

3.出会ったら使うパターンB
→一度目は無効にできても二度目が来る→死

なんだこれ。
せめて一定時間無敵とかにしてくれよ!姿を消すのも時間が短くて全然意味ないし、一度攻撃受けたら姿が見えちゃうので全然逃走できない。武闘家も多段攻撃と範囲を連続でやってきてさらにもう一回攻撃してくる時もあるからもうお手上げ。しかも死体の状態で見てたら、武闘家は減ったHPをめいそうで回復できるというほぼ無敵仕様じゃん!なら盗賊なんて常時リホイミくらいしてくれてもいいじゃん!

チュートリアルで教えてくれなかったので、ばくだんいわの玉を取ったけれど使い方が皆目判らぬ。ボタン色々押しても発動しないし、そのうちぴこぴこ点滅し出して最終的には消滅。
せめて一矢報いようと攻撃しても全然相手のHP削れないし、ならばもう一撃!→ブブッと非情な効果音が響くのみ→反撃で死。
色々取ってきたので納品しようとボタンを押したら、長押し判定されてカメラが起動→ウワォ解除しなきゃとモタクサしてたら背後から攻撃を受けて死亡、ジュエル強奪される。



【結論】
陣取りアイテム集めのミニゲームだと思っていたら、タイトルに「バトル」とあるようにこれは単なる「コロシアムの新マップ」でしかなかった。

非常にアレなんですが、「魔界があって魔王が攻めてくる世界観」でどうして人同士が武器で殴り魔法で争い、殺し合う必要があるのかが全く理解できません。そりゃまあ形式的・便宜的な「死」でしかないのは判りますよ。でも、【そういう表現を何ら躊躇することなく使ってくるコンテンツ】は嫌いです。好きじゃない程度ではなく、嫌いなんですよ。だからコロシアムもやらないんです。人間同士で殺し合ってイエーイってやってるくらいなら魔王倒しに行けよ!平和な世界ならいざ知らず、Ver1なら冥王、Ver2ならマデっさん、Ver3なら邪悪なる意志、そしてVer4ならマユマユ(誰?)の脅威が襲ってきてるじゃないですか。

メタ的に言うならば、PvP要素はMMOに必要なものなのかも知れません。別にあったっていいんですよそういうのも。でもこれドラクエ10なんです。半端な同期しか取れないモタモタゲームにこれ以上アクション要素を放り込むのはやめて欲しいんですよ。せめて2台のPCで同時に動かした時の差が判らなくなるくらいにまで即応できるようなシステムでなければ、本来のドラクエに含まれていなかったアクション要素なんて不必要です。

昔やってたMMOでは支配地域の取り合い(税金がゲットできてウハウハ)としてギルド同士の戦争が隔週で行われていて、私も何度か友好ギルドからの援軍として戦いに駆り出されたことがあります。その世界観に合ってさえいれば、理由さえしっかりしていればゲーム内での戦争行為も問題ないのです。でもバトルトリニティは戦争ですか?チームごとのスポーツみたいなものと言いつつ殺し合うのは矛盾しませんか?そのあたりの設定とかお話とか全然見えてこないんですが、ちゃんと説明できますか?

本来なら人をぶん殴るという行為にはものすごい精神力が必要です。だからボクシングの試合は観ても、誰もがボクサーになろうとはしないんです。なのにどうして通常のバトルで出て来る職業や特技や呪文で人間同士が殺し合うんですか?確たる理由もなしに試合の名目だけで他人を傷つけ傷つけられる、そんなに私の神経は太くないです。ぴこぴこハンマーで三回叩かれたら一時退場、じゃダメなんですか?攻撃方法はあるけれど、無暗に攻撃して相手を殺したら減点とするってルールにはできないんですか?全然さわやかじゃないしスポーツじゃないし、時間制限のある殺し合いが終わったらにこやかに握手!とか絶対に無理。憎んでもいない相手に武器を向けるとか、命の危機でもないのに殺し合うとか本当に勘弁。


そもそも勝つとか勝たないとか以前に、ゲームとしてキッチリ成立できないレベルの反応速度しか持たないシステムでアクションゲームをやらされるこの不快感がすごい。固定がボイチャがという前に、「変なラグを想定した上で範囲攻撃をするorよける」必要がある時点でクソゲーです。移動干渉だってモンスターは無理矢理抜けたりしますよね?システム側がこう決めたらこうなるんですご理解ください、みたいに変にユーザー側が配慮しなきゃ成立しないような、そんな不完全なシステムを大前提に開発を重ねるのはやめて頂きたい。

そういう不誠実さ、説明する努力すら放棄したような不徹底さは、「ドラゴンクエスト」というブランドに甘えきった堕落としか見ることが出来ません。今回、一連のバトルトリニティ関連(公式のマンガ含む)のコンテンツからは、RPGツクールで作った内輪ネタ満載の小品という印象しか受けません。お金を取るならもっとちゃんとしてくれよ!w学生の同人サークルじゃないんだからさ……

そしてまぁ、まるで新コンテンツのように宣伝するのは詐欺でしかないので、これはもう【コロシアムの発展拡張版】として世に出すべきでした。そしたら私は最初からやらなかったです。



学園とか緩和とかトラブル対応なんかで私内での対りっきー評価はガタ落ちしたんだけれども、なんか色々見ていると製作スタッフの間に蔓延する驕りと言うかいい加減さというか、そういったマイナス方向の力がりっきー以上に見えてきてイヤーンな感じ。
確かにりっきーから安西先生に変わって、色々と手が入り改善されたこともあるけれど、ぶっちゃけ「ドラクエブランド」というものに対する無神経さとかサービス業としての本質に対して目を背けるようなコンテンツ周りの実装とか、そういった部分での進歩とか成長って全く見られない、むしろひどくなっている気がするのです。

ドルボレースの時も、説明マンガが全然説明になってなかったよね。今回のトリニティ四コマも【四コマまんがに仕上げた】という所で満足しちゃって仲間内だけで喜んでいる感じ。全部ゲーム内で説明すべきことなんじゃないの?店頭で商品に対して問い合わせたお客様に「それはweb上のPDFで解説済みですが、事前に確認はされましたか?」とか言っちゃうの?「ジュエルの種類はたくさんあるぞっ!どんなものがあるのかは、ゲームをプレイして実際にキミの目で確かめてくれっ!」ってVジャンプの攻略記事じゃあるまいし。




長々と書きましたが、「まぁこんな風に考える偏屈もいる」程度に考えてもらって全然かまわないです。理由のない対人戦が嫌いなのは私個人の資質でしかないですし、半端な解説では余計に混乱する程度の低いプレイヤーと見られても別にかまいません。

でもこれは明らかにコロシアムの延長線上にしかあり得ないコンテンツですし、ならばちゃんとそう事前に周知して欲しかった。アイテム拾いも陣地取りもそんなに重要なポイントではなくて、対人戦の添え物でしかないと。通念上の「ドラクエ」とはあまり関係がないアクションゲームであると、野良で行っても固定には太刀打ちできようはずもないものであると、そう最初から宣言してくれたなら端から触りになんぞ行かなかったですよ。変形コロシアムの新ルールと銘打ってくれていればそれで良かったのですよ。コロシアムの関連商品だからこそ、武器や魔法で対戦相手を死に至らしめ血に塗れた手で勝利をもぎ取る必要があるんですよね?ぴこハンやバナナトラップ程度じゃ満足できない、そこにいる人を倒す感覚が重要なゲームなんですよね?だったら最初から近寄らなかったです。


まぁ私もズボラでいい加減な人間なので、そういうダメダメなDQ10スタッフにはある意味親近感を覚えることもあるのですが、ビジネスとするのならばもっと真剣にやって欲しい。何度も引き合いに出していますが、ディズニーの「オレたちゃこれで食ってるんだ」的なガチさを少しは学んで欲しいものです。エンターテイメントで食っていくぜという覚悟から来るあの世界観への過度にも思える保護っぷりは、さすがプロだなと思わせるものがあります。



メインストーリーは面白いんだけどなぁ。ただこれも、次で全部風呂敷畳めるのか正直不安なとこはあります。主人公の影みたいなものの手助けは結構あちこちに及んでるので、たぶん次のお話で色々やることになるんでしょ?ジャゴヌバ関連はたぶんVer5以降なんだろうけど、そのへんの辻褄合わせだけでもかなりの量になりそうな予感。





画像
ねこかわいいよねこ!



記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


漂流者たち

2018/12/04 20:29
「ドリフターズ」が面白いのです。

と言ってもいかりや長介率いるコミックバンドではなくて、平野耕太作のまんがの方。まぁ今さら間違える人もいないでしょうが一応w

画像謎の世界を舞台にした「スーパー偉人大戦」なまんが、というのが簡単な説明なのですが、特にノブノブのキャラクター造形なんかが「ひょっとしたらこうだったのかもね」と思わせてくれて面白いです。お豊の言動に対するリアクションが読者への説明を兼ねている部分が多いので、既存の信長像プラスアルファみたいな風になってます。黒王様の正体が、有給休暇を立川で過ごしてるあの人っぽいのも気になるけれど……そもそもあの世界で人を根絶やしにすることが、こちら側(現実世界)にどう作用するのかの説明が一切ないので、今一つその本当の目的が絞れないというのも本音。というかあそこってどこなんでしょうね?遥かな過去か未来か、それとも異世界か。異世界、物語の世界と考えるのが一番簡単なんだろうけれど(エルフとかいるし)、劇中でそのあたりに一切触れていないのも何かのヒントだったりして。


11/30に最新単行本の第6巻が発売になりました。様々な人の思惑が交差する戦場、かっこいいセリフの応酬、大胆な構図と力強い筆による印象的な絵。なにもかもがかっこいい!

かっこよすぎて、ついセリフを音読したくなるんです。というかしてます。信長がラスプーチン煽るとことか超かっこいい。


個人的な第6巻の大当たりシーンは、これから命捨てがまろうとするトヨトヨとドワーフじじいたちの会話。「百代末まで童が語るど、ゆかいな村祭りなんぞできるど」「吟遊詩人がわしらの歌を格好良く作るかのう」のあたりがツボでした。これから死のうと言う場面で、それでも自分たちの死の先に開くであろう未来(トヨ曰く「ノブならなんかやる」)の光に思いを馳せて、だから力いっぱいやってやろうというこの覚悟と言うか開き直りというか、こういうのがもうゾクゾク来るのですよ。

宇宙戦艦ヤマトとか松本零士宇宙に流れる「男の美学」とほぼ同じモノだと私は思っているのだけれど、こういう自ら捨て石になろうという覚悟、決して無駄ではないのだという自負による突撃みたいなものにシビれるの。グレンラガンでもあったよね、「倒れていった者の願いと、後から続く者の希望。二つの思いを二重螺旋に織り込んで、明日へと続く道を掘る!」ってアレ。ここで終わるわけではない、その思いがいつか形となって花開くその日のための礎に!みたいな。




そんな風に生きられたらどんなにいいだろうと夢想しつつ、そんな風に生きられない私には代償行為としてのこの手のコンテンツがビッタリくるのです、というお話でした。リアルで冒険なんてしないからこそ物語の世界が必要とされるんだし、現実にスライムがいたらドラクエなんてしてる場合じゃないですよね、それただの日常だもんw




そんなわけで(どんなわけだ)、やっとこ「ビートの書」が欠片交換にやってきましたのでさっそく交換しましたよ。とりあえずはメインアカウントでまだ持ってないキャラです。

画像
ちなみにサブアカウント側でそこそこ育っている二人はビート持ちになっているので、残りはアガート・ホムラ・てつろうの三名。まぁのんびり欠片貯めたらいいんじゃない?300個だし。


画像
実は400個くらい要求されるのかなーとちょっと身構えていたのですが、予想より100少なくて嬉しいです。


画像
しかしこれは残念。シュメリアスカートのタイトスカートの下、変なスパッツみたいなの穿いてる……いや別におぱんつだったら良いというわけではないのですが、こういうのってアリ?服装として破綻しているものを実装してくるというのがどうにも納得いかないというか、だったらこういう服がそもそもダメなんじゃないの?「抗議が来るとうるせーから隠しとこ」程度なら最初からいらんのですよ。その抗議が果たして正当なものなのかどうなのかまで吟味もせずに最初から可能性をつぶして逃げるというのは、これは大人としてどうなんだろうと思っちゃうんだよね。煽情的な服装も入れたい、でも抗議に立ち向かうコストは割きたくない。思い入れとか芸術とかそういう観点からでなく、単なる商売と割り切ってるのが実はその手の抗議を蔓延させるだけの悪手でしかないと思うんだけどね、まぁ単なるサラリーマンが作ってるのならそうなっちゃうのかな。ちょっとさみしいですねそういうの。





もう明日がアプデですな。とりあえず108解放が第一優先w




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夢の名残と星の海

2018/11/30 23:34
では君は、叶わないなら最初から望むこともしないっていうのかい?


画像
そんなわけで(どんなわけだ)、男アオイにアラグネ4万が来たのでもすモス配布お手伝いです。こういう場合、まずメインアカウント5人に受注させてからサブアカウントの残り4人に何かてきとうな討伐を見繕ってからのお手伝いというパターンになるので、素早い行動がお手伝い時間を長く取るコツになります。

各アカウントにそれぞれいい討伐が来てくれれば、相互に融通し合ってからの配布となるので楽なんですけどね、なかなかそうはうまくやらせてくれないようです。それに、2アカウント同時に配布とか絶対こんがらがって無理w
私のフレさんの中には3アカウントを同時に操作する強者もいらっしゃいます。その3アカ+私でゲルニック将軍とか撃破してるんですよwwwどう操作してるんだろう……



画像
兎にも角にも、配布できる依頼が来るのは嬉しいです。こうやって記念写真に入ることが出来るんですからね!





それでですね。



画像
男アオイが「ビーストのしぐさ」を引き当てたので、メインで没収しましたwwwなんか今日は異様に引きが良いですが、なんかこの先不幸が待ち受けていそうでちょっと怖いなーw3等もビシバシ当たったので、サブキャラの郵便受けがSPふくびき券まみれでえらいことに……猫の像がもりもり増えてるんですが、どこに置くかまだ決めてないんだよねw


今日はこんなとこで。「ドリフターズ6巻」「鉄鍋のジャン2nd4巻」「化物語3巻」買って来たので読まないといかんのですw




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


staple stable

2018/11/29 23:33
Ver4.4の情報がニコ生で大公開されました。来週にもう来てしまうというのはなかなかサプライズでしたが、まぁ遅いよりは早い方が嬉しいのは当然ですね。

私が一番いいなと思ったのは、サポート仲間のレンタル期間が最長一週間まで延長されるというところでした。なにせ今、10キャラ分のサポレンタルを二日ごとに更新していたのですよwもう面倒で面倒でwww
さらに貸出人数の増加も嬉しいです。自分で借りる分で枠がどんどん埋まってしまい、フレさんやチムメンへの貸出枠がギリギリという状況でしたので、枠が増えてくれるのは本当にうれしいです。


そんなわけで(どんなわけだ)、こよみにプスゴン4万が来たのでもすモスお手伝いです。

画像
2アカ側には3万とか3万5千の強ボス依頼が結構来ていたのですが、そのあたりの数字の依頼はほぼ誰も欲しがらないですよねw選ばれることのない選択肢はちょっと可哀想な気がするのですが……どういう意図をもって用意されているんでしょうね。まありっきーさんの考えることなんか追求しても無駄な気がするので放っておくのが一番かもねwww


画像
2アカ10キャラの討伐依頼ゲットには、やはりもすモス団の存在が非常にありがたいのでもりもり協力していく方向で考えています。少なくとも男アオイとこよみあたりには、もすモスユニフォーム的なドレアも作っておくべきなのかなーwでも最近眠くて眠くて、色々やる余裕がないのですよ……



閑話休題。


男アオイのヒエログリフがやっとこ終了です。

画像
こういう謎解きみたいなものは嫌いじゃないんですけど、思い立った時にすぐできないというのはどうかなと思うのです。地脈の流れがどうこう言って好きな日にできないというのは、ネトゲ的な時間稼ぎとしてはごく当然のギミックだと思うのですが……そういった、ネトゲとして常識的な調整というものがどうにもドラクエとは相性が良くないと思います。


画像
あとはまぁ神獣なんだからちゃんとメインストーリーでその正体を明かしておかないとダメでしょ!ってあたりですかwww人によってはVer3クリア後にヒエログリフを回収するわけで、つまりはナドラガ様征伐時にはリルチェラが神獣のような役割で出てたのを目撃しているわけです。変なところで世界が分岐してるみたいで気持ち悪いよw

まぁなんにしても今さらな話なんでしょうね。もう直せないよねそのあたりって。




画像
ダラリア遺跡の地下、研究所跡のこの広大な海と空は現実なんでしょうか?08号が時を越えて主人公を待っていてくれたこの風景こそ、科学文明の万能さを誇示し続けたドワーフたちが心のどこかに大切にしまい込んでいた自然への憧憬の具現化なのではないかなーなんて思うのです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月の雫と金の砂

2018/11/27 23:10
願えば望みは叶うって?そんなに世界は甘く出来てはいないさ!


画像
そんなわけで(どんなわけだ)、アラグネ4万を引き当てたのでもすモス配布お手伝いです。土日とかに来てくれれば朝から行けるんだけどなー、やはり願い事というのはそう簡単には叶わないようです。ビートのしぐさも全員に行き渡る前にいなくなってしまいましたし、まだかけら交換のラインナップには入って来てないし……かといってバザーでは買いたくない私です。お金がないので買えないとも言います。♪お金のある人かわいそう あれ買いたい でも買えないって思えない♪


画像
ただまぁコンスタントにいい討伐が来るようだと、そもそももすモス団の活動意義が揺らいでくるとも思うので、こんなしょっぱい確率でも仕方ないんじゃないかな。合法的に可愛いプクを撫でる機会をほぼ毎日得られると言うのは、これはやはりものすごく素敵なことだと思うのですよ(力説)。



はてさて。


画像
男アオイでVer3をクリアしました。メガルーラ石でナドラガンドにも飛びたいので、Ver4の冒頭もちょろっと進めていますがまずは積もり積もった既存クエスト・職業クエストの消化とナドラガンド領界討伐でのスキルブック確保を優先させたいと思っています。

通してやってみて、やっぱりVer3は今一つだなという感想です。制作時に余裕がなかったのか、事前に説明しておくべきことを説明せずにいきなりシナリオで紹介する乱暴さや、そのためにキャラクターの言動が一貫しない、さらに主人公を含めた状況の動き方が「シナリオありき」になりすぎて不自然極まりないという煮詰めの甘さが目立ちます。当事者意識に欠ける登場人物が深刻な顔だけして今一つなストーリーを誤魔化すべくどうでもいい小芝居と思わせぶりな言動を繰り広げるのです。


なんていうか、ドラゴンクエストというブランドに甘えてるようにしか見えないんです。


一から十までキッチリ説明せずに「察してね」程度の表現でさらりと流すのはまぁよくある演出なのですが、「作っている側がキッチリ背景を理解して」そうしているのと、「とりあえずつじつま合わせにそれっぽいこと言わせておこう」と誤魔化すのでは全然違います。


画像
結局は黒幕のはずのじじいと中ボスに成り下がったおっさんの描写が足りなさすぎるおかげで、最終的に二人が見ていた目的地が同じだったのか違うのか、利用していたのかされていたのか全て判った上で動いていたのかすら見えてこないと言うのは、これはもうストーリーとして大失敗でしかないと思うのです。

必要な描写が足りないおかげで、おかしな繋ぎ方になったものを軽く列挙してみると。

・闇の領界から突如「聖獣」という概念が発生したために今一つシャッキリしない「緑の者」と名前すらない「炎の聖鳥」。→なんとピナヘトの聖獣はサブクエストのヒエログリフをクリアしないと判明しない。ちゃんと必要な情報を事前に仕込んでおかないから後付けで誤魔化す羽目になる。

・水の領界に入った瞬間オルストフ大好きっ子からオルストフ原理主義者に突然メガ進化を遂げるトビアス。主人公に対する態度も変わって違和感バリバリ。→これも同じ。最初から「こいつフケ専か?」と思わせるくらいの描写がないと豹変したように見える。

画像
・竜族のためには異種族の犠牲(フウラちゃん)も仕方ないと言い切るエステラ。浄月の間でマイユをかばって戦ったのは何だったのか?→躊躇も逡巡も戸惑いも迷いも、全てが水の領界・解放の間でトビアスにひきずられて立ち去った時のものだけ。しかも言い切った時は鈴の支配下でもないのでイメージダウンは大きいよ。せめて再会時から様子がおかしい(ナダイアの支配下にいる)ようにしておかないと。

・非常に便利な鈴洗脳が突然使われなくなる謎→手下全部操ったらもっと楽だったんじゃないの?となるからこの手の話で洗脳とか操心の扱いには気を付けないといけないのに、安易に使ってきたのはガッカリ。ヒューザが変な短杖パワーでアン姫弱らせたのも突然すぎて何が何だか。あれは何が何にどう作用してああなっているの?説明一切ナシの便利アイテム使い捨てで場を繋ぐな。

画像
・嵐の聖塔で主人公が守護者と戦う意味も必要もゼロなのに(むしろナドラガの復活を阻止して=領界を繋がせないで、とフィナに言われてたはず)どうしてトビアスに頼まれただけで戦うのか全く意味不明。→負傷者回収して逃げるのがベストじゃないの?シナリオの展開上、解放しなきゃならないにしても繋ぎ方が雑すぎてどうにも擁護できないレベル。逃げたけど回り込まれる、回り込まれるから戦うしかない!程度の演出すら考え付かないのはボンクラですよね。

・主人公の蘇生イベントを別の部屋、地上の教会跡とかでやってたらオルストフは霊核の封印解いてナドラガ's心臓をゲットできなくね?→辻褄合わせに必死過ぎて、条件付けにかなり無理があるものをギリギリ通したつもりのひどい展開。通ってません。



オルちゃんの「ずいぶん時間がかかってしまいましたが、私はついに見極めました。6つの神の器をつなぐ存在が誰なのかを」ってセリフから類推するに、主人公が解放者となったのはオルちゃんの仕込みでもなんでもなくただの偶然。そもそも神の器との繋がりがない人が解放しちゃってたらどうするつもりだったんでしょうね?

それに、霊核の封印解いとかんと領界だけ繋いでもナドラガ様は復活できひんのとちゃいますのん?ならばまずは封印解除が第一優先のはずなのに、教団神殿の奥深くにしまいこんで手をこまねいた末に盗み出されて、領界全部繋がってから「ついに見極めました」とか何もかも遅すぎて鼻血が出るレベルです。たぶんシナリオ書いてる人があっちこっち辻褄合わせで書き直している間に物語の時系列とか流れみたいなものを見失ってしまったんでしょうな。

オルストフはナドラガの眷属にして聖獣みたいな立場なんだから、最初から全部仕込みでした、ナダイアもアンテロもあなたたちさえも全員この掌の上で思うとおりに踊ってくれましたよハッハッハくらい大げさに能力を誇示できないのかねw【最後の最後になってようやく神の器たちに種族神の力を降ろす方法を偶然見つけました】って無能アピールを全力でするとかアンタ……


画像
これなんか、「今さらお前がこのセリフをどの口で吐くんだ?」の典型例。エステラのキャラがブレブレにブレた後にこんな常識的なことを言わせるから、見ているこっちはポカーンですよ。

この、ラストに向けての風呂敷を畳むあたりの「雰囲気と勢いで突っ切るぜ!」という感じが本当に性に合わないです。ひとつふたつ偶然の要素が入ってくる分にはいいですが、結局全部偶然じゃないですかやだー!主人公の死体を霊核のそばに安置しなかったら?アンちゃんが冷静に主人公の死を受け入れたら?種族神が器の呼びかけに全く応答しなかったら?偶然の積み重ねだけでなんとかしようというこれは風桶理論よりももっとひどいです。

画像
結局、捨て駒同然のナダイア・アンテロ兄弟が一番馬鹿を見たんじゃないですかね。どこまでオルストフから知らされていたかの描写が全くないのでどうにもなりません。逆にオルストフを騙してるぜクックックッみたいなのは何回もありましたけど。「邪悪なる意志」の暗躍を「竜神の意志」は自らに都合がいいから放っておいて好きなようにさせた、みたいな感じなのかも知れませんが、だったらちゃんとそう言わせないと、ナダイアが何にしても中途半端なんですよ、悪人としても善人としても。


学園でも結局、精霊の力を再封印だけして問題の完全解決はせずに卒業だからお祝いでThe END、何もかも先送りでボンクラ学園長の「人間を信じている(キリッ)」とか無責任すぎて眩暈がするセリフで締めましたね。ここのライターは問題に立ち向かうとか責任を取るとかキッチリ解決するとかとにかく当たり前のことさえキャラクターにさせずに、中途半端なまま雰囲気だけのハッピーエンドに自己陶酔するというろくでもない性癖を抱えているみたいです。

ちゃんと骨子を整えて、出すべき情報をある程度出した上で「察してね♪」というのなら何も問題はないのです。出てきた情報に欠けや矛盾が多いのに、それを前提として「察してね♪」と言われてもそんなのできるわけないじゃんwww


アンちゃんがちょっと主人公依存しすぎだなーというのも引っかかる。Ver3のラストで「一緒に強くなろう」みたいに言われるんだけど、それがアンちゃんのVer3通して得た教訓だとしたら、彼女は何も判ってないと言わざるを得ないのね。「主人公に頼り切りにならなくてもいいように、自分は強くなるから見ていてね!」とかなんとか言わせないと内面の成長がないでしょ?絆を強調したかったのかも知れないけれど、「傷を舐め合うことは友情ではない」くらいのことはわかろうよ……こういう甘さというか臨場感のなさというか当事者意識の希薄さがVer3.X全体にまんべんなく振りかかっているように思えて、それを再確認しただけの男アオイでのストーリー消化でした。



ま、後はVer4.Xがどういう風にストーリーを締めくくるのか。Ver3.Xや学園みたいな、作り手側の余裕のなさを際立たせるようなおかしなラストだけはご勘弁ですw



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


待ちに待ってたヤットデタ

2018/11/21 23:25
画像というわけで(どんなわけだ)、ようやくピカチュウ大好きクラブのゴールド会員になることが出来ました。300匹突破ですわよ奥さん!コツコツと捕まえ続けてようやく300突破、「小さいサイズの」コラッタに限定される短パンこぞうよりも達成が遅いのは、きっとピカッチュ先生(誤植ではなく、わざとこう呼んでいます)の登場確率が低いからなんでしょう。何か登場キャンペーンでもしてない限り、完全野生の先生に遭遇なんてしたことがほぼないと思います。

先日「ピカチュウのうた」というものの存在を知ったのですが、あれはものすごいですね!聴いていて脳がとろけるというか、ピカチュウとかピカピカとかそういった言葉がゲシュタルト崩壊を起こすようなインパクトに満ち満ちていて、なんかこう逆にピカッチュ先生を貶めようとする何らかの力が存在しているのではないかという妄想に駆られてしまいます。どうせなら某し●じろうの方をなんとかしてくれんかな、あれのコンサートのおかげでソニックシティが妙に混むんだよね……





画像
そんなわけで(どんなわけだ)、便利ツールふくびきで「ビートのしぐさ書」が当たりました!今回は2アカ側の新参エル男、ホムラくんが引き当てましたがご覧のとおり……2アカ側メインの男アオイに召し上げとなりました。残念ながらこれが余の常人の常、まだレンダーシアに到達することもかなわぬサブキャラには過ぎたシロモノよ、ということですw



で。



画像
ひょんなわけで(どんなわけだ)、なななななんとたった二日後にまたホムラくんが引き当てたんですよ、ビートのしぐさ!なんてこった!そして今度はこよみに召し上げです。ああかわいそかわいそ、なんでこの世に産まれたの?となげきブタのセリフがぴったり来ちゃうシチュですねwww



画像
ちなみに同時作成サブのてつろう君は全くいいものを当ててきません。まぁ普通はこうですよね。しかし帽子の造形が気になるなぁ。ちゃんとしたあの帽子が欲しいですw

松本零士つながりでひとネタ。

来年発売になるというスパロボに、なんとハーロックとアルカディア号が出るという話です。ちなみに登場作品はTVアニメの「無限軌道SSX」ということなので、若く希望に満ちたハーロックとトチローが参戦と考えていいんでしょうか。アストナージと並んでメカを整備したり、ラーカイラムの主砲をパワーアップさせたりするトチローの姿を見てみたいものです。

これが「銀河鉄道999」を挟んで「宇宙海賊キャプテンハーロック」まで行き着くと、トチローを失い半ば虚無感に包まれながらも戦いを続ける非常にビターなハーロックになってしまうわけですが、どっちかって言うと世間一般的にはそちらのイメージの方が強い気がします。黒衣を纏い黒い怪鳥を肩に乗せた寡黙な戦士、みたいな。ミーメも言うんですよね、昔のハーロックは明るくてよく笑ったとかなんとか。孤高な戦士のイメージが強いハーロックなんですが、名言にこんなのがあるんですよ。


『男は時々何をしてもまったく駄目だというときがあるのだ。やればやるだけおかしくなるだけで、することなすこと無駄な努力……ふふ、台場、いいか、そういう時、男はな、酒でも飲んでひっくり返って寝てればいいんだ』

つまるところ「アカンと思ったらじたばたせずにとりあえず落ち着けや」ってことなんでしょうな。そのくせ、こんなことも言うんです。


『男なら、危険をかえりみず、死ぬと分かっていても行動しなければならない時がある。負けると分かっていても戦わなくてはならない時がある』


……相反してるようにも思えますが、これでいいんです(力説)!

ダメならダメと諦めて受け入れた上で、一呼吸おいて「だがしかし!」「それでも!」と自分の意志を貫くことが大切なのだとハーロックは言っているのです。酒飲んでごろ寝は第一段階、ダメな事実をそのまま受け止める部分。そして、それはそれと認めた上でまた立ち上がる!その第二段階まで含めたこれこそが松本浪漫なんじゃないかと私は思うのです。

そんなある意味矛盾に見える生き様、かっこいいなーと思いつつ真似るのはまぁ無理ですなwww酒飲んで寝っ転がるまでは行けるんだけどなーwww当たらないと判っていても無料ふくびきを引き続けるくらいならできますです、ハイ。



しかしビートのしぐさはなかなかかけら交換させてくれませんね。もう結構かけら貯まってるんだけどなーw




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


駆け抜ける嵐

2018/11/20 21:29
バトエングランプリの前半が終わりましたね。

結局、バトエングランプリはいまのところ完全ノータッチなのですが、コロシアムでのイベントにも基本不参加なので別にいいんじゃないかなとも思うわけです。景品につられて嫌々やるのもどうかと思うし、そういう意味ではあんまり欲しくない景品だったのでバッチグーです。そんなことより、Ver4.4への準備をしっかりしておくことが肝要ですね。


画像
とりあえずくるみのVer4.3が完了です。これでメインアカウントの五人は全員VerUPを待つ体勢になりました。2アカ側は、やっとこ重い腰を上げて男アオイが闇の領界に入るところ。遺跡のライオンとか青キノコとかフィルグレアとか本当にひどかったなぁと女アオイでの突破を思い出しながら、【弱い】でAペチ通過です。

Ver3.1と3.2の描写を見るに、まだプロットすら固まりきっていない状態でそれっぽくシナリオを上げざるを得なかったんだなぁという予想が立つのが悲しいです。聖鳥や緑の者あたりからは「聖獣」というキーワードが出て来ることがないですし、ヒエログリフやってないとてんとう虫が聖獣だという描写すら皆無という……闇の領界の一本道マップもそうなんですが、やはり早足で駆け抜けてしまうのが正解なのかも知れません。

どっちにしろ2アカ側アカウントでは彼が最初の踏破者になるので、ムービー全部見ないといかんのが非常にまだるっこしいです。メインと連携して、アカウント越しにでも一度見たことにできないかしらw


画像
こんな写真でもクエストは無事クリアできました。いいのかなこれ?w



最近どうにも眠さMAXで、月曜の夜から寝落ちしてしまうという有様です。いかんいかん、週末の三連休までは頑張らないとね!



画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


寝落ちパラダイス

2018/11/17 01:20
葬式鉄、という鉄ヲタのジャンルがあります。

廃止になる路線や駅、廃形式になる車両などに群がって騒ぐ連中の蔑称で、ぶっちゃけて言うと私みたいな非活動的鉄道マニアからすれば、鉄道の現場に押しかけて迷惑をかけるような連中をそもそも鉄道ヲタクとは呼んで欲しくもないのです。
でもまぁ世間一般からすると大差ない、同じモノに見えてしまうんでしょうね。

ちなみに私は適当な模型鉄&消極的な撮り鉄&出不精な乗り鉄です。既製品の鉄道模型をそこそこ興味の赴く範囲で収集・改造したり、誘われれば駅やイベントに出向いて下手な写真を撮り、移動の際にはなるたけ鉄道を使うくらいのいいかげんな鉄道ファンです。


個人的には葬式鉄と盗り鉄(備品・部品を盗んで収集or売却する連中)あたりに関しては撲滅した方がいいと思ってますし、撮り鉄(鉄道写真マニア)のごく一部にロクでもない連中がいることも苦々しく思っています。


画像
で、こないだ東京メトロ千代田線の6000系が引退したのですが、また鉄ヲタが騒動を起こしたと面白おかしく報道されちゃったのです。

なんていいますか、そもそも引退の瞬間に押しかけて騒ぐようなニワカなんざヲタと呼ぶのは烏滸がましいんですよ、あんなのただのミーハーですってば。
本当のマニアなら、編成単位での置き換えが始まったorある程度進んだ時点で、記録も記念乗車もひっそりやっておくものです。あくまで普段着の、通常業務の彼らを記録と記憶に残しておくことこそが、本当のマニアの美学ってもんじゃないですかね?

写真だってそうですよ、まぁ自分の手で撮りたいと言う欲求があるのは理解できますが、現場のルールを破ったり周囲に迷惑をかけて得たものが、誰にも胸を張り堂々と掲示できる記念になると思っているんでしょうか?変な武勇伝みたいなものとか若気の至りとか言っているようなのはただの暴徒であって、やはりそんなのはマニアでもヲタでもないんですよ。そもそもプロですらないのに変な使命感に燃えて沿線住民や鉄道そのものに迷惑をかけるなんて、本末転倒の際たるものですよね。


だいたい6000系の兄弟みたいな7000系がまだ帯の色を変えて元気に走ってるじゃないですか。さらに歳の離れた弟の8000系が半蔵門線に健在じゃないですか。

単にお祭り騒ぎに混じって日頃の憂さを晴らしたい、晴れがましいイベントのない自分のスケジュールを輝く何かで埋めたいだけであって、そんな愛のない単なる便乗行為をヲタ行動と認めてはならないと思うのです。渋谷に集まってハロウィンで騒ぐ連中と根っこの部分は同じで、祭られる対象に敬意を持つという事がない・理解がなければするつもりもないから、ただ騒いで迷惑を振りまくだけなんです。
変に暴れれば「東京メトロ6000系の引退時に騒動が起きた」という歴史が残ってしまうわけで、もしも東京メトロ6000系電車のことが本当に好きならば、そんな不名誉な歴史の発生に加担することが良いことなのかどうか、ちょっと考える頭があればすぐに判るでしょう。もう遅いですけど。


葬式鉄なんてそんなもんです。対象に思い入れがあるのではなく、その対象に思い入れがあるように見える自分に酔っているだけなんです。だから静かに黙って見送ることもできずに集まって騒いでルールも雰囲気もブチ壊すわけです。

これはどんなジャンルにも言えることだと思うのですが、【○○を好きな自分】を客観視できないようでは、それはファンでもマニアでもヲタでもなく「ブームに便乗して騒ぎたいだけの根無し草」に過ぎないのです。きちんと己を客観視できていれば、自分の行動がどういう意味を持つのかくらい理解できるはずですからね。


ちなみに私は以前通勤の迂回路として千代田線をたまに利用していましたので、あの路線独特の「頭が平べったくすり減ったレールの上をごりごりとした感触で走る6000系」を十分に堪能していますし、過去には小田急沿線にあった親類宅を訪ねる際にも千代田線を使っていましたのでわざわざ弔問に行かずとも大丈夫でした。

画像
小田急のガイコツみたいな顔をした9000系、国鉄(当時はそうだったのです)の超うるさくて暑い103系1000番台、そしてごくまれにしか会えない203系……もう手の届かないあの季節も、模型ならいつだって思い出せるんですよ!w鉄道模型はここが素晴らしいです。



画像
そんなわけで(どんなわけだ)、ホノカに続きちまりもVer4.3ストーリーをクリアしました。あとはくるみを残すだけ、Ver4.4への準備もいよいよラストという感じです。


画像
過去のウルベアマンタロウから撤去したカラータイマーをなぜ現代のウルベアマンタロウに移植しなければならないのか。移植されたカラータイマーの中にはゴーグの幼生っぽく見える何かが泳いでいましたし、やはり繭に力を吸わせるには一度ゴーグにその力を学習というか体験させるという手順が必要なように思えますね。


画像
でなければ、過去で不死の魔王から奪った力を現代においてゴーグに移植する必要がないと思うのです。ただし倒されるのは想定外で、ただゴーグがその力を把握しコピーできれば良いという感じなのかな。だから主人公の行動はパドレに対して邪魔に見える、と。何某かの力を得たゴーグがそれを使いこなして学習すれば良いわけで、だから適当に暴れさせた後に繭に吸わせようと思ったらことごとく主人公に邪魔されるという展開、な感じじゃないかと予想しています。


そんな感じで、最終決戦ではまだ使っていないナドラガの力を得たゴーグが出て来るんじゃないでしょうか。で、種族神大集合の後ナドラガ神の精神的浄化まで行ってしまって、Ver5は竜族の体を得た主人公が新たな世界に大冒険!とかだったらいいな。

ぶっちゃけ今のままだと、ナドラガ神は単に母親大好きの駄々っ子でしかなくて、しかも妹から「兄さんはなんて愚かなのかしら」とか言われちゃう可哀想な状態なんです。何とか名誉挽回を、そしてピンチに陥った5種族神を救った上に自らを一度は倒した主人公に助力をする、そんな懐が深く頼れる長兄神としての姿を見せて欲しいですね。




画像
風車スカラベ42060Pが来ましたのでもすモスお手伝い。いやー久々です。もっと頻繁に来てくれても……って前に書いたなこれはw

ここしばらくはちょっと公私共に疲れ気味で、日課の途中で寝てしまうこともしばしば。


いえごめんなさいほぼ毎日寝落ちしていますwww


画像
いくらプクリポ分を補給しても、肉体的な疲労は回復しないんだなぁw色々とやりたいことはあるんだけれど、どうにも前に進まない感じはちょっと心もくたびれます。シャキッとしないといけませんね!


まぁそんな感じです。ガンバラナクッチャ(棒)。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


心の歌を口ずさむように

2018/11/06 00:29
(BGM・銀河鉄道999次回予告)

画像
時間の流れが人を変えるのか。
遥かな刻の彼方で出会った少年はいつしか青年となり、そして自らの故郷が辿った滅びの歴史に心を痛める。懸命に生きる今この時の現実さえも仮初めとして、その全てを捧げてまで救いたい過去こそが彼にとっての現実なのか。
しかしその想いがついぞかなうことはなく、そして青年は絶望と悠久の時の中に、奸臣という汚名だけを残して消えていく。

次回の銀河鉄道999は「砂上の魔神帝国」に停まります。

(ナレーション・肝付兼太)


画像
私が銀河鉄道999を知ったのは、既に松本アニメブームが過ぎ去った頃の再放送だったと記憶しています。このTV版999はオープニングがとにかくすごくて、なにせ【登場人物が一切出てこない】【ただひたすらに宇宙を列車が走るシーンの連続】という今のアニメOPでは考えられない構成なのです。恐らくは関連グッズとしてのおもちゃを売りたいスポンサー側の意向を十分に反映した結果だとは思うのですが、既に実物を見ることができない蒸気機関車やそもそも実物なんて存在しない近未来的宇宙列車が画面内を縦横無尽に走り抜けるオープニングにとにかくシビれました。

漆黒の宇宙空間を、汽笛とドラフト音を響かせながらSL牽引の旧客が走るわけですよ?そんなのもう虜になるに決まってるじゃないですか。戦艦が宇宙を飛ぶヤマトよりもビリビリ来ちゃいましたよ本当に。


画像
まぁそんなわけで(どんなわけだ)、エレにメーテルコスを作った以上は鉄郎も作るのが当然という話になってくるわけで(ぇ)、なのでついに2アカ側も5キャラコースにしてしまったのでした。

イメージしたのはTV版の鉄郎ですが、彼がいつも羽織っている全身マントはDQ10には存在しないのでパッと見の雰囲気のみでもうOKとしました。帽子だってビミョーですよねこれwとんがり部分を削れたらいいのになーwむぎわら帽子にしたらちょっとは違うかなと思ったらそうでもない上に課金アイテムなので大却下!

劇場版のイケメン化した鉄郎だと、赤いシャツに緑のジャケットを着て下はクリームというより黄色い長ズボンというよく判らない配色です。ドワーフだとアレなので、もし作るとしたら人間時専用になるでしょうか。




とまぁそんなわけで(どんなわけだ、2回目)、ホノカのVer4.3も無事完了しました。

画像
恐らく近日中にVer4.4の情報が少しだけ出て来ると思うのですが、種族の過去編を全部やるには少々尺が足りませんね?というか種族の過去編が来そうだと言う予想そのものが間違っているかも知れないとも思うのです。

繭がどこかに登場→現代にも異変が発生→その対策のため過去に→過去で事件に遭遇→過去の事件を解決することで現代の異変の解決法が見えて→現代に戻って異変を食い止めめでたしめでたし、というのがVer4.Xで今まで繰り返してきたおおまかなストーリーの流れです。

過去のお話が種族のものであったのは【たまたま繭の出現した場所が種族のテリトリーだった】というだけであると考えれば、Ver4.4で例えばエテーネの村とかマデ島、リンジャハル遺跡あたりに繭が出現したとなれば恐らく過去の物語は人間がらみになると思うのです。

冷静に考えると、お話のネタがいままで世界のバックボーンとしてはっきりとは語られていない歴史であるから楽しく面白いだけで、実は同じ構造の話を繰り返してその実ストーリー的進展があまり見られないと言うのは、Ver3.Xの構造とほぼ同じなんです。ストーリー追加のテンポが早く、またマップもそれなりに広く興味深く、サブクエストの数も量も良いので気づきにくいのですが……やっぱりシナリオは成田チームなんだなーと苦笑せざるを得ませんねw

砂防ダムでの戦いで黒衣の剣士がはっきりとパドレであると断言され、またそれを操る存在が確定したのはVer3.Xで言うと水の領界でナドラガ教団と決別したくらいの場面であると考えれば、Ver4.4で敵の全容が見えかけてVer4.5で隠された真実と解決が待つという感じなのでしょう。


個人的な予想ですが、次はファラスと一緒にリンジャハルに飛ぶ気がしますよ。そしていよいよ繭の正体が判明すると思うのです。私としては、あれは【エテーネ王国を救うために様々な時代の強いチカラを集めて育てた最終兵器】なんじゃないかと思ってます。近い未来にグランゼドーラが滅びていてその上空に繭がある、というのは「何某かの災厄が発動してグランゼドーラが滅びた後にその何某かの力を繭が吸収した」直後の場面だったんじゃないかと。

恐らくあの繭は、戦ったり壊したりした後の、つまり「発動した後の力」でないと吸い取るというか学習できないような仕組みであって、だからパドレ側はそれなりの騒動を起こす必要があったんじゃないかと。それを説明して協力を仰ぐなんて出来ないだろうから、常に不意打ち・騙し討ちのような感じでやってきているのではないかと。戦い破れて倒れたウルベアマンタロウの力を繭に吸わせていたあたりからすると、なんかそんな気がします。


そして今までさんざん繭の邪魔をしてきた主人公一行ですがw、そのおかげでパドレ側に残された時間が少なくなり「グランゼドーラを滅ぼすほどの災厄を発動させねばなくなった」とかいう感じになるのでは?で、まぁ当然そんなことはさせないぜ!とばかりにそれ(たぶんマデ島かリンジャハルに眠る力)を叩き潰す主人公一行。


画像
キュロノスはエテーネ王宮と一体化している何かで、エテーネ王宮の人々を救いたければ王宮をどこか正常な時間帯に戻すしかない、そしてそのためには繭の力が必要だとパドレを操っているのではないでしょうかね。で、「他人の生活を犠牲にしてまで身内を救いたい?エゴだよそれは!」とかなんとか真実を知ったメレアーデに拒絶される感じかなw

最終的に繭は主人公一行に倒されるし、キュロノスもまた倒されエテーネ王宮の人々は解放されるといった感じになるのではないかなー。エテーネ王宮の人々はペガサスに導かれて1000年前のエテーネ島に村を作り、そんな中で時渡りの力を失ったパドレとマローネは時空の渦に巻き込まれた後にアバ様がまだ少女だった時代のエテーネ島に辿り着く……みたいな。


そういうオチと仮定して考えると、パドレはVer4.3でグルヤンラシュを名乗ったクオードと行動原理が似ていますね!さすが親戚だ!w




画像
しかしあれですわ。クオードが落下していくシーン……ちょっとクロノクル・アシャーの死にざまを連想しちゃったのは私だけですかね?w

【姉さん、助けてよマリア姉さん……ゴッ(エンジェルハイロゥに激突する音)、パパパパーン(アイキャッチの能天気なSE)!】

ってアレですwどちらも姉さん大好きキャラですし、落下して死亡(してないかもだけどw)とかも被る感じですな!ですなとか書かれても読んでる人は困っちゃいますかね?w



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


どこへ行くのかお疲れさんね

2018/10/24 20:08
画像
先日の【タイムボカン カラオケ博覧會】の中古価格がまた上がっているのを発見してしまい、絶妙なタイミングでのゲットであったと胸を撫で下ろしています。さすがに定価以上は払いたくないというのが正直なところで、しかしプレミアのついている現状に数多くの同好の士の影を見て少し嬉しくもなっています。最近まで新シリーズも展開はしていたらしいのですが未視聴なんです。三悪の声優さんと山本節がないと、あんまり見る気がしなくて……

【夜のヤッターマン】は見たんですよ。旧主題歌の使われ方に鳥肌が立つくらい喜びました。ただまぁなんていうか、「今のスタッフ・今の声優さん・今のミュージシャン」の手による新しいフォーマットの物語を見てみたいという希望の方が大きいんです。タイムボカンの名前を使えば初手は良いのかもしれないけれど、過去の遺産を蹴飛ばすくらいに勢いがある新規タイトルこそが、閉塞感のある現代を吹き飛ばすんじゃないかな。



画像
そんなわけで(どんなわけだ)、覚醒プスゴン40000Pが来ましたのでもちろんもすモスお手伝い、そして記念撮影です。もっと頻繁にいい依頼が来てもいいとは思うのですがどうなんでしょう。配布をメインと考えるかプク撫でをメインと考えるかでずいぶん変わってくるのですが、個人的には撫でる時間も欲しい!ので、今くらいのバランスがいいのかなと最近思い始めています。



画像
ツールふくびき無料分でようやくふたつめの「たたかいのビート」もゲットです。前回も今回もちまりで引き当てました。前回分はメインキャラに召し上げられたので、今回は当てたちまりに使いました。あんまり搾取しても可哀想ですからねwww


あとはさっさと欠片交換させてくれ〜wどうせ次は当たらないからね!




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


目指すべき場所

2018/10/22 20:30
AMDのグラフィックカード・Radeonには動画再生支援として【Fluid motion】という機能を持っているものがあります。これは秒間24 or 30コマで記録されている動画を、AMD独自の謎技術により再生時に60コマへ補完するという機能で、つまり動画が滑らか・ヌルヌルに再生されるようになるという機能です。

私のThinkPad E585はAPUがMobile Ryzen 5-2500U、統合されているGPUはRadeon Vega8ですから、Fluid motionを機能としては持っているのですがそのままでは利用できません。そこで、ネットの情報を元に「Bluesky Frame Rate Converter」をインストールして機能を有効にした上で「MPC-HC」というプレイヤーを使って動画を再生してみると……確かに動きが滑らかになったではありませんか!

画像
顕著な例で言うと、「ウルトラセブン」のOP冒頭でロゴが回転しながら現れるシーンが滑らかです。


画像
手書きアニメにも効果は抜群で、「機動戦士ガンダムZZ」後期OPでハマーン様が立つシーン、歌詞だと「星が降りしきるペントハウスで」のあたりの背景、キラキラの落下が滑らかですwあと女性キャラ大集合で右上方向にスクロールしていくシーンとかもスーっと動きます。

最近のPCは色々と面白い機能が載っていて楽しいですね!ドラクエも動くし動画もヌルヌルだし実にいい買い物であったと自画自賛しちゃうなw個人的なマイナス点は光学ドライブを積んでいないくらいだけど、実際使うかと言われたらほぼ使わんからまぁいいのかな……その分薄くて軽い(約2Kg)からね!




画像
さて、秋ドレアですが最終的にはこうなりました。結局体下は課金アイテム・丸小紋下になってしまいましたがこれは他に気に入るものがなかったという点と、過去に買ったものでフリーパス化されていましたから今回のゲットにお金がかからないという点からの抜擢です。
「秋」なんていうふんわりしたお題だとこんなものです。なかなか難しかったw



画像
日曜日のハロウィンイベントは盛況に終わりました。個人的に色々と思う所はありましたが、イベント主催の方々が楽しめていたなら成功ということで良いんじゃないでしょうか。
こうしてユーザーイベントに参加してみると、ここ最近ご無沙汰になっていますが「オガ子の日」の主催側がどれほど高度なことをサラりとこなしているか、そして集まるオガ子たちのリテラシーがどれほど高いのかをヒシヒシと実感することができました。


画像
これは私個人の思う事なのですが、一般的に集会とかイベントとかを開く際に、ある程度主義主張や要件などで参加者が絞られた方が、各個人の向きを揃えることが楽であると思います。というのも、漠然と「鉄道好きイベント」と言うよりもジャンルを絞って「鉄道模型好きイベント」とか「乗り鉄イベント」とか「DT32系イベント」なんて風にした方が、興味の方向が限られる分主催も参加者も動向が判りやすいですよね。

ちなみにDT32というのは国鉄が開発した電車用の台車形式です。主に優等車に用いられたもので、様々な派生形式がありますがどうでもいいことですね。



画像
何にしても、運営側が用意したものだけではなく、ユーザー側からも自発的・積極的に楽しもうという行動が見られるのは素晴らしいことだと思います。大多数に楽しんでもらえるイベントを企画立案するのって大変そうですよね、そのエネルギーと行動力には敬服します。




画像
アガートもようやく全職業への転職クエストを完了し、Ver2.0にも入ったことで試練の門でのレベル上げも出来るようになりました。も少ししたら美容院関連のクエストをちゃんとやってw、ズーボースタイルから別の姿になりたいと思います。

ホノカ・ちまり・くるみのVer4.3とか男アオイ・こよみのVer3.Xクリアとか、やること山積みだけどね!年末年始のお休みでやろうと考えても、絶対終わらないけどね!w



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


カラオケ博覧會

2018/10/19 23:39
画像【タイムボカン カラオケ博覧會】というCDを入手しました。これはタイムボカンシリーズ開始30周年を記念して発売されたアルバムで、新録ドラマ「絶唱カラオケマン」とそのテーマ曲+タイムボカンからイタダキマンまでの主題歌カラオケ(一部メロオケ)が収録されています。
幼少の砌に再放送されていたヤッターマンにドハマりし、そこからほぼ再放送でシリーズ作品を視聴したはずです。イッパツマンは料理天国という番組とセットの記憶があるのでたぶん本放送なのですが、イタダキマンについては視聴した記憶が全くありません。


とぼけた声と妙な節回しと愉快な語呂合わせの「山本節」にもドハマりしたので、山本正之氏のオリジナルアルバムも買い続けています。「鐘ノネ響キテ」収録の「SALABA 子供の海へ」という曲は特にお気に入りで、ラスト近くの♪小さな ベル に ひとつぶ湿らせて 空に向かって投げる♪というあたりではつい目頭が熱くなってしまうこともあるくらいです。

とにかくまぁ前述のCDを手に入れたのですが、これはちょっと前には結構なプレミア価格がついていて、さすがにCD一枚へ一万ナンボは出せぬわ!それにシリーズ各OP曲だけだがMIDI音源用のデータを持っていたので、そこそこ似ているカラオケ音源なら持ってるもん!と酸っぱいブドウ状態で眺めていたのでした。

ところがこないだ某熱帯雨林を見ていたところ、定価の2/3程の価格で中古品が出品されているではありませんか!欲しい!買った!届いた!

というわけで、愉快なギャグやその軽さに似つかわしくないSF設定などを脳裏に思い浮かべながら、BGMとして流し合わせて歌いながらドラクエの日課に勤しんでいるのです。




タイムボカンシリーズというと一つどうしても忘れられない思い出があって、あれは確か幼稚園の頃だと思うのですが……同級の鈴木さん(仮名)という女の子が、鼻筋がスッと整っている凛々しい顔立ちの美幼女(そういう表現が正しいのかはさておき)だったのです。何かのタイミングでその横顔の素敵さを再確認した私は、受けた印象を鈴木さん(仮名)に「ヤッターワンみたい」と表現して伝えてしまったのです。ヤッターワンって例の犬ロボットですから、まぁ鈴木さん(仮名)からしたら大ショックですよねw大声で泣かれて、駆け付けた先生ふたりに尋問・詰問されて、私も自業自得ではありますが大ショックでした。決して馬鹿にしたわけではなく、本気で褒めたつもりだったんですよ!

今考えると確かに褒め言葉と受け取るには難しい表現(というか無理)だなと思うのですが、その時の私の「カッコいい」に類するプラス方向のランキング上位はだいたいボカンメカか鉄道車両か飛行機で占められていた(当時はまだガンダムの存在を知りませんでした)ので、別の喩えが見つかっていたとしても結果は同じだったのかも知れませんね。幼稚園児の貧困なボキャブラリーと知識を総動員して感動を伝えたつもりだったのですが、人と人とが判り合うと言うことがどれほど困難なことかと思うたびに、このヤッターワン事件を思い出してしまうのです。


ちなみにその頃の私は、郷ひろみの顔は国鉄キハ82、西城秀樹の顔は国鉄キハ181だと認識していました。何でそうなったのかはさっぱり判りませんが、未だに両者の名前をニュース等で見かけるとキハの先頭車が脳裏に浮かびます。ヒデキはお亡くなりになるのが早すぎだったと思いますね。




とまぁそんなわけで(どんなわけだ)、21日に行われるイベントに向けてドレアを考えている毎日です。【ハロウィンもしくは秋コーデ】というお題はこれがなかなか難しくて、ハロウィンだともうレンタル衣装そのまんま的なものばかり浮かんでくるし、「秋」と考えると山口百恵とさだまさしが『秋桜』を頭の中で合唱するのです。


画像
今のところはこんな感じ。紅葉とか落ち葉とか柔らかくなった日差しなんかをイメージしているつもりなんですが、見れば見る程にイメージの貧困さを思い知らされる感じでイヤーンな感じ。


課金アイテムを新しく買いたくはないし、うーんどうしよう。ギリギリまで考えてると今度は素材集めが出来なくなるので、切りのいいところで確定しなきゃいけません。



と考えているのもまた楽しいイベントのうちってことでw





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


お久しぶりね

2018/10/15 20:08
土日を抜けたら一気に寒くなってきました。来週あたりからは出かける際に上着が必要になりそうです。でも居室のエアコンを使わなくて良くなるのは電気代的にもちょっと嬉しいかな。暖房はパソコンの排熱と布団だけというのが私流です。オイルヒーターも持っているのですが、かなり冷え込む模型部屋で遊ぶ時しか使いません。


画像
14日は日曜ということで、チムイベで邪神の宮殿に行ってきました。ぶっちゃけ時間をつぶさせるだけのコンテンツという認識をしているので(だからベルトもゴミしか出ない上に連続でやってさっさと終わらせることもできない)、あんまり食指の動かない場所です。預かりも転職も名前が判別付きづらいままだし、四番目のとこが占い師専用じゃなくなっていることにも全く気付いておりませんでしたよwww

とりあえず1と4をクリアしての記念撮影です。ゼルドラドとラズバーンのおっさんコンビ、もう余裕の撃破です。でも王家の迷宮で手に入るベルトでそこそこ満足してしまっているので、ここに通うことはたぶんないかなー。結局は8人集めないといけないというハードル、確定ベルトは半月に一度という低頻度、そしてそんなベルトを装備してどこに行くの?行かないでしょ!というプレイスタイルなどが積み重なっての現状です。仕方ないね!でも誘われれば行きますよ。コロシアムは行かないけどね!w


そして。




画像
超が付くほどの久しぶり、アラグネ40000Pが来ましたのでさっそくもすモスお手伝い&記念撮影ですよ!毎日毎日どうでもいい(失礼)討伐ばっかり手元に来るのを眺めてはため息をつき、「こっそり記念撮影に紛れ込んでもバレやしないって」という悪魔の囁きにも耳を貸さずに花壇からルーラで立ち去ると言うプラトニックさを貫き続けてようやくです。


画像
ただまぁあれなんですよ。配布側に回るとプクを撫でる時間が圧倒的に足りない。でも日頃お世話になっているので配布もしたい。このアンビバレンツな感覚、わかるかなぁ、わかんねぇだろうなぁ。♪夕焼け小焼けで日が暮れて〜……なんて古すぎるネタです松鶴家千とせ。まぁ私もまだ生まれていない遥か昔の話なんですけれども。


将来的には、サブも全員もすモスカラーのドレアを作って紛れ込みたいなんて思っていた頃もありました。でも他のキャラだと撫でる手の高さが違いすぎてアレなんですよ!同じウェディの男アオイですら腰を全く落とさずに高みから撫でるので全然あきまへん。対象をしっかり認識してアレコレしてくれることのないドラクエのしぐさに、あまり無理を言ってはいけないのですね……


次のお手伝いはいつのことになるやら。それまでは釜撫で&プク撫でで満たされるとしましょうw




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


それゆけガイコッツ

2018/10/10 20:16
荷台に小型のショベルカーを積んだトラックに、でかでかと【送迎バス】というシールが貼ってありました。ショベルカーの送迎が用途なら【送迎】はまぁ良いのですが(いいのか)、トラックはどう考えてもバスとは呼べないですよね。


さて、ドルボードGPについて。


画像
まぁいつものドラクエ調整だなぁと、もう諦めるしかないですw


1.あいのりおっことし
あいのり状態でスタートしようとすると、スタート数秒前に強制下車させられます。なぜ降ろすんでしょうか、少しでもタイムロスさせたいのかな?事前の告知マンガでは普通にあいのりをしていてそのへんの注意も見当たらないので、【あいのり禁止】というわけでも【あいのり参加がシステム上の穴】というわけでもないですよね。公式に禁止しているわけでもないのにこの調整、運営の通常運転という感じです。

2.タイムがシビアすぎ
接続環境によって差が出るのは仕方ないとして、それでも全報酬が獲得できるタイムを5:15くらいにすることは出来なかったんでしょうか。これはプリズニャンと同じく【運営側の快適なテストプレイ環境】だけでは測れないものもあるんだ、ユーザの接続環境には色々あるんだということを一切考えていない感が強くて、やはりいつもの調整という感じ。誰もが高価なゲーミングPCと高速回線でプレイしているわけじゃないです。

3.コースに減速系トラップしかない
加速床とか無敵アイテム(ハザード突っ込んでもOK)みたいな追加要素が全くないので、アイテム全部貰ったらやる必要がなくなるのはきついです。既存のシステム流用だけでレースそのものを楽しませようと言う新規の工夫がほとんど見られないので、初回にうまく走れなくて嫌な印象を持たれたらもうそこからの巻き返しが不可能というゲーム性の低さが全てです。常設するのならば、そして他にもコースを設定するのならば【上手い人はより上手く、下手な人にもそれなりに】遊ばせる工夫が必要じゃないですかね?そういう配慮とか工夫が一切ないので、これもやっぱり平常運転のDQX運営ですね。

4.紹介マンガが紹介していない
追いつけないプクが可愛いくらいしか内容がありません。ルールの説明も注意点の解説も何もかも半端で、実に内輪受けというか【中学校の文化祭】みたいな雰囲気だけのマンガです。【自分が理解していることを他人に説明すること】がどういうことなのかをもう一度噛みしめた方が良いと思いますが、まぁこのへんもごくごく通常の運営感覚ですか。プクが可愛いのはもう十分誰もが理解していることですから、既にプレイしているユーザー相手にことさら強調すべきポイントではないように思います。どうせするなら外部に向けてのアピールだと思うのですが。



画像
タイム設定もあいのりも、なんていうか「ユーザーに得をさせたくない」という意地悪さが根底に透けて見えて、こういう所が本当にもったいないです。サービス業という意識が今一つ足りないんですよね、芸術家じゃないんだからもっと考えて欲しいモノです。エントリーの待ち時間にランキングが閲覧できない不便さも最たるもので、だから「運営はエアプ」という評価まで出るのです。



画像
別に友達じゃないから変な便宜を図ってほしいわけじゃなくて、商売人とお客さんって関係なんだから変な部分でユーザーを敵視するのはやめて欲しいだけなんですよね。お客なんていいこと転がしてもっと搾り取る対象なんだから(ひどい)、もっといい気分にさせて財布の紐を緩くしろってことですよ。アイテム取ったらやめるのはゲーム性そのものに欠陥があるからであって、やめるユーザーのせいじゃないんです。過疎学園を見てもプレイヤー側が悪いと言えますか?wイベントなんだから、お祭りなんだからある程度から先は【接待する】つもりがないとお客様に失礼ですよ。って指摘を受けるのはサービス業として失格だと思います。【緩和】と【ユーザーフレンドリー】とは似て異なるものであるということです。



画像
素材はいいだけにこんなどうでもいいところで損をしているといういつものDQX調整だから、ある意味安心した部分はありますwこいつらだったらこんな水準だろうと見切るしかないのがDQX運営チームだと思うので、ある意味予想の範囲内に収まった感じです。まぁ感想はこんなとこかなwww



話はガラリと変わって。


再度周知と言うか広告というか宣伝と言うか。もすモス団さんによる日替わり討伐無料配布&釜撫でに関する情報です。

朝方は6:10くらいから7:00まで、夜は20:30くらいから21:00までと一日二回、配布会が行われています。開催されるサーバーは毎回異なり、もすモス団長のござえもん氏が他の配布者がいないことを確認して決めているそうです。→に、もすモス団ブログへのリンクを張ってありますので、そちらから当日のサーバーを確認してください。


メギストリス城下町のルーラポイント近くに案内のプクちゃんたちが踊っています。フリコメにはその日の配布内容や配布キャラさんの名前などが書かれていますので、よく読んで欲しいものを探しましょう。

酒場側にいる配布さんは基本ソロのみ、宿屋側はPT可です。列に並んで討伐を頂戴しましょう。全て無料、花壇やペット撫で等は不要ですので受けたら即抜けましょう。

花壇では釜撫で隊が踊りつつ待ち構えています。ぐったり釜の人は、そこで出せば釜撫で隊がわらわらと寄って来てあっという間に釜元気!w


いい討伐を引いたので提供したい!という人は、案内役で踊っているプクちゃんに話しかけてください。フリコメに内容を書いておくとスムーズです。複数OKかNGかで案内される配布場所が変わりますが、やることは無料配布ですから同じですね。欲しい人がわっと寄って来て列を作るので、どんどん誘えば大丈夫。

夜の配布に協力すると、21時の配布終了後にトンネル出口の階段付近で記念撮影があります。可愛いプクちゃんたちと素敵な記念写真を撮りましょう!私は最近全然いい討伐依頼が来ないので参加できていません!名声101なのにどうしてなんだッ!



画像
まぁそんな感じです。まだご存じでなかったら、一度足を運んでみてください。






さらに関係ない話なんですが。



画像
ドゥラくん。


画像
ウルタ皇女。

髪と目の色が同じですよね?


ひょっとして子孫?



だとすると……



古代ガテリアの皇子ビャン・ダオ、現ドルワームのラミザ王子、そして古代ウルベアの血を引くドゥラ院長とドワーフ関係の若者がすごいラインナップに!




偶然同じとかじゃなかったら面白いんだけど、どうなんだろねw



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


秋深し

2018/10/04 21:51
やっておいたはずの手続きが漏れていて、その通知の葉書も読んでいなくて事態が大きくなってしまっていて、そんな中に台風が来たり体調を崩したりと散々な感じでしたがなんとか全て片付いてオールグリーン。と思ったらまた連休に台風が来るという話ですね。なんかもう無理に来なくてもいいんですけどっていう感じです。沖縄近海の海水温が前回ほど高くないらしいので、そんなに猛威を振るうことはないらしいと聞きましたが本当でしょうか。こないだの24号は、近年で一番と思うくらいに風の音がすごかったです。何か飛んできて窓が割れたらどうしようなんて考えてしまい、今一つよく眠れませんでした。


色々書きたいネタはあったのですが、時間が経ってしまったので軽く触れるだけにしておきます。【ガンダムビルドダイバーズ】が完結しましたが、結局最後まで何がしたいのかよく判らないアニメな印象が拭えませんでした。あれ見てガンプラ作りたいと思う未経験者はいないでしょうし、ネトゲアニメとしても設定や事件や対応にツッコミどころが多かったように思います。やはり外伝やスピンオフではなく、本編としての魅力あるガンダムストーリーこそがキャラクター商品である「ガンプラ」の隆盛の鍵になると思いました。画面の中でカッコよく動くモビルスーツを手の中で自由に触る、これがガンプラの醍醐味ですよね。手に届かないもの、記憶の中にしか残っていないものを所有するというのは模型ならではの楽しみだと思うのですが、それはアニメプラモもスケールモデルも鉄道模型もフィギュアも全て同じではないでしょうか。



さて。



そんな最中にエレのストーリーを進めていたのですが、やはりというかここでひっかかりました。


画像
話しかけられていきなり「ぶたないで」って答える幼女っていうのはかなりキツいですね。今までどんな苦労をしてきたのかが忍ばれるセリフに思わず涙ぐんでしまいます。まだ枠が残っているので姉共々うちのコンシェルジュとして雇いたいくらいです。主な仕事は遊んで暮らすこと。でもそんな仕事があったらまず私が就職したいw

まぁこういう心に刺さるネタが散見されるのがドラクエだということですね。もうこういうのには馴れたはずなのに、心が弱っているとグサグサくるんだよなぁwww



そんなこんなで週末はドルボレース。どうかな〜面白いかな〜不安だな〜www





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明日のために

2018/09/19 22:55
Ver4.3で追加になったペンダントのクエストなんですが、あれ修理した後にだいじなものからペンダントを使うと中が覗けて、送り主とその伴侶の名前がわかります。送り主はクエスト依頼者の旦那なわけで、その旦那の生死を確かめて欲しい……そしてペンダントが見つかったという事は死んだのだということでクエストは終わるのですが。ですが!

画像
情報をくれる鬼人兵がなんとなくひっかかったのでもう一度見に行ってみると。

……


画像
ゼボットとエリーもそうでしたし花畑と施療院のドワーフカップルもそうだったんですが、こういう知ってしまったけれどもどうにもならない物語、このやるせなさがたまらんですね。セレドは真偽ひっくるめてそんな感じなんですが、無常さというか運命の残酷さというか人の想いのはかなさみたいなものを表現するクエスト、本当に好きなんですよね。

アルゴンキッズの三匹が自分の人生にとって大切なものを探していく、あの連続クエストもものすごく好きです。最終的にみんな歴史の闇の中に消えていくのだけれど、その痕跡だけは記憶として受け継がれ続けていくというさらりとした終わり方が良いですよね。




画像
そんなこととは全く関係なく、ThinkPadE585をいじって遊ぶ毎日です。

さすがに専用グラフィックを搭載しているキューブさんにはかなわないですが、それでもフルHDでドラクエが快適にプレイできる性能には大満足です。
あとはどれだけ自分色に染められるかという話になってくるのですが、壁紙の変更やユーザ画像の追加はまぁごく当たり前のカスタマイズですね。


私がこの素敵なE585をいじっていてちょっと不満なのは、電源を入れた時に出るロゴなんです。


画像
電源を入れると、BIOSがその状況を逐次テキストにて報告してくれるPOST画面を経由してOSが起動します。自作機だとだいたい生のPOST画面でつらつらとCPU情報だったり接続デバイスの情報なんかを列挙して文字が流れていき、Windowsの起動ロゴが出て……という感じなのですが、メーカーもののマッスィーンヌ(ゾフィーヌ博士風)だとそのPOST画面にグラフィック、たいていの場合はメーカーだったり機種のブランドロゴをかぶせて見えないようにしてきます。でっかくNECだとか富士通のマークだとかVAIOだとか表示されるアレです。

画像
X240ちゃんはシックなThinkPadロゴなのですが、E585はこんな風になんかでっかいLENOVOロゴが表示されるわけです。別にLENOVOが嫌ってわけじゃないんですが、黒くて地味な固まりであるところのThinkPadにこんな赤いロゴはちょっと似つかわしくないなー、せめてモノクロだったら良かったのになーという感じです。


なので変えます(ぉ)。


LENOVOは公式ツールにてBIOSのアップデート時でのロゴ差し替えをさせてくれます。しかもそれ以降のアップデート時には「起動ロゴカスタマイズしとるけどそのまま使うん?それともデフォに戻すん?」と訊いてくれるそうなのです(未確認)。なんて親切w

BIOSのアップデートツールを公式からダウンロードしてインストールすると、出来たフォルダの中にロゴに関するテキストが。開いてみると、うげっこれ英語やん!

まぁなんとかつたない英語力及びweb翻訳を駆使して解読してみると、各種画像フォーマットに対応していることとそのサイズ、ファイルの大きさや命名規則などが判明。ネットで拾ったThinkPadロゴと壁紙を加工してそれっぽい画像を作成、命名規則に従ってファイル名を変更して変更ツールの本体があるフォルダに突っ込む。

BIOS変更ツールを起動すると、やっぱり英語でなにやら言ってくる。カスタマイズロゴあるけどこれ使うんよね?という確認っぽいのでOKと先に進むと、また英語でなんとかかんとか。どうも変更するBIOSのバージョンが古いか同じだけどそれでえーのん?と訊いているっぽいのでよかですタイと先に進む。

しばらくなにやらやっていると思ったら、また英語のメッセージ。【BIOSのセキュアロールバックがONになっちょるさけ上書きできんのじゃ。やりたかったらそん機能ばOFFにしんしゃい(意訳)】とおっしゃるので、再起動してBIOS設定画面から該当項目をOFFにしてもう一度やり直すと、今度はするすると更新が進む。

また英語のメッセージが出て、これから先の更新作業は再起動してからやるので再起動しなさいと言わっしゃるので再起動。そして何やら更新が走り、普通にWindowsが立ちあがってきた。あれれ、これで終わりでいいのかな?ちょっと不安だったので10分くらいそのまま放置したけれど、特に何も動きが見えないので再起動してみると……



画像
やった!ロゴが変わった!

そんなわけで(どんなわけだ)、ThinkPadE585もいよいよウチの子という感じになってきました。動きがいいのでこよみのストーリーもVer3.0半ばまで一気に進めてしまえましたし、こんな素敵なノートPCが、後から増設した1TBHDDも含めたお値段およそろくまんえんで買えてしまって、本当に大ラッキーでした。



画像
X240ちゃんとのサイズ差はこんな感じ。3インチの差って大きいですね。





メインPCの買い替えもまだまだ候補が見つからないし、のんびりでいいかなーとか言ってたら、ずっと音沙汰がなかったキューブタイプのベアボーンキットの新型が出てやんの。キットそのものは税金入れて約4万、CPUもi7にすると約4万、ストレージと光学ドライブで約1万、メモリで約1万にGeForce1050とOSで約3万、一式でざっと13万くらいか……ここしばらく新型のキューブキットが全く出てこなかったので油断していたぜ!

ベアボーンキットというのは、パソコンの筐体とマザーボードと電源がセットになっているお得パックのことで、お好きなCPU・メモリ容量・ストレージ等・グラフィックカードをセットしてパソコンが完成する組み立てベースキットのことです。小型ケースも小型マザーボードも小型電源もそれぞれ単品で色々発売されているのですが、そこが既に相性のいいもの・ちゃんと組み合わされるもので構成されている楽ちんキットというわけです。


でも本当に久しぶりの新タイプな気がする。少なくとも第七世代CPUに対応した製品はなかったと思うんだよなー。まぁどっちにしてもまだ先の話だなーw




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ベンチマーク大会

2018/09/15 01:57
そんなわけで(どんなわけだ)、注文していたノートパソコンが無事に届いたのでした。

道具として割り切って使うのならば、メーカーもブランドもさほど重要視しない私です。なのでインテルもAMDもドンと来い!トランスメタの載ったノートさえ持ってるぞ!NECも東芝も富士通も、レノボもエイサーもCOMPAQ(古)もあるんだぞ!半分以上は過去の遺物だけどね!という感じでパソコンが増殖しているのです。

なので、ここしばらくのインテル一強時代を打破するAMDのRyzenプロセッサ登場は業界の活性化という意味では非常に嬉しいニュースでしたし、そのモバイル版CPUの高性能っぷりを耳にするたびに欲しいなー買いたいなーでも全財産は17000ゴールド……という感じでヨダレを(精神的に)垂らしていたわけです。


某5ちゃんのノートPC板を見ていて、かなりお買い得じゃないのコレ?という機体を知りました。ThinkPadE585、モバイルRyzen5-2500Uという4コア8スレッドCPUを搭載した高性能機がえっこんな値段で!?12万ちょいから7万引いたら5万ちょいじゃないですか!

個人的には、年末あたりに兄弟機であるThinkPadE580をCore i5-8250U構成あたりで買いたいかなーという漠然とした感想を持っていたのです。E580の構成オプションはE585のそれより多彩で、指紋認証やキーボードLEDバックライトなども選択できて、使いもしない機能もつい欲しくなってしまう私には非常に魅力的に思えていたのですね。

ただまぁそんな機能を外してみてもインテル構成で8万円を切ることはなく、AMD構成の激安価格には全く歯が立たない状況。うーんどうするの?指紋でログインは便利だけど本当にする?キーボードバックライトもカッコいいけれど、暗い所でタイピングする?


丸二日考えて、結局ポチったのは3日の夜。そして13日、会社から帰宅した私が我がマンションの宅配ロッカーを確認すると、そこそこ大きい割にそんなに重くないボール紙の箱が入っていたのでした。


えーと、エントリーとかエコノミーのEだと言われるThinkPad Eシリーズなんですが、まぁ確かに機種ランクとしては比較的下位というか、ガンダムで言うとGMあたりの量産機と言えばちょうどいいんでしょう。でも手に持ってみるとカッチリひんやりしていて、黒い塊という印象のThinkPadそのものといった感じで全く安っぽさはありません。事務機然とした飾り気のなさがまた琴線に触れてくるわけですよ!シンプルイズベスト!自己主張しすぎないさりげなさが大人のパソコンと言った感じでグーでございます。

電源入れる前に裏蓋を開けて、2.5インチスロットからダミーHDDを取り外して別途用意しておいた1TBのHDDを取り付け。写真を撮っていないのは、新しい機械をいじくることに夢中でそんなことを考えているヒマなどなかったからですwww


とりあえず使用感は最高です。速い!画面も広い!そして新しい(当たり前)。久しぶりのAMD機に心躍る部分もあるのですが、やはり最新世代のテクノロジーによるマシンを思う存分いじれるのは楽しいですね!



というわけでドラクエベンチの結果を色々貼りたいと思います。全てフルHD(1920×1080)標準画質での結果です。

まずは去年買ったVAIOくん。
画像
・CPU - Intel Core i3-2370Mプロセッサ(2コア4スレッド)
・グラフィック - CPU内蔵HDグラフィックス3000
・VRAM - メインメモリ8GB(4×2)より利用


溺愛中のThinkPad X240ちゃん。
画像
・CPU - Intel Core i5-4300Uプロセッサ(2コア4スレッド)
・グラフィック - CPU内蔵HDグラフィックス4400
・VRAM - メインメモリ4GBより利用


メインで使っているキューブPCさん。普段のプレイは最高品質設定です。
画像
・CPU - Intel Core i7-4770Sプロセッサ(4コア8スレッド)
・グラフィック - GeForce GTX750Ti
・VRAM - 専用2GB


そして新入りのThinkPad E585。
画像
・CPU - AMD Ryzen 5-2500Uプロセッサ(4コア8スレッド)
・グラフィック - CPU内蔵Radeon Vega 8
・VRAM - メインメモリ8GB(4×2)より利用



こうして見てみると、X240が本来の性能を発揮できていないことがよく判るスコアですねwメモリがシングルチャネルかデュアルチャネルかでCPU内蔵グラフィックの頑張りがかなり変わって、二世代も前のi3に近いスコアになっているのが悲しいです。でもこれで試練全部余裕で行けてたのです。ほぼ日課しかしないサブアカウントだったので、こんなスコアでも全然問題なかったんですよw

そして既に5年以上前のスペックではあるものの、据え置きキューブPCの強さが際立ちます。ドラクエとWEB閲覧と動画再生程度ならまだ全然ストレスがないので、過去のサイクルからするとそろそろ買い替えのはずなんですが未だバリバリ現役。力尽きる前に電源ユニットの交換とグラボのアップデートくらいはしてあげようかな?


画像
解像度にもよるのですが、画質設定を下げればドラクエ10はそれなりに動きます。フルHDでなくても良いのであれば、第四世代Core i5でなおかつシングルチャネルメモリのX240でもこれくらいのスコアは叩きだせるのです。それが快適かどうかはその人の感じ方次第だとは思いますけどねw



これは完全に個人の趣味の話ですが、できたら初代リブレットサイズ……VHSのテープサイズくらいのモバイルPCでフルHD最高画質のドラクエが60FPSでヌルヌル動くようなマッスィーンヌ(ゾフィーヌ博士風)が欲しいです。半導体の進化スピードを見れば、将来的というかあと10年20年もすれば簡単に実現されてしまうような話だとは思うのですが、それを今欲しい(ワガママ)!

同じことができるのならば、小さい方が好みなんですよね。



画像
つまりはプクリポ最高ってことで、今回は落ち。うじゃうじゃ。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ドッキンばぐばぐアニマル

2018/09/15 00:00
変なバグが発生したので緊急更新ッ!

画像
おわかりいただけただろうか。


ひかりちゃんの顔がズーボーになっている!



画像
ぷっかさんもズーボーに、そしてノアさんがイケ魚に!


なんなんですかねこれwww



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


INTERMISSION

2018/09/12 20:27
自宅の最寄り駅は他路線との接続駅になっていて、ほぼ全ての列車が停車する中継駅だ。ほぼ全てというのは、有料特急の一部は最寄り駅ではなくその先にある、幹線が分岐する駅に停車するからで、そのあたりはもう列車の性格とか運営方針によるものだと思う。

で、最寄り駅の次の駅近くには電車の車両基地があって、その関係で最寄り駅を終点とする有料特急も存在する。そこでお役御免、そのまま基地に帰って一日の仕事は終わりと言う優雅な終業に見えるわけなんだけれども、まぁ電車がそこまで考えているかなんて判りようもない話だ。



ちょっと前にそんな、我が街終着の特急に乗って帰った時のお話。

最寄り駅は国鉄型配線の中継駅というわけで、上り一番線・回送二番線、下り急行三番線に下り緩行四番線、そして支線がその先に……という感じの構成になっているのだけれど、基本的に下りの特急や急行などの優等車種、退避設定なしの各駅停車は三番線に停まる。四番線は退避線で、追い越される列車が主にそこを使うわけだけど、まぁ空いてる時もある。

で、鉄道会社の看板である観光特急電車が我が最寄り駅に停車する時は、やはりストレートな線路上にある三番線を使うわけ。四番線に各駅停車や準急や急行を退避させ、ゆるやかな速度で堂々入場する特急の車体は品格を感じさせてくれるのだけれど、もう登場からずいぶん時間も経っているのでそろそろ後継車両の登場も噂され始めている。


そんなこととは関係なく、最寄り駅でサービス終了になる電車は基本的に四番線に入る。それはまぁ営業終了時に色々と確認もあるだろうし、寝こけている乗客を起こさないといけないし、忘れ物の捜索だってあるかもしれない。

さて、電車がスピードをゆるゆると落とし始めて車掌が案内のアナウンスを始めたくらいのタイミングで私は空いていた隣の席に置いていたかばんを手に取ると、進行方向右側の窓から流れる建物の列を確認する。いつも見る景色。じゃあそろそろ降りる準備でもしましょうかねと腰を上げた瞬間に、通路を挟んで反対側の席に座っていたおっさんがこっちを見てあわてたように席を立ち、持ち手とキャスターのついたでっかいかばんを引きずって出入り口のあるデッキへとダッシュをキメた。その真後ろの席に座っていたおばさんも顔を赤くしてそれに続いた。なんだありゃ、早く降りたいのかな?まぁどうでもいいかと私も席を立ってデッキに向かう。

電車はゆるゆると駅の場内に入場していく。先に立ったおっさんは進行方向左側のドアの前に仁王立ちして、脇からの侵入など許さんぞ!とばかりに両手をドアの幅に広げて立っている。おばさんもその後ろにぴったり張りついて、私がNo2よ!とばかりに行く手をふさぐ。

でも私はこの電車が四番線に到着することを知っているので、なんか変なことしてる人がいるけど関係ないやと、誰もいない進行方向にむかって右側のドアの前に立った。直後にポイント通過の鈍い衝撃が足元から伝わってきて、鉄道好きな私はその挙動と体にかかる荷重で待避線へ進路が切り替わったことを察する。つまり予定通りに四番線に進入しているわけだ。

停車まで数十秒というところになった時点で、おっさんは異変に気付いたらしい。そりゃそうだ、自分の目の前の窓からは留置線とその先の支線ホームが見えているはずで、降りるべきプラットホームはそちら側には存在しないのだ。そして彼は声を発した。


「なんだそっちかよ、ずるいなー」


何がずるいというのか(怒)。自分で勝手にそっちに行ったくせに、何がずるいというのだ。他人より早く降りようと焦って、確認もせずに判断を誤ったのは貴様ではないか。別に私がそちらに誘導したわけでもなければ嘘を教えたわけでもなく、勝手にそっちを選んでおいてずるいとは何様のつもりだ。例え心の中でそう思ったとしても、見ず知らずの他人の背中にそんな言葉を吐き付けるこいつはいったいどんな環境でそこまで無礼に無様に無思慮に育ってきたというのだ。

彼はそれからしばらくずるいずるいと連呼していたが、別にどうでもいいし相手にする必要も意味も全くないし、電車が完全に停車してドアも開いたので悠々と下車し目の前のエスカレータに乗ってその場を立ち去った私だった。




まぁこの件に限らないのだけど、最近とにかく事前の下調べが足りないと言うか、先のことを考えていないままに行動する人が非常に多くてうんざりしている。横に何台もある自動改札の一番左から入って大きく右に抜けていく奴とか(最初から右に寄れ)、大きな荷物を引きずりながらエスカレータを登りきった先で突然立ち止まって次に行く方向を確認する奴とか(狭い踊り場をふさぐな)、自販機にお金を投入してからどのジュースを買おうかな〜と考える奴とか(決めてから金入れろ)。

でも私は自分も至らない人間だと痛感する事しきりなので、そんな場面に出くわしてもまぁ仕方ないよ人間のやることだからねと心の中で溜息をつくだけにしている。指摘したってどうせ直らないし、そもそも見ず知らずの奴の素行なんか気にしていたらきりがない。自分だってどこかで他人にそういう思いをさせているかも知れないのだから、イラッとするのもお互い様だと考えたらもうそこでそのイライラもどこかに飛んでしまう。

頭の悪い奴がいるなーと思ったとしても、でももっと頭のいい人から私を見たら同じ感想を抱くかもしれないので、まぁどうでもいいことだとその気分そのものを捨てることにしている。他人にどう思われるかでなく、自分が自分の行動とその理念に納得できればそれでいいはずなので、ずるいなおっさんが自分を顧みて恥じることがないというのならば、それはそれでもういいんじゃないかと思うのだ。知らんおっさんがどう考えようが私の生活には全く関係ないし、直接危害が及ばないのならばそれはどこまで行っても他人事の地平から離れることはない。




なのでもう最近は野球観戦もしなくなった。球場にも行かないし、テレビも見ない(そもそも視聴環境がない)。ひいきのチームが勝てば確かに嬉しいんだけれど、でも結局は他人事だし毎年繰り返される風景の一つでしかないしと一歩引いて見てしまう。それはきっと、物心ついてからずっと関東の阪神ファンとして不遇の時代……俗にいう暗黒期が続き、それをなんとか越えてようやく辿り着いた2003年の優勝で、それまで積もりに積もった餓えも乾きもすっかり癒されてしまったからじゃないかと思う。

もうあいつらはダメ虎じゃない。ダメ人間とダメ虎で励まし合ってきたけれど、もう彼らは誰の助けも借りることなく堂々と光の当たる場所で歩いていける。これからは強豪チームの一角としてペナントレースに挑むのだ、ダメ人間との傷の舐め合いなぞ不要の一言で斬って捨てるべきなのだ。

優勝の余韻から醒めた瞬間にそんな思いが頭をよぎって、だから私は消極的阪神ファンになった。虎が好きだ、タテジマが好きだ。でも街の片隅でそっとそう思っているだけでいい。私はこれまでの阪神を渾身で応援してきて、そして報われた。これからの阪神は、きっと別の誰かが渾身で応援して、そしていつか報われる時が来るんだろう。掛布が、岡田が、バースが、真弓がいて三位に甘んじた虎を初めて見て応援しようと心に決めたあの時と同じように、井川や今岡や矢野やアリアスに魅せられた誰かが応援して行くに違いない。

それでも私はダメ人間のままだから、まぁ他人のすることについては明らかに大きく間違っていない限りは基本的にそれでいいんじゃないかと許容する感じでここまで来ている。何が正しくて何が間違ってるかの最終判断はきっと世界が終わらない限り無理なんだと思うけれど、少なくとも局面局面での判断を求められたならもう諦めて判断するしかないし、自らに利害関係が発生するのなら、あくまで自分目線での正誤の判断くらいはしてもいいんじゃないだろうか。つまり今年の自然災害などの状況を鑑みた場合、予定されている消費税増税の実行などは愚の骨頂!むしろ減税5%に戻せと考えるくらいは許されてしかるべきだと思うのだけれどどうなんだろうね。





ただ一つ言わせてもらえば、やはり移動の際の荷物はコンパクトにまとめることこそが至高である!ということ。これはもう松本零士の影響で、「おかしいな、大旅行に出るってのに荷物は体につけてるものだけだ」と言う鉄郎に対して「ほんとうのプロの旅人(トラベラー)はそれでいいのよ」と返すメーテルがもうカッコ良くてカッコ良くて。きみはプロかい?と続けて問う鉄郎をそうかもね、とさらりと流すあたりもまた大人っぽくてカッコいいのですよ。旅人と書いてトラベラーですよ?もうシビレる以外にどうすりゃいいってんですかw?

だから最近はやりのでっかいカバンをガラガラ車輪の音を立てて引きずってる姿を見ると、ああこやつはプロではないなと一人ほくそ笑むのだ。そんなもん毎日持って歩いて本当に中身全部使ってるの?というあたりはちょっと興味があるんだけれど、まぁどうでもいいことですなwww



今回はドラクエとは全く関係ないお話でした。





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ザ・ライトスタッフ〜あっ軽い人々〜

2018/08/28 20:23
みんなで幸せになろうよ、と第二小隊の後藤隊長は言います。でもその「みんな」とは彼に近しい人々のことであって、全国民だとか全人類とか全ての生命体だなんて意味ではありません。

人が影響を及ぼせる範囲と言うのは思ったよりも狭くて、だからこそ後藤隊長は自分が憎まれ役、壁になることで発足したばかりの第二小隊を無事立ち上げることを目的として前述のセリフを吐くわけです。なにせ目的のためには同僚の第一小隊すら捨て駒にできるような人ですから、復讐を遂げに現れる相手もいるわけです。

ただまぁどこまでもいい人であり続けるというのはたぶん無理で、であれば自分の守れる範囲内にいる「みんな」だけでも全力で守ると言う覚悟、そのスタンスには見習うべき部分が多少なりともあるんじゃないかと思うのです。


これがハーロックあたりになるともっと話が大きくなりすぎて、どんな奴でもとにかく「地球」に付属してりゃ守るというスタンスになるのですが、それはまぁ敵が宇宙からの侵略者だけ、つまりは外部の脅威に対して守るだけで内輪の争いは知らんがなという彼の防衛方針に由来するものです。ハーロックは人間が好きだから、人間がその活動の果てに人間自身の責任で滅ぶならもう仕方ないくらいの達観をしていると見るべきで、でなければ「宇宙海賊」なんて肩書きで戦うなんてできようもないはずなのです。腐った人類ふやけたブタ唾棄すべきゴミと手厳しく地球人を批判しますが、だからと言って積極的にそれらを排除しようとしないのは、そんな人間でさえも愛しているからだと思うのです。

♪友よ 明日のない星と知っても
 やはり守って 戦うのだ

ハーロックは自分の旗の下に自分の信念を賭けて戦うからそこまで大風呂敷を広げられるわけで、組織の中で中間管理職としてサラリーを頂く後藤隊長にはそこまで要求できないし、そこまでする義理も義務もありません。それでも、「みんなで幸せになろうよ」というセリフには与えられた場所と与えられた戦力だけで戦っている男の姿が透けて見えて、なので後藤隊長もハーロックもとてもカッコいいと私は思っています。


画像
しかしまぁ私はそこまでカッコよくもなれないと自分で判っているのでw、「みんな」の範囲を狭めながらも幸せになる道を探すしかないのでしょう。人間の器どうこうの前に、やっぱり色々と動ける立場とそうでない立場があって、そこで最大限に行けるかどうかってことですな。どこかで線引きをするにしても、なるたけ遠くで引けたらいいな、引けるように頑張ろうと決意するくらいです。


日々色々と考えることがあって、それでも時間は待ってくれなくて、慌てて打った一手が後から考えてみたら今一つなんてことばかりです。次に活かせたら良いのだけれど、まぁそういうのってだいたい一回こっきりなんですよねwカラ元気でも元気で頑張るしかないですな。




画像
そんなわけで(どんなわけだ)、26日のチームイベントは待望の「トラシュカ2018」でした。優勝は最多一位(3回)のぷっかさん。去年よりもラグが小さくなって、そこそこの性能のPCでプレイしている方はかなり快適になったんじゃないでしょうか。
私の可愛いThinkpad X240ちゃんはちょっと能力が足りなくて、爆弾岩が落着と同時に爆発するケースが多発してしまいました。これはもう完全にグラフィック系のスペック不足ですからどうにもなりませんなwそのうちRadeon RX550を載せたThinkpad E580でも買ってしまおうかしらと思ってしまうくらいに切ないです。

ちなみにThinkpadは公式オンライン通販の割引率がけっこうな頻度で変動しますから、先日の値段が今日の値段とは限らないのです。いつ買うにしても、安い時を見計らって買いたいものですね。



画像
さて、関西夏祭りではプロデューサー交代の発表がありました。齊藤Pから青山TDへ交代、今後は青山Pとのことで、なるほどちょっと前から青山さんの露出が増えていたのはそういうことだったのかと得心しました。技術系リーダーから総合管理職への昇進ですが、まぁその時点で能力があると認められなければそんな話もないはずですし、一般ユーザーとしては期待して見守るくらいがいいんじゃないでしょうか。



画像
個人的にはP交代に伴ってレンドア北教会にいたコイツが帰国するというのが大爆笑です。変なしがらみみたいなものは全て断ち切ってくれるんでしょうか?それにしてはあからさますぎですが、今後に期待していいのかな?www




画像
「ゆうべはお楽しみでしたね」の実写ドラマ化も決まったそうですね。ストーリーが急展開の第5巻もさっそく買ってきましたが、改めて読むと全くもってモキャキャでムキーですよッ!これは一体どこの世界線でのドラクエ10のお話なんですかッ!?こんなリア充もあんなティア充も、まとめて爆発してしまえばいいんですッ!!



画像
てなわけで(どんなわけだ)、P交代記念の頭装備を使ってニセダストンドレアを作成しました。ダストンの服ってまだ実装されてないですよね?なので砂海を使ってそれっぽく。NPCコスの衣装とかどんどん(課金以外で)出して欲しいなーと思うのですよ、ちゃんとしたヒューザ服とか!あと左頬に走るサンマ傷とかもあるとハーロックとかBJ先生のコスプレが捗ると思うのですが。

髪の毛の色が2色選べることになると知った時に、まず考えたのが白と黒でBJ先生ができるなーということでしたwwwしょうもないw



来週の木曜にはアップデートなわけです。その前にトラシュカの追い込みもせねばなりません。それより先に、まずは寝落ちせずに日課を完遂するところなんだよなぁwww




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

とあるゲヱムの写真記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる