とあるゲヱムの写真記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 選ばれた未来

<<   作成日時 : 2018/05/29 20:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【機動戦士ガンダムSEED】と【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】を全話通して観た感想です。

画像
まず無印。



画像
サイって人格者!

以上です。……というのも寂しいのでもうちょっとだけ。
全体としてはなんとかまとまった体裁だと思いました。ツッコミを入れられる部分は大量にあるのですが、ファーストガンダムとほぼ同じような物語の始まり方をしているのに、SEEDの方々は世界を俯瞰ぎみに見ているのが気になりました。要は他人事というか、必死さの皮膚感覚が足りないんですね。そのあたりの、「キャラが最初から持っている万能感」みたいなものが続編に大きく影を落とすことになってしまうのですが、それはまた後で。

なんだかんだ言っても、テンプレから離れて新たに打ち立てた目標へは無事辿り着いたと思います。主人公たちが目指す地平を見つけてそこへと行きついたラストは、少なくとも【鉄血のオルフェンズ】第一期のような疑問符だらけの終点ではなかったです。


画像
ただやっぱり主役級キャラの心境とか思考回路に今よっつくらい共感できなくて、感情移入できなさすぎるのが見ていてとてもつらかったです。もう「平和のためには戦争も辞さないZE!」みたいな自己矛盾を隠そうともせず行動に移してしまう若者に、安易に同調する大人がいる時点でダメでした。ムウとかマリューも物わかりのいい大人っぽく描かれていますが、あんなのロクな大人じゃないし俗世間に生活の根っこを持たない人間しか取れない行動ですよ。若さの勢いに乗じるばかりでナタル・バジルールの正論が軽視されるようではいかんです。


画像
そんなわけで(どんなわけだ)、ガンダムSEEDで一番印象に残ったのはサイ・アーガイルさんが素晴らしい若者だったという一点に尽きます。似た境遇のカズィが失言てんこ盛りのクズキャラなのでさらにサイさんの輝きが引き立つんですよね!モンドに似た髪形のくせに役に立たなかったカズィなんか最初からいなくても良かったか、F91のアーサーみたいに戦う動機付けとして散ってくれても良かったんじゃないの(非道)。だってよ、アーサーなんだぜ?




画像
【機動戦士ガンダムSEED DESTINY】は何もかもきっついですねこれ。前に観た時よりもより厳しく感じました。まずシンが誰彼かまわず噛みつく様子をみんな諦め気味に見ていますが、こんなの士官学校の段階で「軍人適正なし」の評価をされてハネられて当然だと思うんですが。ザフトって前作もそうだったけど、人間教育に関しては全く不得手っぽいですよね。「命令されて理由を聞くのか!」と怒鳴ったのはブライトさんですが、指揮命令系統というものについて理解しない・しようとしないシンのような人格は、いくらパイロット能力が高くても使えないと思いました。


画像
そもそもシンがアレでオーブを憎むというのも今一つ理解できないのです。というか物語の根底にとにかく「連合とナチュラルは悪い」という思想がSEED後半からこびりついていて、その上で「オーブの指導者は中立理念にこだわって国民を犠牲にした」と言いたいのでしょうが……むしろ国民を犠牲にすることに怯えて国体の維持を断念し、無条件降伏でもしろと言いたいんでしょうか。シンは近しい人を一度に失っているのでそういう極論を持っていても仕方ないのですが、物語全体としてそれを政治に対するテーゼにしている時点で甘々です。

理想論を言うならば「大の虫も小の虫も生かす」ことが100%の答えなのでしょうが、世の中にはそうそう上手く行かない局面の方が多いです。しかもオーブという国そのものが、中立の理念によって成り立っているものであるとするのならば、理念を守ることが第一命題になって当たり前なんじゃないでしょうか?ポッと出の新興勢力ならともかく、建国から70年以上もその理念を掲げているのなら、そこに暮らす人々もオーブの理念についてある程度以上の理解があるはずじゃないんでしょうか。


画像
設定されている事柄に対するキャラクターの立ち位置とか思考パターンがだいたい全部、画面のこっち側に近い場所にいる感じがものすごくて違和感バリバリです。自分の世界の話じゃないから必死にならない、だから自分の身の回りのことにしか反応しない、設定されている立場に対して全く無頓着ででたらめなのに「主人公補正」みたいなもので守られているから感情移入もできない。そんなシンの都合で序盤の話が組み立てられているので、アスランは振り回されてばっかりで主体性の欠片もないキャラに成り下がっていて、偽名とグラサンまで用意したのに完全にクワトロ大尉になり損ねてますよねw

中盤あたりからラストにかけては議長がラスボスへの階段を登って行く様子が描かれますが、ぶっちゃけ議長をラスボスにするためだけにレクイエムでの虐殺をさせたのはちと厳しいです。そこまで割と周到に、用心深く事を進めてきた議長が突然ご乱心というのは、話数も残り少なくなり話にケリを着けるための強引なシナリオでちょっとげんなりです。ロゴスを壊滅させたなら、無理に世界を統一しようと出張らなくても主導権はもう議長が握っているも同然ですよね?その大義に似た何かを手放してまでレクイエムを撃たねばならないのは、もうこれはシナリオの都合以外に何もないです。

ラクス暗殺云々をもっとうまく使って、議長をもっと自然に悪玉にできていれば良かったのに。なのに彼は見た目完璧な政治家としてラスト前まで走ってしまったので、なんとかキラたちの割り込むスペースを作るためだけに失点をさせられた感じです。


画像
そもそも、ストーリーを通しての「悪」というか「敵」がはっきりしないのが実によろしくないです。議長を悪人にしたいのならもっとちゃんと悪人にしてあげるべきだし、変に有能なキャラにする必要も全くないです。むしろ泣きわめくだけで何の役にも立たないカガリとか戦場を混乱させるだけのキラの方がよっぽど悪役です。直接対面したアスランに「オーブに帰ってすることがあるだろう」と言われていながら特段の理由もなく時間を無為に潰してオーブ軍の立ち位置に全く配慮も理解もしないカガリ様の無能っぷりといったらもう本当に害悪でしかないですし、「カガリは今泣いているんだ!」とかのたまうキラのボンクラっぷりも物凄いです。お前たちがちゃんとオーブ、カガリに力を貸していたらあそこまでひどいことにはなってないし、泣く必要もなかったんじゃないの?というかカガリ泣きすぎw面と向かって文句を言われると反論できずにデモデモダッテとグズるのは、二十歳を目の前にした女性としてはちょっとアレすぎではないかと。


画像
前作の頃からその雰囲気はあったのですが、ストーリーが「シチュエーションの繋ぎ合わせ」になってしまっているので、カッコいい演出や局面は幾多あれども通してみると矛盾だらけで通しの鑑賞に堪えないものになっています。これは脚本、シリーズ構成、監督の責任でしかないです。


画像
最後の、レイが「ラウでない自分でありたい=キラの言う明日が欲しい」と思った結果として議長を撃つシーンも感動的には見えるのですが、どこまで撃つ必要があったのかと思わせてしまうのは失敗です。レイがもっと異常に議長ラヴな部分を見せつけておかないと、そしてデスティニープランもストーリー土壇場で言い出すのではなく「戦後のプラント側基本政策として一部導入されていたものを全世界に敷衍する」くらいに、物語当初から既成事実化しておかないと、ラスボス化するためだけの辻褄プランとしか受け取れないのです。


そこそこ成功していたSEEDの後日談ということで期待されたであろうDESTINYですが、そんな感じの大失敗で終わってしまいました。たぶん監督・脚本家に書きたいテーマ、訴えたい確たるものがなく、それらしく・それっぽくお茶を濁すことしかできなかったからだと思います。モビルスーツはかっこいいのにな……でも細いドムと宇宙にいるグフは認めたくないっ!w


時代設定が無印のたった2年後というのもアレだったんじゃないかな……せめて5年くらい経過していれば、若かったメインキャラたちももっと成長していたんでしょう。でもそうなるとあまりにゼータすぎてダメかwww

1stガンダムが、多少のアレはあっても連邦軍で戦い抜くことに必死でようやく終戦に辿り着き、その結果として腐敗・肥大化した連邦という存在をゼータの時代で表現するという展開だったのに対して、SEEDは早い時点で連合の悪は確定してしまっているので、続編における価値観の逆転「本当はワルかった地球連邦軍」みたいな演出が不可能だったのも厳しいです。ラクシズを第三極として描くのであれば、SEEDの時点でもっとキッチリザフト側の悪を描くべきでした。パトリック・ザラに全てを押し付けた形の結末のおかげでコーディネーターから色々反省する機会を奪ってしまったのは、たぶんキラくんがスーパーコーディネーターだからですよね。そういう制作側の偏った愛情が世界観をも歪めてしまうのは正直観ていて本当にきつかったです。





あとまぁこれは本編とは直接的な関係がないのかも知れませんが、「外伝の話も知っていないと本編で理解できない部分が出る」というのはどうかと思いました。私は本放送時にたまたまガンダムエースを読んでいたので、キラ撃墜→プラントで目覚めるという流れの、テレビで放送されていた以外の部分について知ることが出来ていましたが、「映像媒体はそれ単体で完結させて欲しい」です。マルキオだのジャンク屋組合だのムラクモガイだのの話を知らないと、アニメの画面で起きた事を呑み込めないとか割とムチャだと思うのですよ。本編と毛色の違う外伝までフォローし切れんてばさwww



あとは鉄血の2期を見るくらい。でも見たくないwww本放送の時には1期の最後まで付き合って、もう付き合い切れんと2期見るのやめたんですよね〜w



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
選ばれた未来 とあるゲヱムの写真記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる