アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
とあるゲヱムの写真記録
ブログ紹介
ドラクエ10は面白いね!
でも画像保存が100件は少ないので、外部に保存することにしました。
zoom RSS

道に迷っているばかり

2019/06/19 00:06
画像
改正までの半年で
サハシを抜くと言うけれど
駅弁逃した空腹を
何で満たせばいいのだろう
 国鉄時代が夢なんて
 後からほのぼの思うもの
 国鉄時代の真ん中は
 道に迷っているばかり


やることがないので鉄道模型をいじっています。この手の模型製品は買ってからが本番と言うか、いかに自分のこだわる姿に加工するかがキモな気がします。ドラクエ10で言うとハウジングみたいなものですか、土地と家キットを買う所がスタートで、あとはいかに飾るか魅せるか楽しむか。ドレアもそうですよね、基本は模倣と自己満足なんじゃないかと思うのです。

サハシのサは運転台やモーター無しの付随車であることを、ハは二等級制での普通車であることを、そしてシは食堂車であることを示します。つまりモーター無しの中間車で座席と食堂の合造だからサハシということですね。


画像
国鉄が終わって僕らは産まれた
国鉄を知らずに僕らは育った
 大人になって調べ始める
 手元の模型を弄びながら
僕らの名前を覚えて欲しい
国鉄を知らない子供たちさ


国鉄末期の話なんかは調べれば調べる程に暗澹たる心持ちになってしまいます。あの時代ではきっとああなるしかなかったんだろうな、細かな事象の積み重ねが全体をどんどん行ってはいけない方に向かわせて、たぶん気が付いたらもうどうにもならなかったんだろうなと空恐ろしくなるんです。きっとみんなは正しいと思っていて、でもそれぞれの正しさがぶつかってしまう事が最終的にどこへ辿り着くのかすら判らなくて。恐らく、労使が互いに自己主張を表に出し始めた時にはもう国鉄は「終わって」いたんでしょうね。組織がその設立時の目的を見失ってしまうと、全体がその姿を保つことすら難しくなってしまうなんてことはどんな世界でもありがちなことですから。


ただまぁ労使関係や政治的な話を抜きにして考えれば、国鉄時代は鉄道車両もその運用についても色々と面白いんですよね。もう何十年か早く生まれていればその全盛期を体験できたのになーと残念にも思います。多層建てディーゼル急行とか併結ブルートレインとかもうムチャクチャ面白いんですが、でも模型でそのへんにまで手を出すと泥沼にはまりそうなので自制しておりますですw



はてさて。


画像
ドラクエ10はとにかく金策をしています。と言っても平日は日替わりくらいしかやる時間がなくて、それでも時間を捻出してバトルルネッサンスをやっています。黄金の花びらを一通り取り終ったらおしまいというなんともどうしようもない金策ですwwwアオイは終わったのでエレでやっていますがもうすぐ終わりそう。

ぶっちゃけバトルネってどうしようもないコンテンツだなとやっていて溜息が出ます。というのも、Ver2後半からのボス戦って正直「嫌がらせ」でしかなくて、とにかくその時その時のプレイヤーが嫌がることを盛り込んで時間を稼ごうと言う悪意で錬成されたボスキャラばかりですよね、聖女潰しの多段攻撃とか異常にダメージの出る猛毒とか。

ストーリーの区切りとしてやる分にはまぁいい(あんまり良くないけど)んですが、その嫌がらせを連続でやるというのは本当に厳しいです。あっさりクリアされたくない、小生意気な顧客どもに一泡吹かせてやるみたいな粗雑な感情が透けて見えてなかなかつらい。やっていて達成感も爽快感もなくて、レベル108なのにこうも苦戦するものをレベル90とか100の頃に平気で放り込んできたんだなーと考え出すとムカムカしてきます。


画像
結局はエンターテイメントというもの・クリエイターということについてどういう地平から考えてモノを作るかという根本の部分になってくると思うので、そのへんについてはもうあんまり考えないことにしようと思っています。ただ一言だけ述べるのならば、「今のDQ10開発陣は英一郎と大して変わらんよ」ってことでしょうか。堀井・すぎやま・鳥山の看板に頼り切った作業を続けているのは、父親の社会的地位に依存するしかなかった英一郎とどう違いますかね?看板に頼った作業でなく、その看板の新たな魅力を見つけるような仕事をして欲しいものです。





画像
カミハルムイに馬がいるなんて、隠れスライムイベントで初めて知りました。まだまだ世界には知らないことが多いんだなぁという感じ。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


英雄の詩

2019/05/28 21:41
星空に手を伸ばせばカシオペアさえも掴めた
瞳を閉じれば空だって飛べた 少年たちは英雄だった


青函トンネルがほぼ新幹線専用となってから結構な時間が過ぎました。かつて上野と札幌を結んでいた寝台特急北斗星とカシオペアは消滅し、使われていた24系客車はほぼ全廃、E26系客車も定期運用を失って今は何をしているやらという状況です。

しかしそんな実車の事情は模型に全く関係ないわけで、機関車含めてフル編成だと最大13両の北斗星・東日本II編成とカシオペアは全国各地の鉄道模型ファン宅で今日も元気に走っているはずなのです。


で。


北斗星もカシオペアも、鉄道模型の二大メーカーであるTOMIXとKATOから製品化されていて、どちらも甲乙つけがたい完成度でユーザーを魅了しているわけですが(大げさ)、私の所有するTOMIX製品については……客車の転がりがあまり良くないのです。

これは台車の車輪支持と集電方法などメーカーの違いや生産時期の違いによってかなり手ごたえが変わる部分で、TOMIX製品の転がり抵抗に関して言えば、車軸に直接集電シューを押し付けて集電していた旧集電方式から、最近の製品で採用されている車軸先端より集電する新集電方式に変わったことでかなり改善されたことは事実です。

ちなみに対抗のKATOは昔からピボット集電でしたので、トレーラーの転がり抵抗について問題になったことはほぼありません。


でで。


良くはなったと言えそれでも初期の新集電は結構微妙に動きが渋い感じでした。その後メーカーによる改良も入り、最近出荷されたモノの動作は非常に軽く素敵な感じです。が、私の北斗星もカシオペアも初期もしくは中期出荷分に相当する製品でして、転がり抵抗的にはなかなかビミョーなラインな感覚です。

画像

それでも、TOMIXのEF81型電気機関車は非常に優れた牽引力を持っているので、どちらも普通に登り坂をグイグイ走ります。と、ここまでなら良かったのです。

画像

平成22年、JR貨物が開発した電気機関車のEF510が両列車の専用牽引機として、客車に合わせた塗装を纏いJR東日本所属で華々しくデビューしました。これがシングルアームパンタ装備でまたカッコいいんだわ!

実車がそう来たら模型もこう来るわけで、TOMIXとKATO両社から専用牽引機としてEF510-500北斗星、EF510-500カシオペアが製品化されました。本来なら自分の持っている客車に合わせたメーカーを選ぶべきなんでしょうが、私は個人的な好みからKATO製の機関車を導入することにしました。KATOの動力は非常に繊細な動きを見せる傾向があって、しっとりとしたそのスロー性能がすごく気に入っていたのです。


ででで。


そこで私は大きな落とし穴に落ちました。そもそもKATOの客車はものすごく軽く走るわけで、それを牽引するための能力で十分だと製品化されたKATO製EF510が、KATO製の何倍も重たい抵抗を見せるTOMIX製客車を余裕綽々で引っ張れるはずがないのです。

坂の途中で立ち往生する寝台特急の哀れな姿は実にトホホですが、今さら機関車買い換えたくないしどうしよう!

これが電車なら、中間トレーラー車の床下を動力ユニットに差し替えて編成出力アップができます。が、客車列車の場合は挿げ替えられる動力ユニットなんてそもそも売ってないし、もしどうしてもと言うなら自分で作るしかない。分売の動力を加工したとしても、さすがに手間とお金がかかりすぎる!


でででで。


TOMIXも自社の客車、しかも過去に販売した分の転がりが今一つと言うことは把握していたらしく、この問題の解決策が提示されました。

集中電源式の寝台客車には必ず連結されている電源車。カニだとかマニだとかカヤだとかそんな感じの、ディーゼルエンジンが唸るアイツに動力を仕込んだものを単品で発売し、補助が必要な場合にはセットのトレーラーと差し替えてください!というもの。

これだッ!

画像

カシオペアの電源車は普段ならカハフE26という、展望車を兼ねた車両が受け持っているのですが……検査周期の関係なのかどうなのか、ごく稀に24系電源車から改造されたカヤ27という、お客が乗れない車両と交代することがありました。基本的に出番がピンチヒッターのみというこやつが、セットに含めるにはアレだけど追加するにはいいタイミングだ!みたいな感じで動力ユニットを搭載されて発売されたのです。

カシオペア用の他、九州ブルトレ救済のため折妻0番台と切妻100番台の銀帯カニ24に動力を載せたものも発売されました。残念ながら北斗星用ズバリは発売されませんでしたので、銀帯のものを購入の上、手持ちの金帯カニと床下を交換するという方法で北斗星側にも補助動力車を導入したのでした。


ででででで。


一旦は解決を見た牽引力問題。補助動力の力を借りればKATO製機関車でもフル編成の牽引はできるようになりました。でもやっぱり正調編成、カハフE26連結編成も牽引させたいじゃーん!という思いはずっと持っていたのです。

まぁ現状どうやっても無理だと思っていたのですが。

Nゲージ鉄道模型の機関車における牽引力って「モーターの力そのもの」よりも「粘着力」が重要なように思っています。つまりレールの上で空転しない能力が粘着力なわけですが、それを簡単に稼ぐには車体を重くすることです。車輪を上からレールにぎゅっと押し付けるための力、つまり重さがあれば空転しにくいという理屈なのです。モーターがいくら強力でも、車輪が空転してしまえば走れないんですね。

だけれども、電気機関車はもうボディの中身はギチギチに詰まっていて、補助ウエイトを詰め込むスペースなどあろうはずもないのが現実です。なのでもう、TOMIX製EF81の時は補助動力なしでKATO製EF510の時は補助動力有りということにするしかないよねーと自分に言い聞かせるしかないのでした。


そんなある日。というかついこないだ。


例の富士通windowsタブレットで「楽しいムーミン一家」を眺めていた時。ムーミンが工場建設お手伝いのお礼にスノークから空飛ぶ翼を貰って喜ぶのを見ていて、そういえば粘着力を稼ぐためにNゲージは車輪の一部にゴムのタイヤを履いているよなー、なんてことをぼんやり頭に思い浮かべました。

そうそう、以前ローカル線シリーズと称して2両編成のセットが出たっけ。あれは複数編成繋いだ時の動力協調のためとか言ってゴムタイヤなしだったくせに、複数編成繋ぐと坂道が厳しかったから、結局ジャンクパーツの中からタイヤつきの台車と交換したんだっけ……

ピコーン!

そうかそうかそうだったか。つまり粘着力を稼ぐのは補重が唯一の方法ではなく、ゴムタイヤによる物理的なひっかかりもあったのだ!
画像

EF510に装備されている動力台車は2台。1台にひとつゴムタイヤが装着されていて、図にするとこんな感じ。

画像

集電のことを考えると両軸共にゴムタイヤを履かせるわけにはいかないので、互い違いになるように組み合わせてみるとこんな感じ。
手持ちにEF510用の予備パーツはなかったので、とりあえず北斗星色からゴムつき車輪を拝借してカシオペア色に装着、さっそく正調編成を牽引させてみると……

画像

やった!登った!しかもラクラク!


実はここに至るヒントが事前にあって、リニューアルされたKATO製のEF15がものすごく軽い車重でかなり優秀な牽引力を持っているんですね。三軸台車×2の車端側が全てゴムタイヤ装備、つまり動輪12個中ゴムタイヤが4輪という強力仕様で、客車も貨車も結構な数を平気な顔でスルスル引いて坂を登るんです。

つまり、「牽引力を稼ぐ」ことに必要なのは「レールにしっかり前進するための力を伝えること」であって、その手段として「重さの追加」や「ゴムによる摩擦力の追加」があると。「モーターのパワーをレールに確実に伝える」というのは「スリップしないこと」が大事で、つまり空転しないようにしてやれれば重さは実は最重要なファクターではないということなんですね。まぁある程度の重さは必要だと思ってますけれども。


そんなわけで(どんなわけだ)、北斗星用のゴムタイヤ車輪もどうにかせねばなるまいと思ったら、今そのものズバリのゴムつき車輪のみはバラ売りしてなくてショボーン。仕方ないので分売の動力台車を四つ購入しまして、それらを組み合わせてカシオペアのものと同様に工作しました。


画像

そしたら登った!EF510牽引の北斗星が坂を登ったよ!


まぁカシオペアがきっちり登った時点で簡単に予想がつく結果だったわけですが、やはり実際にちゃんと走ることを確認できるのは嬉しいですね。

ただし動力台車ごと買わなければならないのは、金銭的にも資源的にも無駄が多いなと言う気はします。KATO製品については、かなり昔には車輪とか台車枠だけでも分売があったのですが、一時その手のパーツ販売そのものを取りやめた時期を挟んで現状の、ある程度のユニット分売という形に落ち着いた経緯があります。

パーツ分売が設定されない時期を知っているだけに、「売ってくれるだけありがたい」という方向に落ち着かざるを得ないのがつらいところですw


画像

ちなみに、北国行きの寝台特急と言うと大阪から出ていたトワイライトエクスプレスがありまして、そちらはTOMIXで2編成とKATOで1編成、それぞれ機関車と客車のメーカーが揃った状態で持っています。もちろん揃っているので走行性能的には全く問題ありません。

あと有名どころで言うと「日本海」があるのですが、そちらはごく普通の24系寝台客車でしたので特に揃えておりません。最悪583系12連で臨時の日本海かな?w



とまぁこんな感じで趣味に勤しむ日々を送っております。絶賛放置中のプラモデルもたくさんあるので、そっちもなんとかしなきゃなりませんね。


ドラクエ10については……特に何もないです。こないだのDQ10TVもマイタウン情報無しの時点でがっかりして、途中で寝落ちしちゃったし。ライバルズとのコラボで何かあるらしいんですがどうなんでしょうか、アカウント内の全キャラにコラボアイテムくれればやる気倍増なのになーw





画像
先日の大宮工場で実車のカヤ27を見てきました。半ばニートみたいな状況ですが、何か活躍できる運用が始まるといいですね。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いつも心に太陽を

2019/05/15 20:28
どうも令和と昭和を言い間違えることの多い今日この頃です。元号変わって間がないので仕方がないと自分に言い聞かせていますが、なんにしろ慣れが必要ですよね。平成に変わった時はどうだったかなーと思い出そうとしてみましたが、ほぼ覚えていることはありませんでした。


画像
連休で何がどうなったっていうほどのこともありません。とりあえず1アカ目については現状こんな感じ。全員★★★★になりました。全員Ver4ストーリーを終了させ、現時点で受けられるクエストも全て終わらせました(学園を除く)。移動の多いサブクエストは確かに面倒ですが、それなりにメインストーリーへ深みを持たせられるものについては、早めに(面倒だと思わないうちに)やっておくといいと思います。



画像
2アカ目では、男アオイだけVer4完了しています。クエストについてはほぼ終わらせているのですが、げんま強化クエストについては天地雷鳴士のレベルが足りないのでクエストが発生していません。こういうところに突貫工事のモロさが露呈するといった感じで、やっぱり時間をかけて育てたメインアカのキャラとは違う部分です。


画像
こよみもなんとか滑り込みでVer3をクリアし、Ver4.0冒頭まで進めました。ヒエログリフもなんとか終了、あとは領界討伐でスキルブックを29冊まで集めてからVer4の続きに入りたいと思っています。アガートとてつろうとホムラは変わらずです。


イセエビコンテストも始まりましたがまだあんまりやっていません。まだ日曜日まであるので、折を見てちまちまやるつもりではいます。イセエビ一匹あたり220〜280釣りコインをゲットできるので、てつろうとホムラはこれで釣り老師のルーラ石をゲットしてしまおうと画策しています。レベルが低いので釣りそのものに時間はかかりますし失敗もしますしいらない魚もかかるので、30回使えるイベント竿セットで20匹も釣れれば上々な感じ。もちろんデフォの魚袋には10匹しか入らないので2回報告で約5000コイン、つまり2竿セットでルーラ石ゲットと目算してします。

その他のキャラについては、個人報酬をまず確定させて余裕があったら黄金かな?どうせ水槽には入らないし(床下だけですよね?)、ネタで見せるくらいしか使い道がないですもんね。

ドラクエの話はこんなとこかな。


で。


秋葉原のイオシスで「10連休で1200台売れた」という富士通製Windowsタブレットを買ってしまいました!10.1インチの1920×1200ドット表示液晶というだけでもう買いです。この手のタブレットは中華製のものが安価に買えるのですが、「もともと安いもの」と「それなりの値段だったものが安く買える」では雲泥の差があって、今回のタブレットは後者だと思って買いました。

CPUはintel ATOMプロセッサ x5-Z8500。ATOM最後の世代で、前世代のものよりグラフィック周りが強化されているのが特徴です。メモリも同世代の安タブにありがちな2GBではなく4GBを搭載していて、Windows10がそれなりに動きそうというのもポイント高いです。

記憶装置は内蔵SSD64GBにマイクロSDカードスロットをひとつ装備。正直システムドライブに不安がありますが、マイクロSDXCで128GBでも足してデータはそっちに入れればいいかな?という感じ。安物は主記憶が32GBのものが多いので、ここも富士通の底力ですね。

さらにさらに、防塵・防水というから素晴らしい!無線LANに接続したら、お風呂で動画鑑賞ができてしまうじゃないですか!デジタイザペンやLTE等には対応していないという話ですが、別にお絵かきするわけでもないし基本LANやSDXCからデータを読み出すような運用であればWifiのみの対応も全く問題もないです。

そんなこんななタブレットが税込み一万円を切るというのですから、これはもう買えという事ですよね!衝動買いの神様ありがとう!


それからそれから。


スペック的にはドラクエ10がなんとか動くレベルの物体ですが、あえてベンチマークは取らないことにしました。なんでって?そりゃ、【動く可能性を把握してしまったら動かしたくなるに決まっている】からですよwww

いじった感触から言うと、Corei3-2370M搭載のVAIOよりももっさり系なわけで、ならばあえて動かす理由もないという判断です。「動くけど動かしていない」機械があるんですから、それより遅そうな機械でわざわざ試す必要もないでしょう。

ただまぁ動画鑑賞に関してはバッチリ想像以上に動いてくれました。巨大な動画が無線LAN経由でコマ飛びを起こすこともあるのですが、それはうちの無線LANルータが十年選手でショボいからですwもっと新しいものに変えれば改善されると思います。というか改善しなきゃいかんのですけど、後回しにしすぎてるなwww


それでそれで。


とりあえず気になったポイント等を列記してみます。


1.Windows10のバージョンが古かった

無線LANの設定をして、我が家のネットワークに繋いだ瞬間からWindowsアップデートが走ったのには笑いました。あれこんなに遅いの?と思ったら裏でごりごりダウンロード始まってるんだもん!

OSのインストールは完了した形での引き渡しだったので、SSDのリカバリ領域からの再セットアップではなく、OSの機能による復元ポイントへの復旧だったんでしょうか。でもそれってWindows10のマイナーバージョンまで遡るのかな?まぁ途中で失敗することもなく無事アップデートが走り切ってくれたので良しとしましょうか。

ちなみにこのアップデートで次項の不具合(?)が発生しました。認識していたものが急に読めなくなると言うのは心臓に悪いです。


2.SDXCがなんか変→解決

どうも本機内蔵のマイクロSDスロットは、Windowsアップデートなどで自動的に上書きされる「標準ドライバ」ではまともに動かないようです。解決方法を探してネットを探したところ、標準でディスク内に用意されている富士通のサポートソフトからドライバの上書きで解決しました。

いきなり全削除→クリーンインストールをするとヤヴァいですね、ツール一式の入っている「fujitsu」フォルダのバックアップが必須だと思います。メーカーから再インストール用DVDも買えるらしいですが、中古本体と同じくらいのお金を払いたいかどうかという所でしょうか。私は払いたくありませんw


3.スリープか休止か

最初からついてるカバーを画面に被せたり、電源ボタンを軽く押すなどすると、画面表示が消える「スリープモード」になるのですが、これはどうもただ軽く寝てるだけっぽくて、ちょっといじるとすぐ復帰します。
なのでむちゃくちゃ省電力ってこともないようですし、かばんの中でごとごと動いた衝撃やらなんやらでスリープと復帰を繰り返してくれても嬉しくないんじゃないかと考えまして、電源ボタン押下で「休止モード」に入るようにしました。これはシャットダウンまでは行かないけれども、ある程度は本格的に熟睡するモードで、カバー開けたり画面つついたりしても寝たまんま。復帰させるには電源ボタンを押さなきゃならないので、意図しない場面での復帰が基本的にはあり得ないという形になります。

サッとかばんから出してスッと画面を表示させて、用が済んだらパッとしまうという使い方は全くしないという私の環境からくる設定変更です。


4.標準ケースの取り外し

最初からセットされているケースカバーですが、つけたまんまでお風呂に持ち込むのはさすがに無理。でも四隅をプラスチックで固定されているだけなので、固定の浅い部分からこじってやれば簡単に外せますし逆に差し込めばまたセットできます。両面テープとかでの接着じゃなくて実によろしいです。

ケースカバーを外すと若干軽くなりますし、スタンドとして使う必要もなければケースを外してしまって、適当な巾着袋にでも放り込んで持ち歩く方が軽くていいのかも知れません。さすがに液晶画面の保護を考えると、素のままでかばんに入れるのは……という感じなので。



まぁこんなとこかな。


タブレットとしては約700cの重さがちと厳しいと思うかも知れませんが、モバイルノートPCだってなかなか1sを切らないご時世ですから十分軽いです。電子書籍や動画の観賞用マシンとして割り切ってしまえばいいわけで、ならばあとは耳に合ったイヤホンだけ持っていけば良いのです。

フルサイズのUSB端子を2.0×1、3.0×1の2個持っているのもなかなか有利な点で、最悪マウスやキーボードを繋いでしまえば良い(暴論)。つまり、持ち運ぶ前の下準備段階では普通のPCと同様に扱ってファイル操作をし、出来上がったものを軽快に持ち運んで楽しむという使い方であればもうドンピシャに素敵なマシンというわけ!


究極を言ってしまえば【7インチくらいのフルHD液晶に日本語キーボードを備えた高性能ミニノートPC】があれば良いのです。つまるところ「最強のリブレット」が存在したならばもうそれ一択になるのですが、東芝を含めた日本のPCメーカー自体があんな感じだしもう実現不可能に近いんじゃないかと思っています。

ならば、ガジェット好きという点をフル活用して、一長一短のあるマシンたちを局面に応じて使い分け、その使い分け自体を楽しむというやり方にシフトするしかないじゃないか!てな感じですね。

確かに可愛いThinkPad X240を持ち運べば大抵の場面で困ることはないのですが、【1`台前半に抑えられた重さ】【モバイルとしては大画面12.5インチ液晶】【非常に打ち易いバックライト付き日本語キーボード】という本来メリットであるべき部分が、「単に動画を表示する板でいい」という用途には全く不要なのですね。そこを削ぎ落しての約700cには、例えX240がどんなにシックで大人なデザインでも、どんなにストレージの容量が大きくても勝てないのです。

同じ「Windows10」というOSで動く機械ですが、【ノートPC】と【タブレット】の間にはことほど左様に長くて深い川がある、と言った感じでしょうか。同じモバイルと言う言葉でも、その中身や目的が実は大きく違うのです。そんな感じでデバイスを使い分けること、デバイスに自分なりの使い道を見出すことに楽しさを感じる人には、この「富士通 ARROWS Tab Q506/ME」は実に素敵なおもちゃだと思います。


つまり私にはぴったりなオモチャということです、わははは!w



なんていいますか、最近のモバイルノートPCって……古いThinkPadでの喩えになっちゃうんですが、「560方向」つまり薄型軽量なれど大画面なものばかりで、「535方向」つまりコンパクト軽量だけど厚みはあるよ!的なものが少ないですよね。

要は出先で快適に使えること=大画面かつフルピッチに近いキーボード、を実現した上でモバイルするなら薄くするしか軽く出来ないという理屈なんでしょう。

私としては、実は出先である程度不便なことはもう織り込み済みな感じで、とにかく同じことができるのなら小さい方が嬉しい人なのです。ですから、いくら15.6インチ液晶搭載で驚異の軽さ1`未満を実現したマシンがあったとしても、たぶん全然心惹かれないと思うんですよね。技術的な興味は湧くと思いますが。

そういう意味では昨今中華メーカーから意欲的なUMPC(ウルトラモバイルPC)と呼ばれるジャンルの、ちびっこいノートパソコンが出てきているのは非常に嬉しいのです。私みたいに「とにかく小さいやつ」と考えている人も、世界にはある程度はいるってことですもんね。あれでちゃんと日本語キーボード搭載してくれてたら飛びついていたかも知れません。

なので今はシャープ傘下のダイナブック株式会社から、新型のリブレットが出ることを心待ちにしているのです。過去のデザインまんまで出してくれたら感涙ものなんですけどね!w個人的にはリブレット70のデザインが完成形で、どうしてもきついならリブレット100の形が良いと思っています。特にキーボードは馴れると普通に使える驚異のキーボードなんですよあれ。






画像
個人的に色々あって、色々ブン投げたくもなるし面倒くさくもなってなんだかんだとわちゃわちゃした日々を送っていますが、結局のところ自分が正しいと思うことをただひたすらに貫くしかないんだよね。ドミネウスのせいにしても仕方ないんだよね。他人がいかにクズであろうとゴミであろうと、自分がわざわざその地平に降りて行く必要なんて全くないし、他人がクズでゴミであるからと言って自分もクズやゴミのままでいていいなんてことも全くない。自分がどうあるか、自分がどうありたいと願うのか。


画像
モモンタルいいよね。彼の魔法生物の証は背中にあります。



記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


やさしいパソコン選び

2019/04/25 20:09
さて、先日秋葉原に行ったのですが、昨年末は税込みでやっと一万円を切るお値段だったDDR3L、PC3-12800・8GBメモリがななななんと税込み¥4,500-を切っていたので思わず買ってしまいました。

もちろん増設するのは現状4GBメモリで粛々と動いているThinkPad X240ちゃんなのですが、実際私の使い方では特に困る局面もなかったんです。
ただ、このX240にはメモリスロットがひとつしかない上にチップセットの制限で1スロットあたり8GBがMAX。つまり、今回のメモリを差してしまえばそこはもうフル改造!というスパロボ的発想で購入に至りました。


画像
メモリ搭載量は作業台の広さに例えられます。つまりメモリの数字が大きければ大きいほどに一度に開けるファイルの数が増えると考えて良いので、同時にいくつものアプリを開いて作業をする人はメモリ容量を増やすといいことがあります。

とは言えX240はモバイルPCですし、12.5インチにどんだけ窓開くんかと問われればさほどではないと返すくらいの使い方しかしていないわけで、まぁせっかくだからとドラクエベンチを走らせてみましたら……


画像
これが前回(4GB)で、


画像
これが今回(8GB)。
ビミョーに数字が上がってるwww


メモリのスピード含む規格そのものは交換前と後で変わっていないので、一応増設の効果があってスコアが伸びたということなんでしょうか。ぶっちゃけバトルコンテンツに参加するには厳しいスコアでしかないことは間違いないので、もしDQ10をやるのならフルHDではなく1280×720の解像度に落とすことが条件になるでしょうね。
解像度を落とした場合だと、前回は……


画像
こんなでした。そして、


画像
今回はちょぴっと上がってますw誤差の範囲内と言えばそんなものですが、まぁ数字が上がって嬉しくないわけはないですw



で。


昨今やることなくて2アカに手を出す人もいると思います。ニンテンドーSwitchやPS4が浮いているならそれを使うのが一番ですが、「中古のノートパソコンをいじる口実にしてみたい」という方にいくつかアドバイスを。

廉価な中古PCは、そのほとんどが画面解像度1366×768のHD解像度と言われるイマイチ液晶です。フルHDの1920×1080を積んだものはそれなりの値段がしますので、安く上げたいと言う人にはあんまり向かないかもです。

まぁぶっちゃけドラクエをそこそこやる分には大差ないので、おもちゃとして扱うならそれはそれでアリとも言えましょう。

メモリスロットは2本あるものを買うのが良いです。同一容量のものを2枚装着してデュアルチャネル動作させれば、CPU内蔵グラフィックの能力をフルに引き出せます。4GBを2枚差せば普段使いで不足を感じることはないでしょう。

ストレージについては、HDDでもSSDでもお好みで構わないとは思いますが……今となっては低性能の中古PCをバリバリ使うならSSDが良いですね。最初からSSDを装着している中古ノートが安く買えれば万々歳ですが、そうでないなら無理して交換するのも考え物。それなりの資金と知識を要求されますので、そういった作業も楽しめそうな人以外にはおススメできません。

第4世代core以降の中古ノートPCなら、たいていの場合windows10がインストールされた状態で店頭に置いてあるので、OSについて考える必要はないと思います。ドラクエ10そのものはメインアカウントがPC版ならそのディスクを使ってインストールし、新規にスクエニアカウントを作るかかんたんプレイでログインすればOK。

操作については人それぞれなので何とも言えませんが、キーボードでもプレイできるので頑張れば追加投資は不要です。別途USB接続のゲームパッドを数千円でゲットしておけぱさらに快適な操作環境になると思います。


ただまぁ昨今の中古PC界隈を見るにつけ、正直2アカに中古ノートってあんまりおススメできない感じなんですよ。
私のX240は去年の五月に税込みで三万円を切る価格で手に入れているのですが、一年経って同じものが安くなっているかと言えば逆、高くなってすらいるんです。

これは中古の市場価格が商品の鮮度だけではなく、流通量によっても決まるからです。大量に出回れば安くなるし、状況が現状維持ならそのまま。むしろ流通が減ってしまえば価格は上がるのです。

用途を限定するのなら、もしくはその機械がそういうものであると理解した上で使うのならば、中古PCは実に素敵な選択肢です。でも、そこに無限の可能性を見るとか未来への架け橋にするとかそういった使い方をしたいなら、やはり相応の予算を組んで最新のパソコンを買うべきだと思うんです。


ドラクエ10専用機と割り切るならば、1〜3万の中古ノートPCは実に有意義な選択肢になるでしょう。SwitchとかPS4だと本体だけのお値段で専用モニターとスピーカー、キーボードまでセットなわけですからねw

あとはそんな用途の限られる機械に対してどれだけ愛情を持てるか、寛容になれるかだと思います。ぶっちゃけデジタルガジェットをいじくって無駄に遊ぶことが楽しいと思える人であればまず問題はないのかなw


あ、重要なことを書き忘れていた。

CPUですが、Intel Cerelonプロセッサ搭載のものは避けてください。第3世代以降の最低i3、できたらi5以上が欲しいところです。
というのも、ドラクエ10はわりとCPU能力に依存する部分が多いらしく、CPU内蔵グラフィクスの能力が同じでもCPUの能力が違えば動きがかなり変わるんですね。

ここしばらくのCerelonプロセッサは、かつてのように単純なメインストリームCPUの機能削減廉価版というわけではなく、別ラインの設計思想に基づく省電力に特化したもの(Intel ATOMプロセッサ由来)がそのほとんどを占めていて、ストリーミング動画やwebブラウジング程度の作業なら問題はないけれどもちょっと計算させたり沢山アプリを立ち上げたり動画エンコードをするだけでヒーコラ言うくらいのCPUなのです。


正直なところ言っちゃうと、i5・i7とi3の間には同じcore-iシリーズと言えどかなりの能力差があるので、i3も避けるに越したことはないんですけどね。例えば第4世代i5-4300Uと第6世代i3-6006Uだと、計算能力だけならi5-4300Uの方が上なんです。


ただ安く動けばいいやって言うならアキバで一万円台の中華タブレットなんかでもギリギリ動くんですが、それがゲーム的にも趣味的にも楽しいかどうかはまた別の話になるんじゃないかな。個人的にはやはりクラムシェルのノートPCが好きなので、チャレンジとしては面白そうだけど継続的にいじるかと言ったらたぶんいじらないw


結論。


まぁそんな感じで(どんな感じだ)、ポンコツなパソコンちゃんを構うこと自体(壁紙変えたり色々アプリ入れたり)を楽しめるのなら、安価な中古PCの中からお気に入りの一台を探すことも無駄にはならないでしょう。

ただ安く2アカがしたい!というだけだと、正直「安物買いの銭失い」になりかねませんので要注意です。やっぱり安いからには理由があって、特にノートなら「重い」「古い」「傷がある」「実は不良品」「性能がしょぼい」だなんて後々取り返しのつかない減点要素が山盛りなのです。ってか、中古ノートを買う事が万人にとっての正解ルートだったなら、みんなそうしてますよねw


画面のことまで考えるならたぶんニンテンドーSwitchが正解なのかも知れません。キーボードは買わないといけませんが、そんなに値の張るものでもないですし。

でもSwitchは他にどうしてもやりたいゲームがないから、私のチョイスはやっぱりパソコンなんだよなぁ。アキバの路地裏で変な中古PC見るのが楽しくて楽しくてwww



みなさんは真似しないでね!www

記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


5周目

2019/04/24 19:50
さてさて。


無事スパロボTも4周目を終えて5周目に入りました。既に発売から一か月を経過したので、多少のネタバレを含みつつ感想を書いていきたいと思います。

全体的によくまとまったお話だったと思います。原作再現もそれなりに、クロスオーバーもそれなりにという感じでしたが……とりあえず隠しキャラとユニットについては全部一度はゲットしたはず。いまいちプル加入のフラグが何なのかがよく判らなかったのですが……加入時期が遅いので、活躍の機会があんまりないプルプルズはちょっとかわいそうかなw

「楽園追放」のアンジェラが可愛いなーと思って本編を見たら、フロンティアセッターの方がよっぽど可愛かったというのは広場の日記にも書いた通りなのですがw、フロンティアセッターの中の人が阿良々木くんだったりディンゴの中の人が貝木泥舟だったりするのもメタ目線では面白かったです。声優ってすごいなーと感心しました。

ハーロックとトチローも期待通り、いや期待以上の大活躍で話にガンガン食い込んでくれたのでもう大満足です。トチローが死ななかっただけでも感涙ものなんですが、アルカディア号もほぼ戦艦型スーパーロボットみたいな運用に耐えるだけの高スペックで、使っていて実に楽しかったです。

レイアースの三人組もなかなか強くて良かったです。特に風ちゃん!笠原弘子の大ファンなので原作再現は本当に嬉しかったですよ!合体攻撃を三人誰からでも撃てたらもっと良かった気もしますがまぁいいか!

個人的には、そのうち戦艦枠で「宇宙船サジタリウス」が出てくれるととても嬉しいですね。武装無しのポンコツ宇宙船、ほっとくと簡単に撃墜されちゃうの。主な仕事はインターミッションの賑やかしと、イベントシーンでのシビップによる琵琶演奏。バトルにはほぼ貢献しない斬新なユニット、というのはどうでしょうか。♪だからと言ってダ・メ・じゃ〜な〜い♪


あんまり感心しなかった点も書いておきます。


宇宙怪獣が便利使いされすぎているように思いました。あと木星帝国あたりの時系列がかなり謎になっている上に、わらわら出て来る勇者ロボがどれもイマイチな性能なので愛がないと使えないwでもブラックマイトガインが大好きなので、彼だけはフル改造してラストまで使いましたがwww

ブラックマイトガインはちょっと魔ンルシアにかぶる部分があるんですよね。魔ンちゃんも最後をああいう風に処理しなければ、今後のストーリーにも出番があったかと思うとすごく残念です。

ブラックマイトガインとかプルツーとかアクダライオンとか滝沢流(ブラック滝沢)とか魔ンルシアとか、ああいう擬態というかコピーというかクローンというかそういう存在が大好きで、なのでどうしても性能的に下になってしまうのが残念です。ブラックマイトガインにももっと武器を……


あとはまぁ主任があまりにもサラリーマンサラリーマン言いすぎるのはちょっとくどいかな。要は完全無欠なヒーローと比べて、無力なサラリーマンでも分業体制で出来ることに全力を尽くす的なことを言いたいのだと思うのですが、リアルロボット系で軍隊に所属しているパイロットもサラリーマンなんですよね。シャアやハマーンに至ってはある意味中小企業の社長なわけだし、視点を変えると主題があんまり機能していない気がしてしまうのです。

あとラストで無職中年を「三課設立時に自分の名前を知らなかった、それは社に利益を云々」と論破しますが、確かにそういう描写がゲーム開始時に一度だけあります。でもそこをキーにするのならば、その最初の会話劇の中で少なくとも2回ほどは名前を聞かれなければ印象に残らないです。「うーんと、誰だっけ」→「●●です」→「●●君か。これは我が社にとって……なわけだ、判るね?えーと……」→「●●です」→「●●君かすまんすまん」みたいな。

初対面であったとしたら、名前と顔が一致していないのは仕方ないし覚えていなくても大企業なら仕方ないでしょう。自己紹介したのに、しかも同じ場で再度問われれば「おや?」となるのも当然です。たった一度の誰だっけで全否定されてしまうのは、いくら無職中年が痛いオヤジだとしてもちょっとかわいそうすぎますよwww



あとあれだ、トビアとシーブックにスキル「宇宙海賊」がない!エルドラじじいにスキル「勇者」がない!このあたりは実に設定がもったいないので対応して頂きたかったです。イベントで取得とかあっても良かった気がするなー。


とまぁ色々ありますが、実に大満足な「スーパーロボット大戦T」で御座いました。バトルBGMを原曲に差し替えるとさらに楽しいので、通常版を買った人も差し替えをおススメします!

ちなみに私はオリジナル機体のBGMを「BATTLE IN FLASH」にしました。知ってます?w「キャッ党忍伝てやんでぇ」の挿入歌で、実にカッコいいのです。「いい玄関のお城」とか「銀河無責任タイラーガー」とか「約束の土地へ」とかも用意したんですが使わなかったなw



あとゲームな話題としては、「メガドライブミニにランドストーカー収録決定」なんてのもあります。ランドストーカーはめっちゃ難しくてめっちゃ面白いんですよ!もうこれだけのために買ってしまおうかという気になるのですが、そのニュースが流れた夜には友人から全く同じ感想のメールが届きましたwww実機とカセットはまだ持ってるんですがね……HDMIで接続できるってのは大きいなーサイズは小さいけどw



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


十年ドラクエ

2019/04/16 20:27
画像
というわけで広場の続きのブログです。


DQ10についてここ最近思ったこと。

・たまご交換のUIがいいかげんすぎる
いくらなんでもあんな冗長な選択肢を「考えた人」「作った人」「OK出した人」がいるというこの事実に驚きを隠せません。要求された事柄をただ実装しただけという低級SEの仕事にただ震えるばかりです。ゴミですゴミ。

・錬金釜まとめて錬金がエアプすぎる
あのな、神像に4枚入れられるやんか。ゼロからスタートの場合は別にええねん、4枚セット錬金でも。
せやけど宝箱とかミネアとかで1枚もろたカードの消化、なんぼ持ち寄り言うても四人そろうんはむつかしいやんか。せめて「1〜4枚の範囲内で自由に数変えられるようにしたろ」とか思わんかったんか?要求されたものをそのまんまやるだけ、それ使う状況がどんなもんか一切揉んでへんやろ?てかゲームしてへんやろ?

多数のお客が「こうしろ」言うんはその後ろに膨大な「事例」があるんやわ。せやからちゃんと調べて、表面的なもんやなくて「本当のお願い」が何なのかをキッチリ把握せなあかんねん。

ショボいUIもまとめ錬金も、「こうせい」言われたモンをそのまんまなーんも考えずにペロッと仕上げただけの小手先仕事やね、少なくともクリエイターの仕事やのうてボンクラPGとかSEのやるこっちゃ。こんなええ加減な仕事が透けて見えるさかい、「ドラクエブランド」が通用せん中文版は道半ばでサービス終わるんと違うんか?安西は人狼なんかに現抜かしてる場合ないやろこのボンクラが。


新規呼び込むんもええよ。でも呼んだら呼んだ責任っちゅうもんがあるんと違うか?ええ加減なもんばっかこしらえくさって、「銀の木工刀小」をユーザーに指摘されるとかどんだけボケとんねん。つまりスタッフの誰〜も体験版でテストプレイしてへんってことやないかアホンダラ。


まぁこれくらいの毒が限界ですが、まだツッコミ入れる余力があるというのを自覚できただけでも良しとしようか。まだ無関心ではない。




「好き」の対義語は「嫌い」ではなく「無関心」。もうポケ森に対してはそのレベル。最近ポケGOの伝説レイドも面倒になってきた。私のプレイスタイルだと月に2〜3回しか戦えないしそれ以上戦うために表ウロウロしたくないし、勝ってもゲットできないしどうせそのうちまた来るんでしょ?なら今じゃなくてもいいよねと思ってしまうくらいに無気力。



画像
ぜひとも面白さ新発見させて頂きたいものです。




記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


春なのに

2019/04/01 20:11
というわけで広場の続きのブログです。とにかく今はスパロボTが楽しいんですよ。

三周目はガンダムファイターを育てようと思って始めたのですが、こいつら序盤は使いづらいのに覚醒イベント後はめっちゃサクサク敵を倒せるようになるのでびっくりです。アルゴなんか本当にレベル上げるのが面倒だったからねw

スキルとか強化パーツを組み合わせて強くなることを実感できるのは楽しいです。確か第二次Zくらいが直前のスパロボだったので、システム面の変更が色々あって驚きました。敵の攻撃ターンなのにこっちの精神コマンド使えるとかめちゃ嬉しい!あと一撃で撃墜されそうなユニットを閃きや信頼あたりで助けることができる!弱いユニットも見捨てずに育てられるのが実に嬉しいです。


久々のオフゲーで「強くてニューゲーム」「俺ツエー」を満喫してます。これがDQ10から一歩引く原因であることは言うまでもないです。


スパロボを楽しむ中で、ぶっちゃけDQ10の稚拙さが見えてきた……というより見ないようにしていた部分を否応なしに突き付けられた感じがして、それで嫌になっちゃったんです。


期待していたマイタウンはもうヒルズ以上の価格と決まっているので手が出るわけがない。今からひたすら金策とかしたって届かない。ってか基本みんな金策モードになったらゴールドベースで取引されるモノなんて売れるわけがないわけで、装備の新調だなんて愚の骨頂!

Ver3から4の間は、りっきーが辞めるっていうからひょっとしたら何か期待できるかも!と続ける気力もありました。でもなーVer5が来るまであと半年くらいあるんでしょ?後期でちょろっとクエストが追加になったとして、それまでに季節イベント(再演)があるとして、でもそんなものすぐ終わっちゃうじゃないですか……実質もうやることがないんですよ私。

マイタウンの引換券をふくびきの三等に入れるんならいいけど絶対そんなことしないでしょ?wスライムハウスすら当てられていない私が手にすることなんて絶対あり得ない確率で実装して来るだろうし、そんなものに期待するほど馬鹿じゃないんですよ。



期待の新コンテンツは詳細が明らかになる前に足切りで、かといって繰り返し気楽に遊べるコンテンツの追加もない。レベルを上げても装備を買いかえても劇的に強くなることもなく、一桁ポイントの数字が上がっただけと言う視覚的な部分でしかキャラ強化が見えないと言う泥沼。

そりゃあ爽快に俺ツエーできるオフゲーの方が楽しいってもんでさぁ!w


スパロボにも欠点はいくつもあって、でも他社様の版権を扱う責任からかなり慎重に作られているのがわかります。割ともう伝統芸能というかシリーズ内でのお約束な展開とかもあって、そういうのもコミコミで楽しむものなんだろうなという理解があります。絵も綺麗になってセリフも入り、想像力で補うしかなかった部分が再現されているのには感動すら覚えます。


DQ10についてはもう多くを語る必要もないでしょう。その本質は徹底したアマチュアリズムでしかないと私は思っています。だからパクレみたいなシナリオも平気で通すし、ドルゴールのように実装したらしっぱなしという展開もあるのです。パクレとトリニティの二回に渡る安西の逆切れ長文とか正直完全にあり得ない顧客対応で、伝説の「腕組み謝罪ごめんなさい」に近いです。「一つの季節が終わり、新しい季節が始まる季節ですね」とかどういう日本語よwwwこういうものが校正もせずにそのまま出てくるってこと自体、組織が組織として機能してないってことですよ。

何度かアンケートにて苦言らしきことも書いてみましたが……たぶん馬の耳に念仏ってやつでしょうね、彼らは自分たちの在り様が正しいと思って疑うことがないので、耳に痛い全ての意見は讒言でしかないのでしょう。安西の長文読めば、連中が寄せられた意見なんて軽んじるどころかそもそも相手にすらしていないというのがはっきり読み取れますし。

FF15の騒動もそうなんですが、「とりあえずその場を乗り切れればいい」「後のことは後になって考える」というのはスクエニの社風なんでしょうか?仲間内で傷を舐め合って、商品に対するプロ意識というものが全く見えないのがすごいです。すごいって言っても別に褒めてるわけじゃないんですけどねw



まぁオフゲーとか積みプラとかを消化しつつ、やる気ゲージが戻るのを待つことにします。ゲームなんですから楽しまないとね!



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そろそろいいかな?

2019/03/25 21:59
画像
そんなわけで(どんなわけだ)、Ver4.5の感想をちょろっと書きます。


とにかく駆け足な印象でした。たぶん書いてる人の中ではあれこれ解決済みなんでしょうが、謎の影の正体とかキュレクスの正体とかクオードとか、若干説明も整合性も足りない印象です。キュレクスなんか「小柄」って明言されていたはずなのにアレでしたからねw長い年月で育ったならそれでいいから、ちゃんとそれをゲーム内で明示して欲しかったです。

アルウェーンの処理も雑な感じでもったいなかったですね。色々変えるには固定オブジェクトが多すぎてどうにもならなかったんでしょうが、むしろ博物館の中はバッサリ全部変えてしまってオーグリードの歴史みたいな展示にしてしまったほうがあれこれ詮索されずに済んだのではないでしょうか。サブクエストも「……というお話でした」みたいにしてますがやっぱり違和感がありますよね。最終的にどうする、どうなるのかを考えずに作っていたっぽいのが非常にパクレ的な感じでイヤーンかつもったいないなと思いました。


あとはクオードの性格が全く変わっていなかったのが残念でした。再登場は私も予想していたんですが、心を折るならもっとちゃんと折って改心させて欲しかったし、犯した罪の大きさに対してちゃんとした罰がないように思えてがっかりでした。部下の暴走での殺戮とはいえ、グルヤンラシュとして責任者の立場にいたわけですからね……何か「死ねば全て許される」みたいな結末はちょっと違うかな〜という感じです。信賞必罰勧善懲悪自業自得、カッコよく散ったから許せみたいなのはあんまり趣味じゃないです。



画像
大筋は面白かったですよ。ただなんていうか、とにかく作り手側の中にある色々を表現しきれてないんだろうなーと思わせる部分が多くて残念に思っただけです。【自分が理解しているものを、理解していない他人に説明する】ということの難しさを改めて実感させられた感じですが……プロが商売でやっているということをもうちょっとしっかり噛みしめる必要があると思いました。

あとは後期に追加になるらしいエピローグクエストでお父ちゃんを救出して、一緒にお母ちゃんに会いに行くのが楽しみです。



でも今は、先日発売された「スーパーロボット大戦T」が面白くてドラクエに時間を割く気になれません。だってもう日課と週課、つまり経験値とゴールドを稼ぐくらいしかやることがないのですが、どうせ今から稼いだってマイタウンなんか買うのは無理(現時点での総資産約5000万G)だし、コロもトリニティもPvPだからやる気しないし、邪神や常闇や守護者などのハイエンドバトルとやらもかったるいし、頑張ってレベル上げたって大して強くならない上に新装備でのステータスアップすら微弱だし。

いつもなら日曜に終わらせている試練と週討伐とピラミッドが全く手付かずです。だってハーロックは期待通りにかっこいいしトチローも他作品キャラとガンガン絡んで大活躍だし、マジックナイトの三人は健気で可愛いけどユニット性能微妙だから頑張って育てたくなるし、エルドラじじぃ達は強くてカッコ良くて主役のはずのヴァンより使えて重宝するし。まぁとにかく久しぶりのスパロボなので面白くてしょうがないです。


結局、Ver4.5前期においてやること・やれることがほぼシナリオのみという状態であって、後期に実装されるものについてもほぼシナリオのみしか出来ないのであれば、何かに向けて準備するなんてこともないわけです。全職レベル100に達していればそれなりの武器・防具も装備できるし、カンストさせる理由が単なるコンプ癖であるとするならば、「飽きてしまえばそれまで」なんですね。

季節イベントも再演中心ならそんなに意気込む必要もないですし。



画像
まぁもすモスお手伝いor釜なでと日課くらいは続けようかと思っています。ただ、期待していたマイタウンが手の届かないコンテンツに設定されてしまったおかげで、ストーリー消化以外のモチベーションが低下せざるを得ないのはもう仕方ないでしょ?ある意味運営側から早い段階での足切りを食らったわけで、なのに盲目的に付いて行けなんていうのは無理ですわ。そういう層が出ることくらい想定済みなんじゃないのかな。


画像
あと何年ちびちび金策したら4億なんて貯まるんだろw貯まる頃にはサービス終わってんじゃないのかな?終わりを宣告されても手が出なかったりしてwww




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


二言目

2019/03/09 07:50
ホワイトデーの中間発表がありました。ヒューザは実に強いですね!もう殿堂入り、永世終身名誉プリンスでいいんじゃないかとも思うんですが……ファン心理を考えるとそういった「隔離政策」はいらぬ反発を生みそうで怖いですねw


画像
ちなみに私は、初日に全キャラ投票を済ませておりますが……全候補に一票づつ、そしてラグアス王子とプクラスくんに一票づつの全十票という形の今一つはっきりしないプク推しにしてしまいましたので……上位に二人とも入っていないのが実に残念です。

さすがに毎日投票しに行く元気もなく(眠い)、まぁあるがままに結果を受け入れるのみです。どうせプクは別で愛でてるしw



画像
というわけで、メインにまた水竜40000が来ましたのでもすモスお手伝い。いいペースで来てます!これが続いてくれたら最高なんですけどね〜。



で。


個人的に思っていることなんですが、「迷う・悩む」ことは生活の中でごく自然にあると思います。色々考えて結論を出して、取捨選択して生きていくわけですが、そこに判断のゆらぎが発生することは、これはもう当たり前のことなんだと思っています。

私としては、そういったことについて考えるという行為自体には抵抗感はないのですが、それが続くとなると「うーん」と思ってしまうのです。つまるところ、「んっ?」と思って考えて、簡単に結論が出ることは特に問題ないのですが、悩んでしまい結論がなかなか出ないということは、これは実は単に踏ん切りがついていないだけの状態なんじゃないかと思うのです。

本当は選びたいけれど、だけど踏み出せない。

だもんで、まぁ数日考えるようになってしまった事柄に関しては、もう自分で自分を後押しするしかないんじゃないかと思うようになったのです。


そんなわけで(どんなわけだ)、思い切ってキャラ改名しました。


画像
旧・ちまり
新・ひたぎ

とまぁ、こうなりました。単にガハラさんっぽいドレアを作ってこよみと並べて喜んでいたのですが、どうせなら名前も変えてしまったらどうか?なんて思いついてしまったのです。

こんなのはぶっちゃけ他人からしたらどうでもいいことですよねw千円で変えられるのだから、ダメだと思ったら戻せばいいだけです。でもどうしようか悩んでしまったわけです。

ただまぁ何にしろ全ては自己満足なんだから、「変えたらいいかも?」と思ったのなら変えてしまえばいいのですよ!元に戻せないのならばアレですが、あと千円払えば戻せるんだもんね!


そんなわけでちまりちゃんはひたぎさんになりました。今後ともよろしくお願いします。こよみも育てていきますので、こよみ共々よしなにお願いします。



特にオチ無しで終わる。こんなときもある。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


しあわせって何だっけ

2019/03/07 20:20
「ポン酢しょうゆのある家さ」と歌ったのは明石家さんまでしたね。キッコーマンの古いCMです。
最近、ニュースを見るとどうも「本当の幸せ」なるものが何なのか今一つ判らなくなる私です。でもたぶん、本当には幸せでなくてもそれなりには幸せなんじゃないかとも思うのです。

理不尽に財産を奪われたり、理不尽に命の危機に晒されたりすることが今のところの私の生活にはありません。自分から死のうと思わない限り、死が向こうから勝手にやってくることは(急病や事故を除いて)基本的にない生活を甘受しています。

ただまぁそんな生活も基本的に私一人で完結してしまっているというのがまず問題で、本当ならパートナーと共に新しい命を育むことこそを至上の幸せとしなきゃいけなかったんじゃないかとも思うことがあります。私は残念ながら機会にも相手にも恵まれず一人でいるわけですが……美味しいものを食べて幸せ、楽しく遊んで幸せ、ゆっくり寝られて幸せ……その先に、本当はもっと素敵なものもあったんじゃないかと思うと、自分の人生が実に薄っぺらで味気ないものに思えてしまうのですね。

でも世の中には不幸な子供たちがたくさんいて、理不尽な暴力によって命さえ失うことがある。祝福されて産まれることさえできなかった命だってある。そう考えてしまえば、自分の境遇がろくでもないと考えることさえ傲慢で贅沢であると感じますし、たまたまこの時代の日本に産まれたことがどれだけの幸運であったかは言うまでもないことでしょう。


それでも、新しい命の成長と共にあり見守り生きていける幸運を手にしていながらも、自らそれを投げ捨てて壊す人があることが残念でなりません。少なくとも私には辿り着けていない地平にいる人々なのに、どうしてそんなことをしてしまうんでしょうね。

でもひょっとすると、私のように「個」としてある程度の幸せが確立されているからこそそう思えるだけなのかも知れません。個人の幸せの感じ方なんてそれぞれでしょうし、結婚し子供を作ったからと言ってそれがその人の「幸せ」だと思い込むのは、単なる私の羨望や邪推に過ぎないのかも知れないのです。

隣の芝は青く見えるという言葉があるように、向こう側からしたら独り身の私の生活が素晴らしく魅力的に見えるのかも知れません。


 そうだね他人のものはいい
 他人のものだから なおさらいい
 けれど他人のものだから
 自分の手の中に来やしない

     山本正之「三日月メランコリー」より


結局のところ、個体の経験や知識を世代間や個体間で完全に共有できない限り、完全に一致した「本当の幸せ」なんて地点には辿り着けないんじゃないかって気がします。個性と呼ばれるものが存在している限り、「幸せという概念の最大公約数」なんていう不確かなものを標にするしかないですよね。でもそんな公約数なんて、母体となる集団が変化してしまえば簡単に置き換わってしまうものでしかないのです。

なので、アレコレ考えたとしても最終的にはそういった「人間の不完全さ」に全責任を押し付けて、自分のことは棚に上げるしかないのですわwww種としての人類がそもそもの根幹である欠陥を抱えているのだとしたら、そんなもんは個人の努力でどうなるものでもないですからねwww

ただまぁ、そういう意味ではまず間違いなく、私は全人類の幸せを願っています。誰もが笑って遊んで美味しいもの食べてゆっくり眠れる、そんな世界になるといいですよね。そういう願いだけは消さずにずっと持っていたいと思っています。


ちなみに私の家にはポン酢しょうゆはありませんよ。酸っぱいの嫌いだもん!w



はてさて。



画像
久しぶりにメインに天魔が来ましたのでもすモスお手伝い。全体の幸せに奉仕するのです(違)。



画像
しかしまぁ配布に回ると撫で撫でタイムが減るので、個人的な幸せが後回しになってしまうジレンマと戦わざるを得ないのがつらいところ。そのぶんは集合写真に入る権利とバーターということで納得するしかないですよねw終わってからでも撫で撫ではできるし。



こないだのDQ10TVの感想を。



結局、移民を処罰なんてできるわけがないんですよ。だって運営側の設定したルールの範囲内だったんだもの。ハッキリクッキリ「ルール違反で悪!」なんて言えないからこそ、あんな逆切れ長文書いて移民プレイが「悪」である風な印象操作をして、ユーザー側の正義感からの排斥を期待してさりげなく誘導するしかあの時点ではできなかったんです。

個人的にこの対応はとても卑怯だと思いましたね。自分の手を汚さずに扇動でどうにかしようなんていうのは、世界に対して責任を持つ運営側の態度としては最低です。


で、やっぱりいくら運営側の想定外だとしても移民プレイを完全排除なんてルール上無理だから、移民プレイにて得られるであろうポイントを軒並み減らして「やってもうまみがない」設定にするよー、という発表でしたね。まぁ実際に運営側が取れる行動は、トリニティのルールを大きく変更でもしない限りはそこが限界だと思います。

【新設したミニゲームが大多数のユーザー参加で盛り上がってるぜ!】という状況を作り出したいがために、前宣伝は騙し誤魔化しで「みんなで楽しく陣取りゲーム♪」みたいな嘘八百で塗り固め、肝心の内容は練り込みと想定不足でいい加減なルール設定と調整をしたばっかりに、痛くもない腹を探られたり正義感からの移民処罰を期待されたり、本当に安西くんは頭が悪いなぁという印象です。でも全部自分で蒔いた種だからね?


だから最初から「殺伐とした殺し合いの場」「殺るか殺られるかの真剣勝負」であると明言して、素敵っぽい新規・限定アイテムなんぞご褒美にぶら下げなければ、PvP嫌いも効率追求陣もコンプ癖もわざわざルールの抜け穴を探してまでやらないんだってば、という話ですよ。まぁ実際そんな風に宣伝したらほとんどの人は見向きもしないでしょうから、トリニティの存在意義そのものが問われることになってしまうでしょうがね。


コロシアムの変更も、あれは要するに「コロシアム好きに終わらない目標を与えて隔離し続ける」ための永久機関の設置というわけですよね。あの発表を見た私の感想は「ハムスターがひたすら走る回し車的なものを作るんだな」というものでした。まあPvPはコロシアムとトリニティの中だけで延々回り続けてくれていれば、外に影響がなければ別に構わないです。というか本当のPvP好きはもっとレスポンスのいい、アクション性の高いゲームに行くと思うんですが……なんで移動干渉やら何やらのせいでプレイヤーキャラ同士の同期もまともに取れないDQ10でやろうと思うのか、運営側の意図が理解できません。

そういう視点から考えると、ルール変更なんかよりその手のレスポンス改善のほうがよっぽどゲームとしての完成度が上がると思うんですが……「DQ10のコロシアムが好きでプレイしているプレイヤー群」に対しても、今回のルール変更はどうにも誠実さに欠ける対応でしかないと私は思うんですがね、まぁどうでもいいか。


とにかくまぁ、今後は「人を選ぶコンテンツ」に「誰もが欲しがりそうな報酬」を捻じ込むのだけは勘弁して欲しいです。変なギスり要素なんか欲しくない。



でも白箱緩和はとても嬉しいです。特にPTを組まなくてもいいというのは実にいい!
そもそもドレアなんて完成したものを見せてナンボなわけですから、素材を取りに行くのはひっそりやりたいじゃないですかwソロでもPTでも同じ確率で、しかも確率アップというのだからもう非常に嬉しくて嬉しくて震える(西野カナ)。



画像
ちなみに……アオイで欲しかった大獄獣のムチもアステルウィップも、アンナちゃんの「防衛軍で取れない?」の一言で解決してしまいました。制服一式欲しくて何度も防衛していたので、ムチくらい余裕で作れる素材があったのですトホホ。つまり、やつざきアニマル君は無駄に殺され損だったというわけですトホホ。



まぁそんな感じ。アプデまでもうちょい頑張らねば!





記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ThinkPad USBトラックポイントキーボード

2019/03/01 10:37
画像
というわけで(どんなわけだ)、2/11に注文したキーボードがこんな感じの箱で届きました。税・送料込みで¥5,000を切る価格だったので即ポチったわけですが、納品までにそこそこ時間がかかったところを見ると余剰在庫処分品ではなく受注後生産品のようです。



画像
なんかずいぶんでっかい箱だなと思ったら、本当の中身はこんなのでしたw



画像
中身はキーボードとUSBケーブル、そして簡単な説明書のみ。余計なものは必要ないのです。
キータッチやトラックポイントの使い勝手そのものについてはThinkPadのものとほぼ同等に思われますので至極快適です。



画像
ただし、付属のUSBケーブルはごく普通のものなので……ケーブルの取り回しを考えてL字コネクタ付きのものを別途用意しました。ここで要注意なのは、この手のケーブルや変換コネクタには「充電専用」なものが結構な率で存在すること。データ通信も行けるやつじゃないと使えません。

これで、液晶を閉じたまま運用されている我がE585でもトラックポイント操作ができるようになりました。キーボードから手を動かさずにマウス操作ができるので実に便利なんですよ!



画像
この赤いポッチが、指先から力を加えることでマウスカーソルを操作する「トラックポイント」ですが、これはもう馴れると手放せなくなるんですよ。かつて東芝のDynaBookも同系統の「アキュポイント」という装置で実現していた操作感なのですが、薄型化ブームに置き去られてしまい非常に残念に思ったものです。海外モデルとかBTOだと選べるらしいんですが、標準装備ではなくなった時点で興味を失いノーチェックです。



画像
ThinkPadロゴも素敵なこのキーボードにはBluetooth接続の無線タイプもあるのですが、USB切替機経由でデスクトップPC側でも使いたい、という個人的事情でUSB接続にしました。また、英語/日本語も選べるのですが、ここはやはり日本語で!これも、文字入力にローマ字だけでなくかな入力も使うと言う個人的事情からのチョイスです。



この手のヒューマンインターフェイスは個人の好みがダイレクトに表れる部分だと私は思っていて、「マウスやキーボードにこだわる意味がわからないよ!」という人はぜひ一度パソコンショップに展示されているキーボードやマウスに触れてみてください。今使っているものと違う手触り違う操作感、そこに何か驚きや発見があったとしたら……それこそが新しい世界への扉なのです。

パソコンに最初からついてくるマウスやキーボードも悪くはない……というか使えないものだったらメーカーも付けはしないと思いますがw、わざわざ単品で売られているからには何かそこに理由があるのです。そういった「多様性」こそが人類の文化である、というのはちょっとカッコつけすぎですかねw



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ダイスで99

2019/02/27 19:44
三月下旬と目されているVer4.5ですが、目玉コンテンツは【猫追加】【旅の扉追加】だそうです。これは楽しみですね!グレン1で旅の扉周回PTとか募集されるんでしょうか!?小ワープしまくりだなんてまるで宇宙戦艦ヤマトを髣髴とさせますね!2202もマニアには大不評のようで、なんだか最近の続編型コンテンツはおおむねコケている気がします。作り手側が作りたいものだけを作って誰にも制御されないと暴走するっていうのは、もう仕方ないことなんでしょうか。

猫も追加という事はきっとメレアーデはストーリー上生き残るけれどエテーネ王国の崩壊は防ぐことが出来ず、彼女は今のまま現代で生きるんでしょうね。というか新エテーネの村は猫が多過ぎです。せっかく地名を種の名前に付けているんだから、その土地その土地のご当地猫を捕獲しに行くようには出来なかったんでしょうか、実に雑な仕事ですね。表示されないものに対する注意とか世界観の醸成とかに全く興味のない、制作側のモチベーションの低さが反映された感じですね。


それはともかく。


画像
男アオイにもさとりの衣ドレアをさせたくて、でもバザーでは高いので白箱狙いで頑張りました。衣とグローブはウドラー、冠とブーツはひくいどりを延々倒しまくってゲットです。ブーツはグローブと色が違うのが嫌なのでサンゴールドで染めました。DQ3の男賢者とはデザインが全然違うのですが、これはこれでいいかなとw

その後、女アオイに大獄獣のムチを装備させたくてやつざきアニマル狩りまくったんですが全然出ないの。バザーだと超高いし、そんなに使うわけじゃないから白箱+3が出たらそれでいいやと思っていたけれど……+2すら出ない。ドレア用にアステルウィップも欲しいのに〜w

ここ数日寝落ちしているのは、やつざき君を狩るのに飽きて睡魔に襲われているからです。そろそろ出ないかな?出てチョーダイ!




画像
新エテーネのチェイからアクセ初ゲットです。伝承以外は+4埋めだった大竜玉を頂いて合成したところ、なんと+5が付きました。大竜玉については、女アオイは完成しているのですがエレはリーチで停止中、ホノカは今回でようやく+5+4+4、ちまりとくるみはどちらも+4埋め尽くしです。
「白紙のカード+ようせいの粉10」でノーマルもぐらカードが錬金できるので、これをカジノでプチに交換して終わらせてしまおうと思っています。まだ忠誠とか将軍指輪とかサブで完成してないものが多いんですよね……なんとかしなきゃ。



せっかく安西Dが「何もない日常」をくれているのですから、この機に乗じて色々と完成させてしまいたいものですね。寝落ちしなければですがwww



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


傷だらけのローラ

2019/02/22 20:17
色々考えて書いてみて消してみて、なんだかもう溜息ばかり出て来るようになって来たので考えるのを一時放棄しようと思いました。何のことかと言うと、先日発表されたアレコレのことです。

ただまぁいくつか述べるのならば、「変に期待を持たせるのはやめろ」「学園はもうイラン」ってことですかね。マイタウン、何億もするんだったら買えませんよ。目玉コンテンツの入り口がほぼ閉じられているこの虚無感はなかなかクるものがありますねwもう乾いた笑いしか出ないです。

学園もストーリーが破綻しているので、ちょろっと手を入れた程度では再プレイなんて無理です。Ver5が魔界篇になるとして、リソルのあたりを補強するためにプレイさせたいのかな?そもそも種族も性別も偽った上で、それを知らないNPC相手に親友だとか恋人だとかの「ごっこ遊び」に興じるのが学園シナリオの根幹だなんていう、非常に気色悪い設定そのものをどうにかしないとダメ。ネカマプレイとどう違うのさ?



閑話休題。



画像
モチベを維持する上で大切なのはプク撫でですが(個人の感想です)、ここしばらく良討伐が結構な頻度で来るのでウハウハです。いや実際撫でる行為そのものは配布のため減ってしまっているのであんまりウハウハでもないのですが、そこはもすモス貢献期間ということで!



画像
欲を言えばメインである女アオイにこそ来てほしいのですが、贅沢を言っても仕方ないのでサブキャラでも積極的に配布することにしております。



画像
男アオイでストーリーも進めています。今はリウ老師とビャン・ダオ君にかかった悪鬼の汚名を晴らしたところです。ビャン君のちょっと自棄にも見える前向きさの礎になっているであろう老師と過ごした日々、リウ老師もビャン君との時間を大切に思っていたことが描写されているのはとても嬉しくなりますね(画像と文章は無関係です)。



画像
アオイとエレは特訓完了しているので、ホノカの特訓をしています。スパサポ入りのPTで強エンラージャを放置プレイ、サポに倒させるという作戦でだいたい3〜4分に40〜60スタンプ稼ぎます。


マイタウンがヒルズより高価という話なのでぶっちゃけ萎え萎えです。そこまで金策しないと遊べないものをまるで目玉のコンテンツみたいに引っ張ってくるとかもうため息しか出ません。L土地はなんで実装されなかったんですかね?時間が流れればすべてが変わるっていうことなんでしょうか。10年続くドラクエ、もう折り返しを過ぎてそんな発想してくるとは思いもよりませんでしたわwww


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


“Libera me”from hell

2019/02/14 19:37
画像
とりあえず全キャラで種族色のウィング+トトゴンカプセルをゲットしました。これでもうトリニティからは離脱です。願わくば、今後素敵なドレア用アイテムがトリニティ景品として追加されませんことを。

ログは注視する、対応は考えると言っていたはずですが第一回大会の前半戦・後半戦はほぼシームレスに続き、また運営側からのリアクションも皆無ということで恐らく今回はもう黙認という形になるっぽいです。まぁルール違反はしてないし、五人で組めば【同PT内非移民への迷惑行為】としてもカウントは無理だし、そもそもが「チームの勝利」と「個人ポイントの獲得」を連動させなかった運営側によるルールとポイント設定の問題だし、練り直しの入らない現状でなんとかするのはかなり無理筋だと思います。


画像
ただまぁ移民ポイント稼ぎが運営の想定する「PvPプレイ」ではないので、そのあたりに関しては修正はしてくると思います。てか入口もう一つ用意して、移民はそっちでやれ!としてくれたらいいだけでもあるんですが意地でもしないだろうなwせめて殺し有りと無しくらいのフィールド分けはあってもいいと思うんですがね。


画像
実績に「優勝を経験する」なんて入れ込んだものだから、後半戦直前でアマツに移籍する人がかなりの数に上った模様。まぁ当然ですよね、こんな出来で第二回以降の定期的な開催があると思う方がおかしいです。ならば実績は取れるうちに取っておかないと、永遠に手に入れられなくなる。過去に実装されたコンテンツがいとも容易く立ち枯れて行く様を今まで見せつけられているから、そしてテコ入れも不発に終わり過疎るのも見えているから移籍するわけです。


画像
最初からルールをギッチリ練り込んで修正不要の状態で実装した上で所属は自種族チームに縛り移籍不可にでもしない限り、こうなるのは判っていたはず。予想も想像も出来なかったのだとしたら、あんなパクレクエストを平気で実装して来る無神経も理解できますし、逆切れ長文をDが垂れ流すことをPが咎めもしないことにも理解が及びます。


画像
自分が関わっているものに「仕事」以上の愛着を持てていないなら、それはプレイヤー達と温度差があっても当然ですよね。ゲーム屋はエンジニアだけじゃなくてクリエイターでなければならない。プログラムを納品するだけじゃなくて物語を紡がなくちゃいけない。そしてプレイヤーと製作者は決して友達じゃない。DQ10TVで芸能人ゴッコをすることで、そういったごく基本的なことが念頭から外れているように思えてならないのです。

ゆうたのドラマ化でご新規さんも入ってきてるようだし、10の日のフレ募集イベントも大盛況だったし、もうちょっとサービス業としての本分に身を入れて欲しいですね。そのあたりどうもスクエニ内で足並みが揃っていないというか、コンテンツ全体としての方針にブレがあるように感じてなりません。


はてさて。


とりあえず男アオイで放置していたストーリーを再始動、Ver4.0をクリアしました。ここから先はさほどシナリオの量もないので、Ver4.4に追いつくのはそんなにかからないと思うのですが……問題はVer3.1半ばで止まっているこよみと、Ver2.Xで止まっている残りの男共です。特にVer3をクリアしなきゃいけないのは非常に重くて、長期連休でもあれば一気にやってしまいたいくらいです。4.5がいつになるのか次第ですが。



画像
次のビルダーズは、過去に飛ばされたプクラスくんが現地で出会った仲間たちと共にエテーネ王国を築く話っていうのはどうです?


もちろん真の目的はオフラインゲームでのプクまみれなんですがwww





記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


月光の雲海

2019/02/06 19:55
画像
久しぶりに「天空の城ラピュタ」を見たのです。

個人的に一番好きなのは、パズーとシータが池を覗き込むと中に水没した都市が見えるシーン。かつてそこに人が暮らしていた痕跡が時を経た今では全くその存在意義を失っている、その圧倒的な無常感にゾクゾク来るのです。



画像
遺跡というか遺構というか、廃墟とか廃車体とかそういったものが好きなんですよね。なのでDQ10でもその手の物件があるマップは非常にトキメキます。捨て城なんかも結構良いのですがまだ生活感が残り過ぎてるので、どっちかというと廃線の跡の方がグッと来ます。


画像
ちゃん様の別荘跡はまだ新しすぎて、サーマリは風化しすぎて微妙。ジュレイダは年月を経た割に自然の浸食があまり見えなくて今一つですな……そういう意味ではソーラリア渓谷がかなり良かったです。でも偽に行っちゃって、自然の鮮やかさがなくなったのがちと切ない。


画像
こういう水道橋?みたいな施設の遺構もたまりませんね。誰かのために作られたはずのものが、その誰かたちが全ていなくなり果たすべき役目さえも失った今でも残り続ける。目的も意味も既に見失い、ただありのままに存在するだけの放棄人工物。「猿の惑星」に出てきた自由の女神みたいなものですね。



画像
進んだ先にある遺跡から見る遥かな雲海も、真の頃は非常に素敵な景色だったのですが……偽だともう黄ばんでしまって、まるで古い風景写真のよう。マデっさんも滅びたことだし、なんとか元に戻らないのかなぁ。


閑話休題。



遺跡の家、庭はそういう意味から言うとなかなか好みです。折れた柱とか今では意味が今一つ判らない壁とかいい線行ってます。中はハウジングの都合上、結構綺麗なのでそこは残念。でもなかなか気に入っています。

ラピュタの風景は私にはベストに近い遺跡で、あんなとこに行けたらあっちこっち見て回るだけでもう大満足なんだろうなー。ああいう場所で一人ひっそり死ぬのも悪くないんじゃないかなー、なんてことを昔から思っていたりします。遺跡の一部になって、遺跡と共に塵に還る。ハーロックみたいに何かと戦って死ぬっていうのは私の人生上ちとハードルが高そうですしねwww

ちなみに「壊れていればそれでいい」というものでもなくて、ねじれたるは全然グッと来ません。放置された結果、時の流れと自然に浸食された結果として壊れているものに風情を感じるのであって、 ただ壊れただけではダメなんですよね。マニアってめんどくさいなwww





とりあえず、トリニティは移民募集に参加してトトゴンと種族色のウイングだけ取っています。アオイだけは移民プレイをせずに普通に頑張って取りましたが、とにかく心が疲れる。普通に陣取って納品してだと全然個人ポイントが上がらないんですよこれ……ある程度人を殺さないとまともに評価されないシステムってぇのは本当に嫌です。是非次回からは素敵アイテムを報酬に入れないで欲しいですねw




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


さよなら安西先生

2019/01/31 20:09
画像
ティンクルバトンのしぐさをゲットしましたよ!当てたのはくるみでしたがメインに召し上げ!w
最初、上空でバトンがくるくる回っているのに気づきませんでした。これもかわいいけど、個人的にはラッカランとか真ダーマでしてるNPCがいる「ジャグリング」のしぐさが欲しいです。


画像
こよみがオルフェア住宅街のトゥーンタウンに引っ越しました。これで2アカ側は全員、自分の種族住宅街の中央地区にMサイズの家を構えたことになります。念願かなったけどお財布が素寒貧ですw内装や外装をいじるのにはもうちょっと時間(=資金)が必要です。



はい、楽しい話題はここまで。




なんかもうダメな感じですね安西D。パクレクエストの未熟な出来をユーザー側の読解力不足のせいにして、謝罪も無しに逆切れな説明に終始した長文を読んで溜息が出ました。もう「安西先生」なんて愛称で呼べないわ。先生つけるのはもう皮肉る時くらいになっちゃう。

謝ったら死ぬ病気なのかな?

結局、説明にならない説明と事後対応のみを言ってきてますが、そうじゃないんだよ。問題は【あんなクオリティのモノが実装されてしまう業務プロセス】なんだわ。つまり部署内、担当内でのチェックが働いていないというのが根本原因であって、そこをどうにかしないと意味がないの。


まず今回の事象を例えるなら、三ツ星レストランで「豪華ディナーをお楽しみください」という看板に期待していたらカップ麺が出てきたので客がクレームをつけた。総料理長から出てきた返答は「実はカップ麺はサプライズな演出であって、それが伝わりにくかったのが原因なのでフォローを一皿出します」という感じ。

いいから看板通りのモノ出せよwサプライズ云々なら最初から店構えをそうするべきだし、何の前提もなくコンテンツの方向性を変えるのはどうなのさ?そもそも看板通りのディナーを出していれば問題なかったのに「わざわざ」カップ麺を出してきたことが「計画通り」だったなんてことがどう考えても不自然すぎるので、これは単なる嘘でしょうね。フォローしなければならないようなモノを客に提供してしまう事自体が問題なのであって、リカバーするしないは別にどうだっていいことです。なぜなら客は既に気分を害しているのだから。

三皿のコース料理が不評だったから一皿追加とか、アホにも程があるわ。万引きして捕まったけどお店に品物返せばノーカンでしょ、ってアホと発想が変わらない時点で現場責任者としての資質が疑われるわいwそもそも最初から三皿で勝負するってコースと自分たちで宣言してることを忘れてるんじゃないよ、それでもプロかwww

エンジニア視点で言えば確かに、マイナス部分を足せばプラマイゼロなんでしょう。でもゲーム屋ってエンターテイメント、サービス業なんだよね。生活にダイレクトに必要な部分でないからこそ、人の心とか気分とかを大事に思わないといけないんじゃないか?お客に対して「満足行く時間、体験」を提供するのがそちらの仕事で、それで食ってるプロなんじゃないのかい?


だから安西Dがまずすべきだったことは、「提供したモノの低品質さを認める」ことと、「今後このようなことが起きないような対処を約束」することでした。


ところがあの長文はどうでした?謝罪どころか逆切れしてるwwwしかもヘンなモノ出したことが予定通りで、受け手側にセンスが足りないんじゃないの?と煽りにかかる始末。広場にも書いたけど、どうしてD職が藤ゲル→りっきー→安西の順なのか少し不思議だったんだ……藤ゲルから見て安西はりっきー以下だったということでいいのかなこれ?


そんなわけで(どんなわけだ)、安西Dがそういう態度で良しとするならば私はもう「そうかそうか、つまり君はそういうやつなんだな(byエーミール)」と冷ややかに見るしかないです。りっきーの夢だった学園はあの体たらく。安西の夢のトリニティもグダグダ。あのさ君たち、「ドラクエを作ることが夢」だって言うなら何も言わないけれども、「ドラクエに寄りかかって自分の夢を遂げる」のは大迷惑だからやめてくれるかなwww



いい大人が雁首揃えて子供騙しの一つも満足に出来ないだなんて、酷い話だ。




画像





記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


ゆずれない願い

2019/01/24 20:26
「鉄牌のジャン」という麻雀まんががあります。昔チャンピオンに載っていた「鉄鍋のジャン」のスピンオフというか外伝というか、主人公は完全なる別人なんですが同じく「ジャン」を名乗ります。「鉄鍋」の方は破天荒な中華料理まんがでしたが、「鉄牌」はジャンルが麻雀に変わっただけで基本的にやることは同じだったりします。

で、「鉄牌」のラストバトルは一億円の賞金を賭けた麻雀大会。様々なルールの変則麻雀を潜り抜けたジャン含む四人は、大会の主催者を含めた五人での決勝戦に臨みます。ルールはイカサマも反則もなんでもアリという、ギャンブラーの聖も邪もフル活用しなければ勝ち残れないという極限ルール。もちろん麻雀は四人で卓を囲むゲームですから、一人抜け番が出ます。

そしてそのルール、イカサマを指摘できるのはその「抜け番」のみ。卓を囲む四人にはそれを指摘する権利がありません。さらに、「抜け番」がイカサマを指摘して【確かにイカサマが行われていた場合】はイカサマ使用者にペナルティがありますが、【イカサマを証明できなかった場合】は「抜け番」にペナルティが課されます。

誰かの点棒が底をついた時点でゲームは終了、故意のチョンボもベタオリも不可というこのルール。それに対して主人公のジャンは、点数差と抜け番の順や通し・イカサマの故意露見などをフル活用してラスト手前で最下位から一気にトップへ躍り出ます。その、ルールの盲点をフル活用した行動に他の四人は異議を唱えます。ルールの作成者である大会主催者さえ文句を付けます。

*「貴様…楽しいのか!?これはもはや麻雀ですらないぞ」

ジャンは一度微笑み、そして吼えます。

画像





さて、トリニティの「移民」について私は詳しく知らなかったのですが、どうも調べてみたら【複数人が一緒に行動して拠点の中立化→占拠→他拠点に移動して中立化→占拠→他拠点に……】という感じのプレイのようです。ジュエルも拾わず納品せず、他人も殺さずひたすら移動するだけでなんと一回あたり3000ポイント近くの個人ポイントを稼げるようです。もちろん納品しないのでチームは敗北します。

これが迷惑行為に近いとされるのは、「2〜4人のPTでそれをやられた場合に残った人が馬鹿を見る」ということでしょうか?一生懸命納品してもさほどポイントは得られないし、チームは負けるし散々です。せめてスタート前に教えてくれればいいんだろうけど、ランダムマッチでは同意を得るのは難しいと最初から諦めてる人もいるかも知れません。


まぁ色々と意見はあるんでしょうが、私の意見としてはもうジャンのセリフそのまんまです。

画像




問題点を列挙しますが、まず最大の問題点は【バトルトリニティはコロシアム類似コンテンツである】という点です。これを念頭から外してしまうと正確な論評は無理です。

第一の問題点
・ゲームそのものがつまらないのでやらせるには報酬が必要
ハマる人はハマるでしょうしそれは否定しません。しかし根本はPvPコンテンツでしかないので、万人に受け入れられるものでもありません。そこは個人の許容度にもよりますから一概には言い切れないのですが、少なくとも「報酬の見た目武器を取ったら卒業」という概念が発生するということは、ゲームそのものが、誰もが諸手を挙げて受け入れる性質のものではないということです。

第二の問題点
・ゲーム内に目的が複数存在する
上記のように、個人ポイントによる報酬を設定してしまったが故に、【チームの勝利】と【個人ポイントのゲット】という複数の目的が併存することになりました。この段階で、目的が異なるプレイヤーが集ってしまえば「一丸になって戦う」ことなど不可能です。

第三の問題点
・チームの勝利が個人の報酬増に結びつかない
チームが勝てばたくさんのおたからがゲットできます。なかなかいいアイテムも出るようですが、【報酬の見た目武器を取ったら卒業】と決めているプレイヤーからしたら、そんなものはどうでもいいオマケでしかないのです。だから、チームの勝利よりも効率よく個人ポイントを集められる方法がないものかと探し始めるのは、これは当然の流れでしょう。

第四の問題点
・報酬ゲットへの道程が異常に遠い
普通にやったら、見た目武器ひとつに実プレイ時間で24時間以上のリトライが必要になるらしいです。やってらんないですよね。ミニゲームそのものがサクサク進みルールも単純なトラシュカ程度であったとしても、それだけの周回を強いられたらグロッキーです。なのでさらに効率的な方法を求めるのは当然の話ですよね。

第五の問題点
・そもそもゲームのルールがおかしい
ジュエルをゲットして納品する行為、これに一番高いポイントが付かない時点で頭がおかしいです。他人を殺してもポイントがプラスなんですよ?もう完全にコロシアムと同じじゃないですか。このゲームは陣取りとジュエル納品が本来の目的じゃないんですか?プレイヤー同士の争いを推奨するみたいなルール設定そのものがゴミです。
他人を殺したらポイント減、それでも相手がジュエルを持っていたらそれを奪って微増、みたいな調整であれば他人を殺すのにも慎重にならざるを得ず、また余計なことをする暇があったらジュエル探しに精を出した方がいいですよね。目的と手段が公表されているイメージと違うから、そのギャップがさらにトリニティに対する拒絶に繋がるのです。

バトルトリニティにとっては陣取りだとか納品などの要素は衆目を欺くための方便に過ぎず、その実態は「単にキャラ性能を均一化した新コロシアム」でしかないのです。なので、時間が経過したことによりその歪みがはっきりと見えてきただけのことなのです。


つまるところ、「コロシアムが嫌いな層が効率的に個人報酬をゲットしたい」と思って編み出した手法が【移民】であって、「バトルトリニティを楽しいと思っている層」の意識とズレるのはごく当たり前のことなのです。

だから、移民プレイをする人に「迷惑だ!」と言っても全く響かないのです。そもそもコロシアム類似行為自体をしたくない、だから殺さなくても稼ぐ方法に行きついたわけです。「殺し殺されが嫌いな人」からしたら、移民はそのへんに全くノータッチという極めて平和的な、非常に洗練された行為でしかないのです。しかもルール上は全く違反でもなんでもない。放置もしていないし敗退行為そのものでもない。「拠点をゲットしたら必ずジュエルを●個納品せよ」みたいな縛りがあるわけでもない。モラルだマナーだと言われたとしても、「そもそも殺し合いなんぞ楽しむ連中に言われたくない」でおしまいです。参加者のゲームに対する目的そのものが違うのですから、どちらが正しくてどちらが間違っているかなんて議論は不毛なものでしかないのです。


まぁ色々ありますが、要は「コロシアム類似コンテンツをそう明言せずに【ライト層でもわいわい楽しめるよ!】的な甘言を弄して全プレイヤーにやらせようとした」点が大問題です。最初から「これはPvPコンテンツですので人によって向き不向きがあります」と明言していれば良かった。
さらに「そういった不都合な事実の露見を恐れるあまり、目くらましとして豪華な報酬を用意してしまった」のもまた大問題です。もらえる報酬がショボければ、PvPコンテンツに二の足を踏むような層は最初から近寄りませんよね。
そして「用意した報酬が豪華なので出し惜しみ、獲得までの道程を遠くしてしまった」ことも大まぬけです。異常な回数の周回を強制されれば、どんな楽しいことだって近道を探し始めるに決まっているじゃないですか。



で。



じゃあ私が【移民】をやるかと訊かれたら、答えはNo……と一昨日までなら答えたと思います。

肯定派否定派両方の意見も理解できますし、心情的には完全に否定派側なんです。だってこれコロシアム類似コンテンツだし、だったらその土俵で勝負するのが当然ですよね。例えルールに違反していなくても、自分がどれだけPvP嫌いであっても、「元々の設計思想から発生したルールに対して、そうでない思想を持ち込んでその世界観を破壊する」のは違うと思っていたからです。


だから移民もやらないし、そもそもトリニティ自体やらない、というのが私の選択でした。


でもさーパクレ警部のクエストでもうなんかどうでも良くなっちゃったんだよね、そういう自制と言うか縛りと言うか、折り目正しく行動するモラルとかが。世界観とかキャラクター性とか完全無視でブッ壊しにかかりましたよね、「たかが課金アイテム販促クエスト」のために。

なんかこっちが思う程に運営側はDQ10の中身とユーザーに対して真摯でないというのが完全に露呈したし、移民問題に対してDQ10TVで安西Dは「様子を見たい」と抜かしましたよね。このズルさにすごくがっかりしたんです。

だって移民は運営が提示したルールに全く抵触していないじゃん!なのに「セーフ」とも「アウト」と明言しなかったですよね。そうやってあいまいにして雰囲気だけで否定に持っていこうとするのはとても卑怯です。だからたぶん、誘われれば移民プレイをやってみるかも知れません。ただしPvPゲームそのものは嫌いですし、BANの危険があるコンテンツにフレさんをこちらから誘うなんてことはできませんから、移民プレイを目的としてトリニティへ自発的に行くことはないでしょう。


ただ、移民をしたことが運営側の判断により黒と判定されてBANされたとしても、もういいんじゃないかと思い始めてしまったんですよ。それくらいパクレのお話はひどかった。



申し訳ないんだけれど、こういったゲーム設定・報酬設定にしたのは運営側です。「問題がある」のなら運営責任に基づいて即時対応が当たり前じゃないですか?即時対応が無理なら一時休止でもなんでもすべきです。ズルズル先延ばしにして問題を拡大してからでは遅いのは、カジノの逆天井やちいメダばら撒きの時で学びませんでしたか?運営側が「サービス提供元」という責任に応じた行動を取らずに、誰が責任を負うと言うのですかね?

単なるPvPゲームを、宝石を奪い合うかわいいイラストで誤魔化して実装した側としてはとてもやりづらい状況になっていると思います。「殺し合わないこと、戦いを避けることが迷惑行為」になるなんて普通思いますか?wだったら最初から凄惨な殺し合いだと正直に言っておけば、【移民】なんてその舞台に似つかわしくない卑怯な戦法でしかないと断罪できるんですよ。

まぁそもそも一般層には不人気なコロシアム類似コンテンツを新規に追加だなんてそうそう許可も出ないでしょうから、楽しいスポーツ!みたいに偽装したんでしょうけどね。ちょっとプレイすれば本質なんて簡単に判ってしまうものなんですよ。


裏をかくとか卑怯とか、PvP受容側から見たそういう心情的な部分を抜いて考えると、移民は実によくルールを研究した上で編み出された作戦だと思います。そしてそれをキッパリ否定も肯定もできない運営の卑怯さとグダグダっぷりに対して言えるのは、もうこのセリフだけなんですよ。


画像



小手先の対策では移民否定派も肯定派もどちらも面白くないでしょう。もう全員に光る武器全種配って個人ポイントと報酬無くしなよ、そしたら移民なんて出ないし、トリニティそのものが気に入った人だけが、対等なルールとマナーの下にあのフィールドで遊べるじゃん。「やらなくてもいいコンテンツ」ってのはそういうもんじゃないのかね?



表面上は「やらなくていいコンテンツ」なんて言っておきながら、本当のところは「みんなに是非やらせたい、やって欲しいコンテンツ」だったという矛盾が産み出した歪みこそが、【移民】の正体なんじゃないですか?りっきーよりずいぶんマシに見えていたけれど、「ドラゴンクエストというコンテンツ」に対して真摯かどうかという点では、実はあんまり変わらないんじゃないの安西先生?


我々の関係は友達じゃないんですよ。それで食ってるプロならプロらしく、腹くくってシャンとしたらどうなんですか?




記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


時空監察機関

2019/01/23 23:21
3/20発売予定の「スーパーロボット大戦T」にマジックナイト・レイアースが参戦ということで、ちゃんとお目当てキャラが出るのかなと少しドキドキでしたが!PV第二弾で風ちゃんがちゃんと出てきたので一安心です。笠原弘子〜!

でも個人的には無限軌道SSXがメインの購入動機なのです。トチローの声優さんが誰なのかがちょっと気になっていましたが、今回は山寺トチローということで一安心。さすがに富山ボイスはライブラリと言う概念が発生する以前のものですから望むべくもなく、それでも雰囲気としてはそれを期待したいわけで……かつてプレステのゲーム「コスモウォーリアー零」でハーロックとトチローのどちらも違和感なく演じると言う離れ業を見せた山ちゃんなら安心です。


はてさて。


いよいよバトルなんちゃらの大会が始まるようです。個人的にはゲットできる限定アイテムの中身と交換するポイントの量が気になります。ついてクンだったらちょっと欲しいくらい、見た目装備だったら内容によりけりという感じですが、半日以上張りついて一定以上勝たないと(ココ重要)獲得できないなら諦めてもいいかと思っています。

ニコ生を見た感じだと、まぁ運営側が変に性善説めいたことを言うのが気になりましたが、要は「よほど問題が大きくならない限りは放置」という傍観宣言でしかないと受け取れたので、あんまり期待しない方がいいかも。プリズニャンとか見る感じだと、ゲームの内容云々は捨て置いてとにかく「周回させて盛り上がってる風を装う」ためには脱出までのハードルを高く設定するぜ!的なところが運営の基本スタンスみたいなので……


ただですね。


参加費は1万G。優勝したチームに所属していれば活躍如何に関わらず10万Gゲットという話です。ということは……

私は2アカ10キャラで各種族につき男女1人づつ持っています。チームは種族ごとに5チームなので、単純に考えてそれぞれ2名所属できます。参加費は10キャラなので10万かかりますが、どこか1チームが優勝したら……2名所属しているので20万ゴールドをゲット!「大会に参加」が条件とあるので少なくとも1回はプレイする必要がありますが、ほんのちょっとの手間でお金が倍に!!

各チームに2名づつ配置するのがキモなので、参加チームを途中で変更することはないですから投資金額が増えることはありません。どこが優勝しても参加賞の10万×2がゲットできる!大会は約一か月行われるらしいので、たった一か月の貯金で倍になる素敵な定期預金というわけです!



まぁ本来ならこういうスネた方向に活路を見出すのはどうかもと思うんです。でもぶっちゃけバトルトリニティは私に合わないし、それでも「やりたい人だけがやればいい」という練習試合であればノータッチを貫いているだけで良かったんです。というか興味が失せれば近寄りすらしないですしね。

でも特別報酬とか見た目装備とか「そこでしか手に入らない」なんて言われちゃうとチェックせざるを得ないし、せっかく忘却の箱にフタをしたのにそれをまた開けなきゃいけないわけです。コロシアムみたいにもう完全に報酬すらどうでもいい系にしてくれたら完全無視で良かったのになw

万人受けするミニゲームを作るのも難しいとは思うのですが、「プレイせざるを得ない状況」を作るのは本当にやめて欲しいです。面白ければ放っておいてもやるだろうし、面白くないものを報酬で釣ってやらせるのは内心の不満を溜めるだけです。



実は年末からポケ森をプレイしていません。年末年始でイベントが続き、また今までは単発だったイベントが複数連結し「月間イベント」的なものに発展してしまったので、その月間目標を達成するために本来は連携していなかったはずの各個イベントを、順次消化していくよう強要されている感じになってしまったのです。

年末年始の16連休でのんびりしようと思ったら、スマホゲームごときに「3時間ごとの起動とイベント消化(ポケ森内の動物交代やクエスト更新は3時間が基本)」を強要されるとは!

空いた時間にちょこちょこいじって可愛くて楽しい、という感じだったのに、もうガッツリ向き合うプレイスタイルを前提とされてしまうとかなり厳しいです。というか一気に醒めました。全然ほのぼのしてないしのんびりできない!動物たちの要求を一方的に押し付けられて小間使いに四苦八苦する、しかもリアル時間まで縛られるようではもうただの強制労働です。自分に合ったゲームを楽しむのではなく、ゲームの都合にこちらが合わせなければならないのではお話になりません。

ゲームが仕事なら仕方ないです。それで生活しているのであれば、自分をそっちに寄せることもある程度義務となるでしょう。でも今の時点では単なる娯楽でしかなくて、それを苦痛に思ったり負担に感じてまで続ける理由なんてどこにもないんですよね。「ここまで続けたんだからもうちょっと」という考え方もあるでしょうが、ちょうどキャプテンハーロックの「俺は俺の旗の下に自由に生きる」に共鳴してしまっていたのでもうダメでしたwww



そんなわけで(どんなわけだ)、バトルトリニティにはちと引いたスタンスで、遊ぶというよりは「事象を利用できる部分だけ利用する」に近い形で関わるつもりです。「試合」で「殺す」とかもう個人的に完全NGなんです。試合でなくて殺し合いですよねそれって。

DQ10の運営がどう考えているのかはわかりませんが、「やらなくてもいいイベント」というのはそうやって参加者をふるいにかけているだけだということを肝に銘じて頂きたい。支持者だけの方を向き続けて先鋭化し衰退していった2D格闘ゲームやシューティングゲームの例を見るまでもなく、多数が支持しないものには必ず理由があるのです。その理由を誤魔化すためだけの限定アイテム追加によるプレイの強制は問題の本質を見誤らせるだけではなく、「そのゲームタイトルそのもの」に対するイメージダウンに繋がりかねないのです。



そしてやはりキャラクターズファイルはアレでした。隠された真実でも日常の掘り下げでもないです。なんで看板と全く関係のないシナリオを上梓して、しかもそれが決定稿となるのか全く理解できませんでした。これ「パクレ警部が主役でなければならない理由」って何かありました?w

こういう雑な処理がもう「ドラクエブランド」に寄りかかったいい加減な仕事にしか見えなくてうんざりです。「さまざまなキャラクター達の「今」を掘り下げる配信クエスト」という話ですが、結局毒にも薬にもならない駄文を垂れ流しただけで終わってますよね。

リーネは「ふーん見た目通りお金持ちなんだ」で終わり。ポイックリンは「いやキーアイテム全部事前にすり替えられるなら最初の依頼から不要じゃん、つき合わされた意味は何?それから女装どわ男と元婚約者との顛末なんて知らんがな、どうせポイックリンズなんてこの場限りっしょ?」でした。二人のストーリーはどちらもその後に繋がりそうな要素が全く見えないので、単なる時間つぶしでしかないのですよ。

トビアスのストーリーが面白かったのは、「本編のその後」を扱った展開な上、本編で敗退したナドラガに対するフォローも含み、さらに行方不明だった旅芸人ピュージュの再登場というサプライズがあったからです。その先にまだ話が続きそう、もしくはその先の展開に繋がりそうなお話だから面白かったのですよ。単に「日常」と言いつつ関与する必要が全くないトラブルを解決させられるだけの配信クエスト、クリアした先に何もなければ面白いはずもないです。


これパクレ警部が主役でなければならない理由、ありましたか?


前任Dの時よりもあちこちずいぶんまともになったので、その点で色々と高評価を受けてはいると思うのですが、悪い部分はまだそのまま引きずっているように思えます。少なくともキャラクターズファイルについては単なる課金服披露の場でしかなくて、そのために無理矢理ストーリーをでっちあげているようにしか見えません。



もうパクレを名乗るあの異星人にあの繭もどうにかしてもらったらいいんじゃないの?Ver4.5はもう異星人だか異能力者が全ての元凶を時間も空間も飛び越えて退治したらいいじゃん。ジャゴヌバもやっつけて貰えばもう何もすることはない、DQ10のグランドフィナーレだ!




こんなストーリーしか書けない人も、こんなストーリーにOKを出す人も、もう金輪際ドラクエ含むゲーム業界そのものに関わらないで欲しいです。義務感でゲーム作られても困るんですよ。いい加減な仕事をしたいなら自分のオリジナルタイトルでしてください。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


ドレアの道は修羅の道

2019/01/16 21:23
最近ドレアに凝っています。と書くとまるで今まで全くしていなかったようにも見えますがそうじゃなくて、各キャラそれぞれに対して「こういう格好させたいな」と思う瞬間があって、たまたまそれが複数キャラ重なったというだけのことです。要は惑星直列みたいなもので、バラバラに訪れていたドレア欲が偶然にも重なってきたというだけのことです。


画像
アガートはおっさん化→カーネル化しましたw全く深い意味はなくて、壮年のおっさんよりももっとじじいにしたかっただけのことです。オガ男のドレアと言うと、なんていうか……よく言えばフェミニン方向、ぶっちゃけイロモノオカマ系みたいなものばかりが目立つ感じですが、そっち方向はあんまり好きじゃないんですよね。

体型が太いのでひょろひょろじじいは無理なんです。とりあえず髪とヒゲを白くした時点でカーネル・サンダースっぽいなと感じてしまい、手持ちの装備を白く染めてチキン屋のおやじにしてしまいました。パールスズラン高い!w



メインアカウント側のキャラは全員「Cの聖印」をゲットしたので、既存のドレアのうち酒場に預けそうなものに関してだけ、聖印つきで再登録。サポ登録時には聖印つきにしますw

で、そのついでにアオイの僧侶服を新調しました。



画像
エレの僧侶服とイメージを合わせてあります。色を変え頭と体下を微妙に変え、という感じ。
見た目装備は全て白箱からゲットしたのですが、まーとにかく時間がかかるかかるwPT組んで行くと白箱ドロップの抽選がキャラ数回になるというので2アカで行きましたが、それにしても渋かったですよ……前に1キャラでやった時と比べて、確かにPTの方が早いです。4人で行ったらもっと早いんでしょうね。

まぁとにかく、同じようなモチーフを少しづつ変えて複数キャラに適用する、この方法論が今私の中で大ヒット中ですw



画像
なので、男女アオイでイメージを重ねていた白銀の鎧っぽいドレアにエレオノーラも追加してみましたよ!赤と青は使用済みなので、エレは緑です。ホノカにも同じようなのを作るとしたら紫系かなー……体上のクリムゾンメイルを白箱から出すのにえらい時間を要しました。これバザーで買うと高いんですよね!



画像
大剣については、シュパルト系がもう使えない(1アカ1コード)ので、仕方なくメタスラの大剣にしましたが……これの白箱がまた出ないんだわ!w海とけでメタルハンター狩りまくっても出ず、落陽に移動してようやく白箱!と思ったらメタスラの盾w

結局メタスラの盾は3つ出ました。全部捨てたけどな!

シュパルト系の装備については、出来たらプレゼントチケットでの再配布をお願いしたいところなんですが、大剣だけはまだVジャンプ系のムック付属コードで入手可能なんですよ。ツメと片手剣は週刊のほうのジャンプと本誌のほうのVジャンプだったので、未使用コードの入手はもう無理っぽいんですけどね……



画像
ホノカはちょっと前に、族長下を使った黒ドレアを作りました。族長装備可愛いんですが、そのまま使うのは何かプライドのようなものが許さなかったのでw、他と組み合わせています。中衛系の軽装的な感じで考えて、えるおじ的ドレアもしてみたくて、でも結局こんな感じ。えるおじ系キラキラドレアも作ってみたい……



画像
ちまりについてはプクの可愛さで満足している部分があるのでパスして、くるみのドレアを作りました。方向性は「あざとく」です!w
バトルロード協力イベントがあったので、ランクをSまで一気に上げた副産物としてのまもの管理人服&まもの導師服を使いました。ピンク方向なのはとにかくぶりぶりにあざとくしたかったからなのですが、正直やりすぎた気もしていますw



2アカPTでの白箱狙いはそれなりに楽しいのですが、やっぱり面倒なので是非とも町の武器防具屋でドレア用★無し装備の販売をお願いしたいです。これが★つき装備なら職人を圧迫するかも知れませんが、★無しをそこそこの価格(一つ100G〜10,000Gくらい?)で売るなら文句ないと思うんです。

あとは過去に配布した特別な見た目装備、特にもう手に入らない雑誌付属コードなどをどんどんプレゼントチケットでの交換もしくは課金装備送りにして欲しいです。シュパルトシリーズ他のキャラにも持たせたいですよ〜w




画像
両手に花ならぬ、両手にプク!超かわいい!



記事へかわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


さらばよ永遠にV完結編〜新たなる旅立ち〜

2019/01/15 20:16
画像
先日、何かと話題の「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」を最新22話まで見せて頂く機会がありました。前作「宇宙戦艦ヤマト2199」の終盤の展開にいささか納得行っていない私ですが、感想を述べる前にスタンスをはっきりさせておくと……まず私はヤマト世代ではありません。ファーストガンダム直撃世代でもありません。いずれも数度の再放送の果てに視聴したり、ヤマトシリーズに至っては松本零士のまんが(全三巻)だったり古本屋にて一冊五十円で買った小説で読んだりと全くリアルタイムではありません。

さらに言うなれば「機動戦士ガンダムUC」のストーリー・設定等について正直ストレートには受け入れられないと思っていて、その流れで新作の「機動戦士ガンダムNT」や福井晴敏氏が参加することになったという「ヤマト2202」については全く期待をしていないです。


で。


画像
そんな感じで見始めたのですが、これもあれでした。【遠隔操縦可能な人間爆弾】をズォーダー大帝がコントロールできちゃうの。だったら艦隊戦とかいらんやんか!「死体を蘇生させた上で当人にはその認識もない状態でコントロール下に置き、大帝の指示ひとつで爆発・炎上できる」ようなテクノロジーを持ちつつ、「全てのヒューマノイドの根絶」が最終目的ならば、わざわざ愛がどうとか御託述べてないでてきとうに植民惑星に忍び込んでどんどん人間爆弾こしらえてあちこちで爆発させれば済む話じゃないですか。

ナダイアの鈴チリーンもそうなんですけど、ある程度の物理現象を乗り越えた仕掛けを用意されてしまった場合、「それがどういう理屈なのか」「それの弱点は何なのか」を明示しないとストーリーが破綻するんですね。ガトランティスがクローンで構成された「非人類」であるとして、しかも当人たちがそれを自覚した上で「我々には無限の時間がある」とか述べている状態であるのなら、では大規模艦隊をこしらえて圧倒的な武力を行使して破壊行動をしなければならない理由は何?何万年スケールで言うならばほっといたって人類は滅ぶだろうし、わざわざ相手の時間軸につきあっていくらクローンと言えども消耗戦を行う理由は何?

結局のところ、「非人間」であるガトランティスの頭領でありながらも「愛を知る」と述べるズォーダーの矛盾がどうこうなんてところに落とし込みたいのだろうけれど、だったら人間爆弾とかクローン軍団の設定いらんです。「ヒューマノイドの根絶」が至上命題であるのなら、どうして非効率的な方法を取るのか?そのあたりの説明について今の所全く述べられていない上に、本来ならキーになるはずのテレサがさっさと退場していてさらにガトランティスを生み出した文明もまた崩壊しているので、そのへん全く雰囲気だけになってしまっているのです。


正直、これはヤマトじゃないなーと思う。


旧作ヤマトはうざいくらいに「愛」を連呼しました。立場は違えど人間同士なので、最終的には理解できるかも知れないと言う希望みたいなものに賭ける部分が割とあって、だから古代はデスラーとも盟友クラスになったわけですよね。ディンギルの少年は森雪との交流で優しさを知り、ヤマトの盾になる駆逐艦を見て自らの文化にないものに理解を示すに至りました。

でもガトランティスは基本的に「我々はクローンだもーん」と開き直っているので、最初から交流する気も降伏させる気もない上に地球側もそれを知って「殲滅だ!」とか言うし。「非人間的に見えたクローンにも愛が芽生える」というのはたぶん、ゴーランドの代替わりとかのシーンで描写しているつもりなんだと思うんですが……戦闘シーンそのものが大規模すぎて「末端のクローン兵士が眼前の光景(自己犠牲とかそんなの)に対して胸に湧き上がる不可思議な暖かい感情に戸惑う」みたいなシーンを挟む余地が全くないので、そのへんの土台を全然固められずに説明不足なまま突っ走っている感じ。製作者の脳内で「そう」なっていたとしても、表現されなきゃ見てる方には伝わらないです。

旧作ヤマトにあった「話せばわかるんじゃないかな」部分が根底から否定されてしまっているので基本戦うしかない状況、なのに古代はまだ「話してみたい」とか言う甘さが気持ち悪い。土壇場で裏切る加藤とか記憶を取り戻してここ四年を忘れる森雪とか、伏線の使い方とタイミングも乱雑に見えて困る。ここ四年の記憶がない雪を普通に勤務させて会議にも出すとか意味わからんwww

艦艇CGはカッチョイイですが、艦隊戦が大規模になりすぎた弊害として艦載航空機によるドッグファイトが全く描写されずに戦艦・駆逐艦クラスが機敏な動作でビュンビュン動くという非リアルさ。全艦マルチ隊形もCGでスムーズですが、動きが揃いすぎていて逆に非リアルでカッコ悪い。

やっぱり冒頭で述べた通り、あのズォーダー能力を駆使すれば大帝一人で異文化殲滅なんて超余裕なので大艦隊とか全くいらんです。そもそも戦争なんか仕掛けずにこっそり外宇宙艦隊の軍人あたりをごっそり人間爆弾にしたらもうおしまいじゃないですかw軍事力を誇示すればするほどに抵抗されるとか、そのスタイルでずっとやってきて非効率とか思わなかったんでしょうかね?

あとテレサ云々も「その力を利用して全宇宙の消滅を目論む」みたいな話になってますが、クローニングで種族としてほぼ不滅な彼らがわざわざテレサを使う必要あります?圧倒的な物量でもこっそり爆発でも文明圏の抹消は余裕なガトランティス、テレサ利用の一手で効率よく宇宙を掃除!をしてもしなくても、別に時間圧もないわけでしょう?「ガトランティスがヒューマノイド根絶を急ぐ理由」が全く描写されていないので、そのあたりも全く意味不明な雰囲気要素でしかないです。ミルが「ガミラスに一万年の猶予を与えても超余裕」みたいなことを言いましたが、そこまで悠長に構えられるなら「テレサを使わなければならない理由」がないと、「リメイクだからこうしました」としか見えなくてもう興醒めなんですよ。


とかまぁ本来見て欲しい以外の角度から見られてしまうので、洗脳とか遠隔操作とかは慎重に使わなきゃならないし、その発動条件なんかも厳しくしないとダメなんです。デメリットがあるなら劇中でちゃんとそう見せないとこうやってツッコミが入るし、便利すぎる能力はストーリーを根底から覆してしまうのです。

お互いにそれなりの理由と主義主張があって、誤解から戦端を開いたとしても「愛」でなんとかしたいよね、出来なかったらまぁ仕方ないって言うのが旧作ヤマトだった気がします。だから純粋なSFというよりスペースオペラ、浪漫漂う大宇宙という感じだったんですよね。

でも今回は最初からガトランティスをクローン帝国にしてしまったので、そのあたりの壁が高すぎるように思います。高い壁を乗り越えるにはあと4話、少ない気がするんです。




波動砲の封印については2199の時から「なんだかなー」と思ってました。「生き延びるためだけに撃つ」とかそういう制限ではダメだったの?と実に疑問なんですね。核とか戦力の保持に対する日本のリアルな事情に対する意見をたかが一アニメの設定に暗喩として反映させる必要が果たして必要だったのか?2199監督の出渕裕は必要だと思ったからそうしたんでしょうが、ぶっちゃけ私はあんまり意味がないと思いましたね。

だってそこから先のストーリー、波動砲なしでは解決できんもん。一度封印したものをどういう理屈で解除するの?仕方がないからやっぱり使うぜ!というのも、一度変にこじつけてしまえば「やっぱり日本人ってアレかも」と思わせるネタの一つになりかねないですよね?アンタッチャブルな話題に対してそれっぽく解決策を示したつもりでも、原作になければ余計な憶測を生むだけで何の役にも立たない自己満足でしかないので「波動砲封印」については全く評価していません。

おかげで冒頭から古代はぐちぐちそれで思い悩むし、それをちゃんと正面から叱れる大人が存在しないのも気持ち悪いです。「ガンダムSEED DESTINY」のムウとかマリューとかもそうなんだけど、「現実とはこういうものだ」って身近な大人がちゃんと若者に示してあげずに甘い顔ばかりするのはろくでもないです。あげく「撃てるのに撃たんのだ」とか見くびられるし。

「生き延びるためにしか撃たない」のであれば、敵が今回のような「天然生命体の根絶を目的として製造された疑似生命体」に対してならば、文明圏の存続を賭けて撃つ!と申し開きが立つじゃないですか。そして「そんな開き直りの下に自分たちの弱点である波動砲を使われるという事態を避けるために、ガトランティス側もひとつの文明圏のように装って、人類抹消ではなく地球を植民地化したいように目的を偽装している」のなら無差別自爆でなく艦隊による戦争行為を選ぶ理由にもなるじゃないですか。

原作にないしばりを持ち出すのなら、せめてその作品内で解決しておいて欲しかったと思いますが、2199の出渕監督が安易な続編を作らせないために「波動砲封印」をしたというのならちょっとは理解できます。まぁあっさり乗り越えられて無様な続編を晒していますけれどもw


福井晴敏参加作品が今一つ好きになれないのはたぶん、そうやって換骨奪胎に大失敗しているからだと思うのです。ガンダムNTにしろヤマト2202にしろ、それっぽいオリジナル設定をうまくはめ込んだつもりが自己矛盾を起こして全体としては陳腐なものに成り下がっています。ラプラスの箱とかクローン大帝とかもうその響きだけはカッコいいのかも知れないけれど、結局作品世界に全く馴染まないんですよ。そういうのはオリジナルでやって頂きたい。


画像
とまぁこんな感じで、ヤマト2202は「ヤマトっぽい何か」でしかないと思いました。CGは文句なしにカッチョイイです。問題は主にお話ということで。

アンドロメダ超かっこいいですハイ。





はてさて。


E585関係の接続がどうなっているのか、簡単に図を作ってみたので解説します。



画像
まぁこんな感じで接続されていまして、ノートPCであるThinkPad E585は液晶を閉じた状態で100均のまな板立てに立てかけてあります。接続を番号で説明しますと……

@電源コンセントに接続
A90W対応ACアダプタで電源供給
BUSB-Cケーブルでデータ転送及びE585への電源供給
Cディプレイポート→HDMI変換ケーブルで画面と音声伝達
DUSBでWiiU Proコントローラを無線接続するアダプタ
Eオーディオケーブル。その先はミキサー経由でスピーカーへ
F4機器接続、各個切替可能なUSB切替機に接続
G無線キーボード
H有線マウス
IメインマシンのキューブPCに接続、USB切替機の機器を共有

とまぁこんな感じ。キーボードとマウスに関しては、E585の液晶を閉じている関係上どうしても使う必要が出て来るものです。マウスについては本来キューブPCメインで使うものなんですが、まぁ仕方ないw

ちなみにキューブPC側には別途[ウルトラナビ付きトラックポイントキーボード(IBM製)]を繋いであるので、そちら側で文字入力&マウス操作も可能です。なので頑張れば2アカ同時にチャットも出来るのですが面倒なのでしたくないですw



本来ですと、たいていのノートPCの電源スイッチは液晶画面を開かないとアクセスできません。ふた開けてぽちっ、がごく一般的なノートPCの電源ONです。そしてこのE585の電源ボタンも他と同じく、液晶画面を開かないと押せません。なので、この画像のままでは使えない!ふた開けてぽちって閉じて立てかけてBのケーブルを繋いで、なんて面倒な手順が発生してしまうのか!?

答えはNo。

そうなんです、なんとUSB-Cドックには「電源ボタン」が設置されているのです!TYPE-Cケーブルで接続していれば、ThinkPad本体に手を触れることなく、ドック側の電源ボタン押下でシステムが立ち上がるのですよ!これぞ純正オプションの力だッ!

Windows10ログイン時のアカウント&パスワード入力も自動設定にしたので、ドックのボタンを押してちょっと待つだけでサッとデスクトップが表示されるのです。



図では省略しましたが、ドックにはギガビットイーサのポートもあるので、家庭内LAN経由でインターネット接続、DQ10をしています。LAN内にはNAS(ネットワークHDD)も繋いであるので、そこに保存してある動画も音楽もバッチリ再生です(音楽については先日トラブル解消w)。

このシステムのカッチョイイところは、Bのケーブルを外すだけでE585が本来のノートPCとしての機動性を取り戻す点です。本体を持ち歩いて使い、家に帰ってきたらBのケーブルを繋ぐだけで全てのシステムとのリンクが確立される!ガンダムに例えるとE585がコアファイター、ドック含めてその他がA・Bパーツと武器一式みたいなイメージです。なんかもう超合金の合体ロボットおもちゃいじって遊んでるみたいな感覚に近いなこれwww


まぁこんなシステムを構築して遊んでいるわけですよ。実際にE585を表に持ち運んで使う機会が今の所全くないというのが、なんともイケてない感じなんですがね!15.6インチサイズのノートPCはさすがにモバイル用途には向かないです……重さは2キロ切るくらいなので、全然持ち運べるんですけどね。もっと軽くて小さくてチャーミングなX240を持っているので、E585は移動したとしても家の中くらいですw





画像
ホムラの猫屋敷もだいぶ充実してきました。まだまだツールふくびきで当たるかな?w



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

とあるゲヱムの写真記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる